camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月30日

母乳と生理の関係を知りたい!

提供元: Doctors Me


女性にとって毎月一度やってくる生理は、PMSや腹痛などさまざまな理由で憂鬱なものです。妊娠・授乳中は生理から一時的に開放されるわけですが、授乳中はずっと生理が来ないと思っていたら1カ月で来てしまったという方や、産後一年経っても生理が来なくて不安という方もいるようです。
そこで今回は母乳と生理の関係について医師に解説していただきました。

授乳期間中に生理が来ると母乳の味が変わる?

授乳期間に生理が来ると、お母さんの体の中でホルモンの状態が変化し、母乳の味が以前と異なる場合があります。赤ちゃんによってはこれを嫌がって、なかなか母乳を飲まなくなってしまうケースもあることが知られています。

母乳育児中に生理が来たときに気をつけることは?

母乳育児中に生理が来て、赤ちゃんの母乳を飲む量に変化が生じ、一時的に授乳がうまくいかなくなってしまったようなケースでは、活発に生産される母乳によって乳腺が詰まってしまい、乳腺炎を起こしてしまったりするケースも見受けられます。
適宜、搾乳をするなどして赤ちゃんが新しい母乳の味に慣れてくるのを待つとよいでしょう。

一般的に産後生理が再開するのはどのくらいの時期?

産後生理が再開する期間の一つの目安としては、産後一年以内、あるいは授乳をやめてから3カ月以内程度、というのが考えられると思います。逆に、この期間を過ぎても生理が再開しない場合は、何かほかの婦人科系のトラブルやストレスなどが原因となって生理が再開していないということも考えられますので、一度婦人科で相談してみると安心だと思います。
しかし、あくまでこれは一つの目安でしかなく、お母さんの年齢、あるいは体質や何度目の出産であるかなど数多くの原因が関係してくるので、必ずしも目安通りに生理が再開しなくても、それが直ちに問題、ということではありません。

医師からのアドバイス

母乳と生理の関係は、基本的に授乳している限りホルモンの関係で、生理は通常より来にくいと考えて問題ないと思います。
もちろん、生理が来ても授乳は問題なく続けることができますし、一時的に味の変化に赤ちゃんが戸惑っても、それ以降は通常の授乳形態に戻ることが多いと思います。
ただ、授乳しているから、生理が来ていないから排卵していない、妊娠しないというわけではないので、妊娠を望まない場合は、授乳中でも避妊は必須であることを知っておきましょう。
(監修:Doctors Me 医師)
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に