camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月17日

働き方を変えた働くママの体験談!

働くママは仕事に家事に育児にと忙しい毎日を過ごしています。でもそんな生活を続けると無理が生じます。ですから、どれかを削らなければなりません。家事はあまり削りようがないですし、さすがに育児は削れません。やはり、仕事を削るしかない、ということになります。

このように、子供のために働き方を変えたママは意外といます。みんなどのように働き方を変えたのでしょうか?働くママさんたちの実際の体験談を見てみましょう。

キャリア志向でバリバリ働くのをやめました!

キャリア志向でバリバリ働いていたAさん。子供を出産した後も大好きな仕事を続けながら、家事も育児も頑張ろうと思っていました。

しかし、いざ子供を保育園に預けて働き始めると、いろいろと無理が生じ始めました。仕事に全力投球してしまうAさんは、家に帰るとへとへと。子供が言うことを聞かないのにイライラして、つい子供に厳しく当たってしまったのです。

これではいけないと思い、早く帰れる部署に異動を願い出ました。バリバリ働くのは、子供が大きくなってからでいい、と思ったのです。今では子育ての時間を大事にしながら、仕事を続けているそうです。

子供との時間を増やすために正社員をやめました!

子供と過ごす時間を増やすために、正社員をやめたBさん。Bさんが勤めている会社は、正社員だと責任が重く、顧客のクレームなどがあると家に帰れなくなることもあるような仕事でした。もちろん、その分お給料は高いのです。

でも、Bさんはこの仕事は子供を育てながら続けるのは無理だな、と思っていました。事実、周りに子育てしながら働いているママさんはいません。Bさんは妊娠がわかると、正社員をやめてパート待遇で働く選択をしました。そうすれば、家事育児をしっかりできると考えたからです。

もちろん、子供が大きくなったらまた正社員に戻ってほしいと会社から言われているので、戻るつもりです。

割り切って働くようになりました!

仕事を変えたり雇用形態を変えたりなど、実際に働き方を変えたわけではないけれど、働く上での考え方を変えたという人もいます。
それは、今までどっぷり仕事にはまっていたCさんです。Cさんは、子供を産む前はプライベートの時間を犠牲にして仕事をしてきました。この仕事ができるのは、自分しかいないと思っていたからです。

ところが、子供ができてからその考え方は大きく変わります。仕事より大事なものができたからです。給料以上の仕事をする必要はない、最低限の労力で早く帰るためにはどうすればいいかなど、家庭を第一に考えるようになったのです。
そうすることで、仕事と家庭を上手に両立することができるようになりました。

時間の使い方が上手になりました!

考え方を変えたCさんは、時間の使い方も変わりました。子供を持って初めて、今までの自分の時間の使い方は下手すぎたとCさんは気づいたそうです。

今までは、時間はあるだけ使っていました。どれだけでも残業をすることができたので、仕事をする時間は無限にあると思っていたのです。でも、家庭を持つと早く帰りたいと思うようになり、就業時間までに何とか仕事を片付けようとします。すると、自然と「どうすれば、仕事を早く片づけられるのか」「今日できる仕事はどれだけか」ということを考えるようになったのです。

結果的に、Cさんは時間の使い方が上手になりました。それは、今後仕事をしていく上でもとても役に立つスキルだったのです。

●ライター:マリエ
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に