camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月23日

4割の夫婦が1日の会話時間30分以下!? イマドキ夫婦が抱える悩みとは

提供元: ダ・ヴィンチニュース

『Como2016年8月号』

 いつもそばにいるのに、実は一番遠い存在になっているかもしれない……!? 今どきの夫婦の実態を調査した「イマドキ夫婦白書2016」が、ママ雑誌『Como』2016年8月号で発表された。まずは、イマドキ夫婦が抱える悩みから見ていこう。

<夫婦関係の悩みトップ3>
1位:夫婦で会話する時間がない 47%
2位:金銭感覚や節約感覚のズレ 44%
3位:セックスに関する感覚のズレ 9%

夫婦で会話する時間がないという回答が1位に。では、イマドキ夫婦の1日の会話時間は一体どのくらいなのだろうか?

<夫婦の一日の会話時間は?>

10分以下:12%
30分以下:28%
1時間以下:25%
2時間以下:18%

40%もの家庭が夫婦の会話時間は30分以下という結果に。会話不足から夫婦の様々なトラブルにつながることも。

<お金の管理はどっち?>
妻が管理する家庭が61%、夫は30%、各自で管理しているという夫婦は9%にとどまった。では、それぞれのおこずづかい、貯蓄額はどのくらいなのだろうか。

<妻のおこづかい>

おこづかいが定額制だと回答した妻は31%。そのうちの実に61%が5千円以下のおこづかいだ。

<夫のおこづかい>

一方、夫のおこづかいは半数の50%が定額制で、そのうちの48%が3万円以下、次いで34%が2万円以下という結果。1万円以下の6%と合わせると、9割の夫が3万円以下のおこづかいであるようだ。

<お互いの貯蓄額を知っている?>

妻が夫の貯蓄額を知っている割合は62%なのに対し、夫が妻の貯蓄額を知っている割合は47%にとどまった。

<夫のケータイ、スマホを見ている妻の割合は?>
夫のケータイを見ると答えたのは49%、見ないと答えたのは51%。約半数が見ると回答したが、中には「夫のスマホでゲームする」、「夫がメールやLINEを見せて話題にする」といった回答も。

<夫婦のSEX頻度は?>

1カ月に1~2回が37%、なんとセックスレスも25%という結果に。回数が少ない人に理由をたずねると、大まかに言って回答のベクトルが「したくないから」「忙しいから」「本当はしたいけど……」の3パターンに分割された。また、この回数に対する“満足度”も併せてたずねたところ、「満足」な人が37%。対して「不満」は22%。「満足」派のなかで回数多めの妻は「スキンシップとして大事なので」、少なめ妻は「したくないし、めんどうだから、(少なくても)満足」と回答。

<離婚を考えたことは?>
離婚を考えたことがある割合は48%、ないは52%という結果。「ケンカしたとき」「不満を感じたとき」に離婚を考えるようだが、「やっぱりこの人しかいない」と思ったり、「子どもがさびしがる」と考え、離婚を踏みとどまっているようだ。

<夫とずーっと結婚していたい?>
YESは69%、NOは6%、わからない25%。YES派、NO派の声を見てみよう。
YES派
・不満はいろいろあるけど、私のよき理解者だから。(ちまこ・35才)
・いいことばかりじゃないけど、結婚生活でしか得られない幸せがある。(N.T・35才)
NO派
・つきあっていたころはやさしい人だと思ったけれど、ぜんぜんやさしくなかった!(ひまわりの種・35才)
・正直、すぐにでも離婚したいけれど、「まだガマンできるかな」と揺らいでいます。(K.N・32才)

 9割の妻が多かれ少なかれ不満を抱えていることが明らかになった、イマドキ夫婦生活。それでも約7割の妻は結婚生活の継続と、夫との未来を望んでいるようだ。一方で10人に3人は夫婦の未来予想図を描けないでいるのも事実。今回のアンケートを参考に、夫婦のコミュニケーションをもう一度見直してみては?

■『Como2016年8月号』
発売日:2016年7月7日(木)
出版社:主婦の友社

<調査概要>
アンケート実施時期:2016年4月26日~5月6日
回答者数:Como読者ママ(子ども年齢2~10才を想定)100人
実施方法:郵送にて
回答者の平均年齢:34.4才(夫の平均年齢:37.1才)
他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に