camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年02月08日

時短でもやりがいを得たい・・・時短ママが抱えるジレンマとは?

仕事と育児を両立させるために時短勤務を選んだが、うまくいかないことが多くて、結局フルタイムに戻した、または、仕事を辞めた、というママは意外に多いのです。

それはなぜなのでしょうか?

時短勤務にしたけれど・・・仕事も育児も中途半端に

時短勤務がうまくいかなかった人のほとんどが、仕事も育児も中途半端になってしまったというケースです。

「仕事が忙しすぎて、時短勤務と言いながら結局フルタイムで働いていた」、というのは、よく聞く話です。時短勤務で働くことを選んだにもかかわらず、結局、時短になる前と同じ仕事量をこなしてしまうのです。

そのため、育児や家事を満足にできず、結局仕事を辞めるか、フルタイムに戻すかのどちらかになります。

このようなケースの根底には、「時短勤務にしたけれど、仕事はきっちりやり遂げたい」というママの思いがあります。でも、仕事と育児・家事の両方を100%できるはずありません。やはり、どちらかをあきらめなければいけないのです。

時短勤務で、昇進は望めず

時短勤務になると、責任のある仕事を任されなくなるのはよくあることです。時短勤務をしている間は職場の最前線で働くことができず、昇進はできないことが多いでしょう。

そんな状況に焦ってしまうママも少なくありません。今まで築き上げてきたキャリアを手放したくないのに、時短勤務になるとキャリアが止まってしまう気がしてしまうのです。
確かに、時短勤務になれば、その間は昇進は難しいかもしれません。
しかし、フルタイムに戻ればまたバリバリ仕事ができる時が来ます。今は、子育てのための時間だと割り切る必要があるかもしれません。

やりがいを得たいならやはりフルタイム

「時短勤務にしたけれど、満足に働けずやりがいを見いだせなくなった」という人もたくさんいます。

時短勤務にすると、勤務時間が減って思うように仕事ができなくなります。早く帰らなければならないので責任のある仕事を担当することができず、作業レベルの仕事や簡単な仕事、または他の人のサポート的な仕事しかできなくなり、仕事にやりがいを感じられなくなってしまうのです。

また、給料が大幅に下がってしまうのも、やりがいをなくしてしまう原因の1つになっています。

仕事にやりがいを得たいからフルタイムで働きたい。でも、時短で働かざるを得ない、というジレンマを感じているママは多いようです。
他の記事を読む

復帰の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に