camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年03月15日

やってない?子供のやる気を失う叱り方 NG3つ

子供視点で、対等な目線で叱りましょう

ママはいつも子供の安全や成長に気を配っています。どうしても保護者の立場から子供を見るので、大人の視点で子供に接してしまいがちです。

もちろんそれはとても大切なことですし、愛情がなければできません。ただ叱る時、ちょっと子供の視点まで降りてみませんか?

大人が見落としがちな子供側の気持ちになることで、子供にとってやる気を失ってしまう叱り方に気づきます。「なんで言うことを聞いてくれないの?」「どう叱ったら直るの?」そんな疑問の答えが見えてくるかもしれません。

NG(1) 存在を否定する叱り方

してはいけない叱り方のひとつが「存在を否定する叱り方」です。悪い子やダメな子、いらない子という単語が出てしまいそうな時、子供の存在を否定するような言葉になっていないか、考えてみましょう。

自分の存在を否定される言葉を受けると、子供は自分の存在に自信を失ってしまいます。叱られている理由がはっきりわからないうちに、存在を否定されてしまうと、子供はどうしていいかわかりません。

パパやママに否定されたという気持ちだけが残ってしまうのです。

NG(2) 叱りではなく命令になっている

「○○しなさい!」

これは定番とも言える叱り言葉です。言わなければならないシーンはありますが、多様は禁物です。これは命令形の叱り方で、子供からやる気を奪ってしまいます。

宿題を今からやろうかなと思っていた時に「早く宿題しなさい」と言われて、今からしようと思ったのにとやる気を失ったことはありませんか?

命令は従うだけです。やる気がなくなってしまうと、命令に従うだけで、自分の自主的な行動はあまりしたくなくなるのです。

NG(3) 失敗を怖がらせる叱り方

子供の頃を思い出してみてください。叱られた時、とても親が怖いと感じたことはありませんか?自分なりにしてしまったことの理由を説明しようとしても、大人には伝わらなくて泣いてしまったことはないでしょうか。

子供は説明が上手ではありません。何か失敗するのも当たり前なら、間違ったことをすれば叱られるのも当たり前です。

子供の視点に立って子供の言い分も一度は聞いてみましょう。そして頭ごなしに否定せず、その行動や考えの何が悪かったかを教えましょう。

子供は叱られた怖さと、聞いてもらえない悲しさで、失敗を怖がるようになります。過剰に失敗を怖がると慎重になり過ぎて、物事にチャレンジする気持ちが失われていってしまいます。

その叱り方、他人に言えるか考えてみましょう

子供を叱る時、同じように身近な大人に言えるか、考えてみてください。大人が言われてつらかったり反感を持つ叱り方は、子供も同じように感じるのです。子供に伝えたいことは何か?叱る時に心に留めておいてはどうでしょうか。 ●ライター:7歳児・4歳児のママライター ペメ
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に