camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年02月18日

脂漏性湿疹:働くママが知っておきたい子供の病気

脂漏性湿疹ってどんな病気?

脂漏性湿疹とは、生後4ヶ月頃までになりやすく、顔と頭部に黄色いかさぶたのようなものができたり、フケのようなものが出たりする病気です。かゆみを感じることはほとんどありませんが、無理に剥がしたり赤ちゃんが自分でひっかいたりすると炎症を起こし、赤く腫れあがり患部がじゅくじゅくになることがあります。
ママの女性ホルモンの影響で新生児は皮脂の分泌が多く、過剰分泌された皮脂が毛穴に溜まってしまうのが原因と考えられています。

脂漏性湿疹になったらどうすればいい?

脂漏性湿疹はひどくならなければそんなに心配しなくてもよく、病院に連れて行ったり薬を塗ったりする必要はありません。患部がじゅくじゅくしてひどくなっていなければ、保育園に連れていくこともできます。
入浴の際には優しく洗い肌を清潔に保ちましょう。その時、かさぶたのようなものは無理にはがす必要はありませんが、取れそうになっている場合は入浴の前にワセリンやベビーオイルなどをあらかじめ塗っておくと、取れやすくなります。

シャンプーやボディーソープは赤ちゃん用の刺激の少ないものを使う、たくさんの泡で優しく洗うなどして、刺激を与えないようにしてあげてください。

また、赤ちゃんは自分の顔を爪でひっかいてしまうことが多く、顔中傷だらけにしてしまっている赤ちゃんもいます。そのため、爪で患部を傷つけないように、爪はこまめに切ってあげてください。いくら爪を切っても赤ちゃんが顔をかいてしまう場合は、ミトンを付けてあげると良いでしょう。

大人の手には雑菌がたくさんついていますから、大人が爪で無理にかさぶたをはがすと、そこから雑菌が入ってじゅくじゅくしてひどくなってしまうことがあります。無理にはがすのはやめてくださいね。

脂漏性湿疹がひどくなったらどうしたらいい?

湿疹がじゅくじゅくして膿んでしまうと、他の部分に湿疹が広がってしまう恐れがあります。そのときは病院に連れて行き、お医者さんに診てもらうのが良いでしょう。抗生物質入りの軟膏がもらえます。ひどい時は、抗生物質の内服薬が処方される場合もあります。

あまり長いこと症状が続くと、「アトピー」や「アレルギー」が疑われます。そういう場合は、お医者さんとよく相談をして症状や経過を根気よく見守り、症状を悪化させないように、刺激を少なく清潔に保つ工夫をしてあげてください。

新生児のうちは脂漏性湿疹になることが多く、対処法を間違わなければそんなに心配する必要はありません。しかし、あまりひどくなるようでしたら、病院に連れて行ってあげることが大事です。

 ●ライター:1歳と4歳の2児のママ マリエ
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に