camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年02月15日

吐き気・発熱…もしかしてコレってノロウイルス??症状の特徴は?

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとはウイルスの一種で、胃腸炎を引き起こします。

ノロウイルスには多くの型があるため原因や対策を特定しにくく、感染者の数は毎年増加している傾向にあります。

毎年11月から1月にかけての冬の時期が最も感染者が増える時期になっています。

潜伏期間・感染する期間は?

ノロウイルスの潜伏期間は24〜48時間と言われています。 そ後発症するのが2〜3日、回復期が3〜4日となり、合計で10日程度の期間になります。

回復期は「もう良くなった」と安心しがちですが、ノロウイルスは回復期でも感染するため、体調が良くなっても完全に治るまで二次感染に注意する必要があります。

症状は?

ノロウイルスの症状には下記のものがあります。

・嘔吐(1日数回)
・下痢(1日数回)
・38度以下の発熱
・悪寒

3〜4日で症状は治まることが多いため、風邪と間違えられてしまうこともあります。

最近は迅速診断キットもあるので、「もしかして」と思ったら病院で検査してもらうことが可能です。

感染してしまったら(1)家族への感染を防ぐ

ノロウイルスに感染した場合、家族への二次感染に注意しましょう。

感染者の吐瀉物や糞便から手を介して感染してしまったり、狭い室内だと空気感染してしまう可能性があります。

吐瀉物の処理後の消毒は、次亜塩素酸ナトリウムを0.2%に薄めたものを使用しましょう。

また、手洗いを徹底して、感染者とタオルや食器などを分けるのも効果的です。

感染してしまったら(2)水分補給をしっかり

ノロウイルスが発症し、嘔吐・下痢の症状がでた場合は、しっかりと水分補給を行ってください。

下痢や嘔吐はノロウイルスを外に排出しようとする体の働きによるものなので、症状を止めようとせず、適度な水分補給が大切です。

下痢や嘔吐によって体内の水分が少なくなり、脱水症状が起こってしまう可能性があるので、喉が乾いていなくても、できるだけ水分を摂るようにしましょう。

ノロウイルスの症状は、吐き気・下痢・発熱・悪寒など風邪と類似しているものが多いです。
見分けがつかない場合は、病院で検査を受けてみてください。
ノロウイルスは回復期にも感染する可能性があるので、ご注意ください。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に