camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月09日

いつから始める? 子どもの「ひとり歯みがき」

提供元: Doctors Me


そろそろ「ひとりみがき」させようかしら……子どももひとりで歯みがきができる時期がやってきます。でもどう歯みがきを伝えたらいいのか、歯垢が残ったままにならないか、心配なこともありますよね。

今回は、子どもの「ひとり歯みがき」について、歯科医師に話を聞きました。

どのように歯みがきを教えたらいいですか?

個人差はありますが、乳歯が生えそろう頃には子どもの手指の能力はずいぶん発達しています。
スプーンをしっかり握れるようになり「お箸を使わせてみようかな」と思うのと同じころが、ひとり歯みがきを始めるタイミングと考えることがひとつの目安です。

まずはどんな磨き方でもOKです。ひとり歯みがきに慣れさせるため、はじめのうちは好きなように磨かせます。親が仕上げみがきをしましょう。(小学校低学年ぐらいまでは、仕上げが必要です。)

子どものひとりみがき、どうコミュニケーション取ったらいいですか?

歯ブラシの扱い方には、十分な配慮を行いましょう。
まずは「大人が見ているところで使おうね」と約束しましょう。転んで歯ブラシが刺さったという「歯ブラシ事故」が近年増えています。ストッパーがついた事故対策商品などもありますが、子どもの動きは予測不可能です。子どもが歯ブラシを口に入れている時には、大人は目を離さないようにしましょう。

子どもがひとり歯みがきをしたときは、きれいに磨けていることをほめてあげましょう。「バイキンマンがいなくなったか見てみようね」といった声がけをしながら、笑顔でお口をのぞき込むと子どももリラックスします。

ひとり歯みがきに戸惑っているなら、ぬいぐるみで歯みがきごっこをしながら歯ブラシの使い方を教えるのも有効です。
虫歯の絵本も、歯みがきの必要性を理解しながら興味を持たせるきっかけになると思います。

仕上げみがきのとき、親はどうしたらいいですか?

仕上げみがきは、子どもの後ろに親が立ち、歯ブラシを持っていない方の手で少し顎を上に向け、口を開いて行います。
のぞき込む姿勢がつらい場合は、親が床に足を開いて座り子どもを仰向けに寝かせた状態で行うのがいいですね。


ポイントは4つです。ポイントを押さえて仕上げましょう。
1.咬合面(歯の頭の上部分)と乳臼歯の頬側の溝は、虫歯になりやすいので注意してみがく
2.乳臼歯の後ろに、一段低くなった生えかけの6歳臼歯があれば、ほっぺたを軽く引っ張ってスペースを作り、咬合面の汚れを頬側に掻き出すようにブラシを動かしましょう。
3.上唇をめくると前歯の中心辺りから出ている膜(上唇小帯)があります。ここに歯ブラシが当たると子どもは痛がります。歯ブラシを持っていない方の人差指か中指で軽くガードをして磨くとスムーズに磨けます。
4.大人が磨く半分くらいの力で十分です。やさしく磨きましょう。

子どもの自分磨きは、1日何回から始めればいいいでしょうか?

お食事が終わるごとにひとり磨きをさせて仕上げ磨き…となると、かなりプレッシャーを感じますよね。

おすすめは、1日1度夕食後に行うことです。
寝る前に歯垢をしっかり落とすことは、虫歯と歯肉炎(歯周炎)予防に大変効果的です。「夕食後はみんなで歯みがき」と決めて習慣化させるといいですね。

子どもの歯みがきについて、歯科医師に聞いてもいいですか?

歯科医院では、子どもの歯磨きアドバイス・チェックができます。困ったことがあれば相談してください。

また、自治体によっては、歯科医師や、歯科衛生士による子どもの歯の相談日を設けているところもあります。お住まいの自治体の情報をチェックして活用してくださいね。

最後に医師からアドバイス

ぶくぶくうがいができるようになれば、お好みの香りや味の付いた歯磨き粉を使用してもいいですが、無理に使う必要はありません。

好きな歌が終わるまでに歯みがきを済ませる、歯みがきができたらカレンダーにシールを貼るなど、ゲーム感覚にすると歯みがき嫌いな子でもやる気が出ることがあります。
まずは子どもが「歯みがき楽しい!」と感じてくれることが一番大切です。

(監修:Doctors Me 歯科医師)

(参考:日本小児歯科学会「子どもの歯みがき」)
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に