camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年02月01日

働くママが家族と笑顔で過ごすためのコツとは?

仕事をしながら育児も家事も完璧にこなすことが、家族のためになるとは限りません。
ママが笑顔でなければ家族を笑顔にすることはできないからです。
それでは、働くママが笑顔で頑張るためのコツをご紹介しましょう。

周りの人をどんどん頼ろう!

あなたの周りには、頼れる人がいますか?
保育園や幼稚園に預けている子供が急に熱を出したときなどに、周りの人に迎えに行ってもらえるような人がいるととても助かりますよね。

自分の両親や夫の両親が預かることができる状態なら、お願いしましょう。
また、近所の人やママ友同士と普段からお互い助け合っていれば、急用でどうしても子供を預かってほしい時など困ったときに頼ることができるかもしれません。

もちろん、一番頼りにしたいのはパパですよね。パパにも育児に積極的に参加してもらったり、パパが得意な家事をお願いしたりしてしまいましょう。
もちろん、助けてくれる周りの人に感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

楽できるところは楽しよう!

仕事をしながら育児や家事をするためには、楽できるところはどんどん楽しましょう!

例えば、次のようなやり方があります。

・食材は休日に一週間分まとめ買いする
買い物時間を減らせるだけでなく、一週間分の献立を考えることで、日々献立に悩むこともなくなります。また、まとめ買いによって割安になるというメリットもあります。

・掃除や洗濯はある程度まとめてやる
普段は軽く掃除して休日に掃除機をかける、洗濯はある程度たまったらやる、くらいで大丈夫です。

・便利な家電を買う
洗濯乾燥機を買えば洗濯物を干す手間が省けますし、食器洗い機を使えば食事の後の洗い物をしなくても済みますね。

・便利な家事代行サービスを利用する
食材をあらかじめ切った状態で届けてくれる食材宅配サービスや、ハウスクリーニングサービスなどの便利な家事代行サービスは、働くママの味方です。

他にもあなたにあったやり方をどんどん取り入れてみてくださいね!

周りを笑顔にするためには、まずはママが笑顔になることが大事!

働くママは仕事に加えて、家事も育児もして一日中働きづめですから、息抜きも必要ですね。

たまにはパパや両親に子供を預けて、友達と食事に行ったりショッピングを楽しんだりしましょう。ちょっとの間でも家事や育児から離れてリフレッシュすれば、また家族のために笑顔で頑張ろう!という気持ちになれますよ。

ママは家族の中心ですから、ママがまず笑顔にならないと、家族が笑顔になることはできないのです。

家事と育児だけでも大変なのにさらに仕事もしているのですから、100点満点を目指さなくても50点や30点でもいいのではないでしょうか?
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に