camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月26日

これで解決!なかなか寝ない子供の寝かしつけ

働くママの一日の最後に訪れる難関、それは子供の寝かしつけではないでしょうか。これさえ終われば自由な時間になるのに、子供はなかなか寝ない…これほどイライラすることはないですよね。
そもそも子供ってなんで寝ないんでしょう?ママが「早く寝て!」と思えば思うほど、寝ない気がしますよね。他のママはみんな、どうしているのでしょうか?

ここでは、寝かしつけのための工夫について、お教えします!ぜひ、試してみてくださいね。

子供を早く寝かせるための工夫とは?

子供を早く寝かせるためには、どうすれば良いのでしょうか?

まず、寝る直前にスマホやゲームなど神経を高ぶらせることを長時間させないでください。子供はこのような刺激の強い遊びを寝る前にすると、「次はどうなるんだ?もっと見たい!」と興奮してしまって寝られなくなります。

お風呂に入れて体をあっためたら、部屋を暗くしてママも一緒にベッドに入ります。そして、本を読んであげたり子供のお話を聞いてあげたりしてください。あまり興奮させず、落ち着いた声でお話しするのが効果的です。そして、電気を消して、穏やかにお話をしましょう。すると、子供もだんだん眠くなってきます。

スムーズに子供を寝かせるためにはパパの協力も大事

子供を早く寝かしつけるためには、夕食の時間からすでに勝負は始まっています!なぜなら、夕食やその後のお風呂などがスムーズに終わらないと、寝る時間が遅くなってしまうからです。何かが遅くなると、全てがスライドして寝る時間が遅くなってしまうのです。

そんな時に頼りになるのが、パパです。スムーズに夕食の準備をしたり夕食を子供に食べさせたりするためには、パパが手助けしてくれると助かります。後片付けをしている時にお風呂に入れてくれれば、楽ちんですね。ついでに寝かしつけもパパがやってくれれば…言うことはないですね!

ママが神経質になりすぎると逆効果!

ママが「早く寝なさい!」と子供に起こりまくったり、日ごろから「早く寝るのよ、早く寝るのよ〜」とプレッシャーを子供にかけすぎると、かえって逆効果になることがあります。

子供はママの心の動きに敏感ですから、ママが機嫌が悪かったり神経質になりすぎたりすると、悲しくなってしまうものです。子供にとってママは大好きな存在ですから、いつも機嫌よくいてほしいのです。ママが神経質だと子供は動揺し、ママを困らせるようなことを言ったり、ママに構ってほしくていつまでも寝ないでお話をせがんだりします。

「大丈夫。ママは怒ってなんかいないよ。ママはあなたが大好きよ。」というメッセージを、日ごろから子供に伝えるようにしてあげてくださいね。

ママとしっかり触れ合えば子供は安心して寝る

子供はママが一番大好きです。もし、ママからの愛情の量が計れるのであれば、一日に必要なママの愛情の量というものが決まっているような気がします。たっぷり愛情を注げば子供は安心して寝ますし、今日は足りないなという日はぐずぐず言ってなかなか寝ないものです。

「今日はなかなか寝ないな〜」という日は、ママが忙しくてあまり子供と触れ合う機会が無かったのかもしれません。だから、子供は「やっとママが構ってくれる!」と寝たくないのです。そんな時は、めいっぱい子供のお話を聞いてあげましょう。それで満足すれば、きっとすぐに寝るはずですよ。

●ライター:マリエ
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に