camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年04月12日

寝ても疲れが取れないのはなぜ?原因3つ

1、睡眠時間は十分。でも、眠りが浅い

睡眠はその長さと質で疲れ具合が違いますが、しっかり寝ても疲れていると言う人は眠りが浅いことが考えられます。眠りが浅いと半分覚醒している状態なので、絶えず体力が消耗していることになります。そのため、朝起きても、だるかったり疲れていたりする状態になってしまいます。

眠りが浅い原因は色々ありますが、まずは、明日のことはあまり考えず、寝る前にネットやコーヒーなどの刺激を与えないようにしましょう。

ストレスも眠りが浅い原因になりますが、そのストレスは何なのか、どうしたら解決できるかを考えるだけでも頭が整理され眠りが深くなります。

2、考えすぎて頭が休んでいない

仕事をやりながら育児をしていると、どちらも大切で責任があるため気が抜けません。そのため、ついつい必要のない心配や不安を抱いてしまい、睡眠中に頭を休めることができず、疲れてしまう場合があります。

悩んでしまうのはしょうがないですが、解決しようのない問題は(子どもが小さいや仕事が忙しいなど)、問題が起きてしまった時に考えるようにして、心をなるべくそれらの問題から離したほうがいいでしょう。

特に夜は昼間の興奮が続いたままの人も多いので、色々なことを考えてしまいがちです。何も考えずリラックスできることを探して眠るようにしてください。

3、息抜き時間がない

何でも自分で行うのは妻としては素晴らしいと思います。しかし、自分で全てを毎日やり過ぎて疲れてしまって、寝ても疲れが解消できない人もいます。

そのような人は少し自分をだまして息抜きする時間を作るようにするのも一つです。または、夫や実家の両親、子育てサービスを利用するなどして、定期的に1人の時間を作るなど、休むようにしないと睡眠障害になってしまう事もあり、大変に危険です。

短期間ならば我慢できると思いますが、3か月以上そのようなことが続いている場合には夫や家族に話し、しっかりとしたサポートが必要です。

仕事と育児を両立させようとすると、睡眠をかなり削ってしまいがちになります。考えすぎの人は夜考え事をしないように心がけ、リラックスして眠るようにしてください。 ●ライター:ひな
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に