camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月26日

頭の切り替えが大事!フルタイムで仕事と育児を両立する方法

職場の事情や仕事の都合などのため、フルタイムで仕事復帰することを選んだ働くママ。しかし、予定通りに進めなければいけない仕事と、思い通りになるとは限らない育児。
そんな両者の狭間で、苦しんでしまっている働くママも多いのではないでしょうか?

このような時に大事になってくるのが、ママの頭の切り替えです。オンとオフで仕事と育児を分けて考えることこそ、フルタイムで働くママに必須なスキル。

そこで、先輩の働くママに聞いた、フルタイムで仕事と育児を上手に両立する方法をご紹介します。

働くママがフルタイム勤務を選ぶわけとは?

産前産後・育児休暇が公認されている今、出産や子育てのために会社を休んだとしても、以前に比べて仕事復帰しやすくなりました。

しかし、時短の限られた勤務時間内で、かつてフルタイムだった時と同じくらいの成果を出すのは、物理的に不可能。このような背景から、仕事復帰後、配置換えや部署異動などを余儀なくされた先輩ママも多くいるのが現状です。そのため、仕事復帰後も以前と同じポストを維持するため、フルタイムを選ばざるを得ない働くママが多いのです。

フルタイムで仕事と育児を両立するためには?

フルタイムで働くということは、週5日、1日の約半分は会社で過ごすということです。更に、残った時間から睡眠時間を引けば、週末以外、子供と過ごせる時間は1日わずか数時間。仮に、帰宅が19時で21時に寝かしつけをするとしたら、たった2時間しか子供と一緒にいることはできません。

だからこそ、フルタイムで仕事と育児を両立するために大切なのが、オンとオフの切り替えです。フルタイムで働く以上、割り切りも大切。例え短い時間であっても、子供と一緒に、充実した時間の過ごし方を工夫することがポイントです。

フルタイムには仕事復帰前からの事前準備が肝心!

フルタイムで仕事復帰すると決めた以上、1日のタイムスケジュールは、基本的に仕事を最優先することになります。そのため、子供の病気や保育園からの呼び出しなど、有事の対処法は、仕事復帰前にパパとよく話し合っておくことが大切です。

病児保育など、事前に登録しておかなければいけない施設には早めに見学に行って、病気への対応は事前確認がオススメ。

また、ママだけでなくパパも身動きが取れない時のバックアップ用に、ベビーシッターの活用なども検討しておいた方が安心です。

仕事と育児の両立に行き詰まったら時短勤務も検討!

いくら万全のフォロー体制やバックアップを準備しておいたとしても、子育てをしながらフルタイムで仕事をするのは難しいもの。
特に、病気にかかってしまった場合、辛そうな子供を預けて働くことに、後ろめたさを感じないママはいないと思います。

だからこそ、仕事と育児の両立に行き詰まった時には、フルタイムを見直して、時短勤務を検討することも大切。自分が誰のために、何のために、働いているのか?適時、仕事と育児の優先順位を確認することも、働くママにとって大切なスキルの一つです。

●ライター:ゆめママ
他の記事を読む

復帰の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に