camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月12日

ホルモンのナオ「無痛分娩」で無事出産!実況ツイートを医師が解説

提供元: Doctors Me


2016年9月9日(金)午前11時44分、人気ハードロックバンドマキシマムザホルモンのドラマーであるナオさんが、無痛分娩によって無事第二子となる女児を出産しました。

今回ナオさんは出産までの様子をツイッターを用いて実況をしており、そこには無痛分娩の方法が語られておりました。

そこで今回はナオさんが書き込んだツイートの内容から、「無痛分娩」について医師に解説をしていただきました。

無痛分娩とはなんですか?

無痛分娩とは、陣痛など、出産のときの痛みを麻酔薬を用いることで緩和させて行う分娩をいいます。

9月8日18:15:入院へ


まずは昆布の成分みたいので膨らむラミナリアってを子宮口に投入して子宮口広げる準備(痛さ20ビビり度40)その後部屋に移動するとこんな物が!長女の出産、流産の手術もこの病院…戻ってこれて良かった!涙
そしてその後…(続く)byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

ラミナリアとは、海藻からできている医療用の器具で、子宮頚管を拡張するために用いられるものです。

子宮頚管を開くことによって分娩を起こしやすくする効果があります。

9月8日18:19:硬膜外麻酔


(続き)その後無痛分娩の硬膜外麻酔のチューブを背中に入れる処置。背中に局所麻酔するところからビビりにビビりあげて猛汗で密かに泣きかけたw40越えてる癖にまじチキンすぎる(痛さ40ビビり度53万)亮は髄膜炎の時、髄液取るのに何回もこれやったのかと思ったら姉ちゃん泣けてきた…byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

無痛分娩は多くの場合、硬膜外麻酔と呼ばれる硬膜外腔と呼ばれる脊髄近くに局所麻酔薬と、医療用麻薬を加えたものを投与する方法を取ります。

この硬膜外腔にお薬を届けるチューブを入れる処置についてツイートしているものと思われます。

9月8日21:19:出産前夜


明日は早朝5:50〜お腹にモニター付けて飲み薬の陣痛促進剤からスタート!とりあえず現時点では何も変化なし!
そして夜食用に…とチンしてたトウモロコシを忘れたのが痛恨の極み…涙 もう寝るか!
いよいよ明日は6年ぶりの出産だい!byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

ラミナリアを入れて一晩以上置いて、子宮頚管が開いたところで誘発分娩を行う明日の予定についてツイートしているものですね。

9月9日9:21:陣痛促進剤投与


朝ご飯食べ終わって、ラミナリアも抜きました。子宮口4センチなうw
そして点滴で促進剤投入開始しました!痛み止めも背中に投入したので、モニターのお腹の張りの針は振れてても気付かない!無痛すげー!笑
ちなみにあたしと同じ時間に無痛で入院した人はもう産まれたみたい!!ワクドキ!byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

ラミナリアを抜いて、子宮口がある程度開いたところでお薬を用いて陣痛を促進するお薬を投与し、いよいよ赤ちゃんが出てくる状況ですね。

陣痛促進剤を使っても陣痛の痛みを感じないというのは、さすが無痛分娩ですね。

9月9日10:48:破水と陣痛


破水させてから陣痛も分かる位になってきたし針の振れも大きくなってきた!グラフの左の方が赤ちゃんの動きで右のが所謂陣痛。陣痛と同時に赤ちゃんが頭を下げてきてる!母は無痛だけど赤ちゃんは凄く辛いはず…頑張って!涙 待ってるよ!byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

破水、有効な陣痛を得て子宮が赤ちゃんを押し出し、赤ちゃんが産道を通っていく段階をツイートしているものと思われます。

この段階でも、ファンの方などを対象にツイートができる、というのは、無痛分娩以外ではなかなかないことではないでしょうか。

9月9日12:23:無事出産



【産まれました!!】
11:44、3060gの女の子を無事出産しました!今の所母子ともに健康です!
嘘みたいな安産でした!!
皆さん応援ありがとう!!涙
とりあえずご報告まで!
分娩台の上から愛を込めて。
…なんつって。笑

byナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモンの公式アカウントより

赤ちゃんが生まれるのは本当に神秘的で感動的な体験ですね。

女性にとって楽しみな一方、心配な一大事でもある出産が、無事に終わったことは本当に良かったと思います。赤ちゃんの誕生、本当におめでとうございます。

(監修:Doctors Me 医師)
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に