camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年04月06日

優しい言葉が逆効果!?離婚もよぎる夫婦の言動

仕事ですれ違い話す時間がありません!

仕事が忙しいと優先順位は子供、仕事、生活、最後が夫になります。そのため、夫と話す時間はかなりなくなってしまいます。特にお互いの職種が違うと仕事時間も異なるため家に帰って相談したいことや話したいことがあっても夫は家に居ないのでそのまま保留中ということも多いです。

また、忙しい時に限って、子供の行事や病気などが重なることが有り、夫婦の話す時間がよけいになくなるという悪循環に陥ってしまいます。

さらに顔を合わせてもお互いに仕事の疲れやストレスで相手に優しくできないことも多くなるためどうしてもイライラが溜まってしまい夫の少しの言動にも不満を爆発させてしまいます。

些細な家事の分担で本気のケンカに発展してしまう

ふつうの時であれば大したことない家事や育児でも、仕事が忙しく疲れているとつい夫に頼りたなります。そのため、頭では理解しているのですがついつい「もう少し家事をやってくれてもいいのに」という気持ちが芽生え、それを夫に問い詰めてしまいます。

夫も仕事で疲れているため、ここぞとばかりに些細な事の指摘をするようになり単なる「食器が洗ってない」程度のことが本気のケンカに発展してしまい、自分の性格からお互いの実家の話までケンカの種が及び収集がつかない事態になってしまいます。

いつもの夫であれば、次の朝は何もなかったかのようにコーヒーを入れておいてくれるのですが、仕事が忙しく自分に余裕がない時は何も言わず出て行く事もあり、私自身も反省しているのにその態度にまた怒りが湧き上がりイライラしながら仕事に行くことになります。

「休めば?」の言葉にイライラが止まらない

いつもであれば夫の優しい言葉で感謝や嬉しい気持ちになるのですが、仕事が忙しい時に言われるとすごくムカついてしまう自分がいます。

特に私は「休めば?」と言われると、それが夫の素直な気持ちから出てきてくれた言葉であっても、「だったら休めるように手伝ってよ!」と思ってしまい余計にイライラしてしまいます。休めないからやっているのにどうしてそんな言葉が出せるのだろうかと、怒りに震えて家事や育児が手につかなかったこともありました。

また、夫も私の「大丈夫?」という言葉がかなり気に障るようで「大丈夫でなくてもしょうがないでしょう」とため息混じりに言われます。お互いが仕事で疲れている時にはねぎらいの言葉というのは逆に神経を逆なでする言葉なんだと学習しました。

仕事を早く終わらせるように心がけ…

仕事が忙しい時にはできるだけ仕事に没頭し早く終わらせるようにしています。そして仕事が終わったらできるだけ誤解やイライラした気持ちを夫に謝り、育児や家事を頑張るよう穴埋めしています。 ●ライター:ひな
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に