camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月30日

働くママがパパに本当はやってほしい4つのこと

働くママが一番ありがたいのが、パパの協力ではないではないでしょうか?急いで家に帰って、買い出し、洗濯物の取り込み、夕食づくり、そして、遊びたがる子供にやっとご飯を食べさせたところに、パパが帰宅しご飯の準備…そんなこんなでへとへとになっている時も、何もせずにビールを飲んでさっさとお風呂に入って寝てしまったら…。

働くママがパパに本当はやってほしいと思っていることとは、何でしょうか?ここでは、それを4つご紹介します。

単なるママの「お手伝い」ではない家事

例えば、こんなパパがいます。

「ママー、これどこにしまえばいいの?」
「ママー、これはどこに干したらいいの?」
「ママー、これ捨てるの?捨てないの?」

「ママー、ママー」と、何でもママに聞かないと何もできないパパです。いちいち聞かれるとイラっとしますよね…。こんなパパは家事を「手伝っている」という感覚でしかないのかもしれません。

そうではなく、ママはパパに家事を「自分の仕事」と思って分担してもらいたいのです。自分の責任のもと、自分の判断でやってほしいのです。そして、ママにいろいろ聞くのは構いませんが、できれば一度で覚えてほしいですよね。

その場限りではない本当に子供に向き合う育児

パパに子供の世話を頼むと、こんなことがよくあります。

・子供を泣かせっぱなしでも、気にしない
・延々、テレビを見せ続けている
・虫歯になるからあげていない、チョコや飴をあげている

こういうパパは、子供を見ているといいながらも見ておらず、スマホやゲームをしています。その時さえ子供が静かにしていてくれれば、いいのです。無責任ですよね。パパも子育ての一員であることを、わかっていないのです。

子育てはその場限りではありません。毎日毎日のことです。きちんと子供と向き合ってあげてほしいですよね。

義両親との電話対応など対応窓口

義両親は夫の親ですが妻にとっては他人ですから、やはり、いろいろあります。

・子供にお菓子を好きなだけ食べさせる
・息子夫婦の暮らしに口出しする
・アポイント無しで来たがる

などなど、親世代の感覚は私たちの感覚とはちょっと違うようです。

しかし、ママがいろいろと意見をしてしまうと、角が立ちます。そこで、パパの出番です。息子であるパパに義両親をコントロールしてもらうのです。
義両親も息子に言われれば「仕方ないわね」となりますし、ママが余計な神経を使うこともありません。義両親との対応窓口は、パパにお任せです。

頑張っているママへの優しいいたわり

でも、やはり何といってもパパにしてもらってうれしいことは、優しい言葉をかけてもらうことではないでしょうか?

ママは家族のために、毎日頑張っています。そんな時に、パパに

「ママは頑張ってるね。いつもありがとう」

といたわりの言葉をかけてもらったり、優しくなでなでされたり、たまには会社帰りにママが大好きなお店のケーキを買ってきてくれたりすると、うれしいですよね。ママもパパが大好きですから、そんなことをされれば、これからももっと頑張れてしまいますよね。

●ライター:マリエ
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に