camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年04月06日

家事育児に全く参加しない旦那をやる気にさせる画期的なテクニック

育休が明けて、共働きになったのに育児も家事もほとんど私1人でやっている…とお悩みのママへ、夫をやる気にさせる画期的なテクニックをご紹介します。

さんざん頑張ったけど全然手伝ってくれない、頼むなら自分でやった方が早い、そんな気持ちはちょっと休憩。コツをつかめば簡単に協力的になってもらえます!

なぜ旦那は家事や育児に積極的になれないのか?

テクニックをご紹介する前に、まずは旦那さんが家事や育児に参加しない理由を知っておきましょう。

大きく分けると2つあります。

理由1. 育った環境
亭主関白の父親と専業主婦の母親の元で育ってきた旦那さんであれば、自然と家事や育児から遠ざかってしまうもの。その一方で、時代の流れに合わせてもう少し参加した方がいいかも…と感じているかもしれません。

理由2. 家事や育児のやり方がわからない
子供の頃お手伝いをしていなかった場合や、結婚するまで実家暮らしだった場合は、食器の洗い方、洗濯機の回し方などまったく知らないというケースも。 やる気は心の奥にあるものの、やり方がわからないので仕事や遊びに逃げてしまっている可能性もあります。

2つの理由から見えることは1つ。旦那さんはあなたのことを困らせたいわけではないのです。本当はあなたを楽にしてあげたい、怒った顔より笑顔にしてあげたいと思っているはずです。

旦那さんのやる気を育てる前の下準備編

何事も下準備は重要ですよね。旦那さんにやる気になってもらうためには、あなた自身の心の中を少し整理しておきましょう。

・家事や育児は女性がすべきである、という義務感を抱え込まない
誰がすべきかは家庭や個人ごとに考えがあって構わないのですが、「本来は女性の仕事」「女性は家庭を守るもの」とあなた自身が思い込んでいると、今回ご紹介するテクニックはうまくいかないかもしれません。義務感や固定観念がもしあれば、どういう家庭を目指していきたいか一度考えてみてください。

・自分と同じ考え方、やり方を求めすぎない
人にはそれぞれの考え方があります。また、洗濯物の畳み方1つにしてもこれまでの人生の環境が左右されるもの。「私は絶対コレ!」「このやり方にしてもらわないとダメ」と意地を張らないようにしましょう。やり方や考え方、ルールはある意味あなた自身を縛ってしまいます。少しずつ緩めていけると良いですね。

さあ、お待たせしました!旦那さんにやる気になってもらうテクニックをご紹介していきます。

男性の脳は”気づかないようにできている”と知る

こんな経験はありませんか?

シンクには食器が山積み。なのに旦那はごろんと横になりテレビを見ている。
なぜ「食器洗いしようか?」と言ってくれないのか不満を感じる。

働くママが一番イラつきを感じる場面かもしれませんね。

これは男性と女性の一般的な脳の構造が異なるからです。
・女性の脳:右脳と左脳をつなぐ脳神経の結合が強い→同時に複数のことができる
・男性の脳:右脳と左脳それぞれの前後をつなぐ脳神経の結合が強い→1つのことに集中できる

つまり、女性はオムツを替えながら食器が山積みになっていることを気に掛けることができますが、男性は目の前のテレビだけに集中しているのです。

もちろんこれは一般的な例ですので、すべての旦那さんにあてはまるとは限りませんが男性全般の傾向です。

テクニック◆してほしいことを1つだけはっきりと伝える
男性の脳は気づかないようにできていると知りましょう。まわりくどい言い方で暗に手伝いを要求しても男性は気づかないので、してほしいことははっきりと伝えること。
また、複数の用事をお願いしてしまうと男性の脳は混乱してしまいます。1つに絞ってはっきりとお願いしましょう。

褒めるとやる気が育つ&サンドイッチ法を駆使する

こんな経験はありませんか?

おむつを替えた後に必ず「ママ、確認して」、食器洗いが終わったら「全部洗い終わったよ(ニコニコしながら)」と言う旦那。
毎回「ありがとう」を言わないと満足しないの?もう自分でやります!となっていませんか?

旦那さんのちょっとした言動にイラっとすることはよくありますよね。

これは想像どおり「ありがとう」「助かったわ」という褒め言葉が欲しいのです。そして褒めることは心理学において、やる気を向上する手段です。木が育つには日光や水分、栄養が必要であるように、褒められることは日光・水分・栄養になるのです。

テクニック◆やり終わったら必ず褒める&サンドイッチ法を使う
とても助かった、ありがとう!という言葉を忘れずに伝えましょう。やる気という名の木がすくすくと育っていきますよ。
もしやり方が悪い場合や思っていたものと違う場合は、サンドイッチ法を使って気持ちを伝えます。サンドイッチ法とは、「良」「悪」「良」というふうに悪い内容を間に挟むことで印象を和らげる方法です。

(例) やってくれてありがとう、あなたがやってくれてとてもうれしい。
だけど次から替えたおむつは置きっぱなしにせずに、ここに捨ててもらってもいいかな? でも本当に助かったわ!ありがとう!

おまけテクニック:私の実体験

最後に私の実体験を1つ。

私自身も夫婦共働きで1歳児のママです。結婚してすぐの頃は毎日頭の中にハテナが浮かんでいました。どうして私だけが朝から晩まで忙しいの?「手伝おうか」ってそれ言葉おかしくない?

理由は、主人が育った環境です。男子厨房に入らず&母親が専業主婦でした。

そしてやったことは2つ。
・1つだけ家事の担当を持ってもらうこと
・何かをお願いするときは、必ず疑問文で

家事の担当は家を共有する当事者意識を持ってもらうためです。具体的にお風呂掃除を担当してもらったのですが、掃除の頻度ややり方、掃除用品選びなどすべて自分で決めてもらいました。

そして疑問文でお願いするというのは具体的には以下のようになります。
×お風呂掃除終わったら枕カバーとシーツを替えておいて。
○お風呂掃除終わった後って時間ある?枕カバーとシーツを替えてもらえるかな?

家事分担は圧倒的に私の方が多いですが、言い方に気を付けて夫を尊重するだけで簡単にやる気を出してもらえるのだなと実感しています。

おまけテクニック◆
・可能なら何か1つ家事担当を持ってもらう
・疑問文を使って相手を尊重しながら協力してもらう

友達の旦那さんはイクメンで家事分担に協力的でうらやましい…隣の芝生は思いっきり青いですよね!でも大丈夫、今回ご紹介したテクニックを使うようにすると、少しずつですが旦那さんは変わってくるはずです。

ちなみに旦那さんのやる気を阻害してしまう禁句は「もういい、私がやる」「やり方が悪い」です。必ず言わないようにしましょうね。

会社に入って間もない頃、電話の取り方や資料作成など何もやり方がわからなかったはず。でも、やり方を教わり経験を積んでいく中で仕事のやり方を覚えていきましたよね。旦那さんは家事や育児の新入社員と同じです。温かい目で見守りましょう。

●ライター:30代の働くママ
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に