camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月14日

子どもの身長は「9歳までの生活習慣」がカギ!? 「よく寝て」いても、身長を伸び悩ませる要因とは?

提供元: ダ・ヴィンチニュース

『身長は「9歳までの生活習慣」で決まる』(飛田健治/幻冬舎)

 近年、高身長でスラッとした子どもが増えてきたといわれる。欧米型の食事の影響や、親の生活習慣に対する意識の高まりなどの結果だと見られている。そんな中だからこそ、低身長の子どもの存在が目立ってしまう。

「10年前から日本人の身長は伸び悩んでいる」

 こう述べるのは、日本で数少ない「身長治療」の専門医・飛田健治氏の著書『身長は「9歳までの生活習慣」で決まる』(飛田健治/幻冬舎)。

 本書によると、確かに、近年の日本人は欧米人に引けを取らないほど手足が長く、スマートで背の高い人が増えてきた。しかし、それは食生活が大きく変化した戦後からの高度経済成長期を中心に、2005年まで。2005年からは、日本人の身長は止まっているという。それどころか、文部科学省の発表によると、「日本人の身長はこれ以上伸びない」だけでなく、「今後は低くなる可能性が高い」というから驚きだ。

 すでに広く知られている感があるが、医学的には身長が伸びるか否かは「成長ホルモン」をいかに多く分泌させられるかにかかっている。本書では、身長が伸びるメカニズムとして、骨の伸びしろである「骨端線」の存在や、その成長に「成長ホルモン」「性ホルモン」「甲状腺ホルモン」の3つのホルモンが大きくかかわっていることが詳細に説明されているが、それについては本書に当たってもらいたい。

「成長ホルモン」が分泌されるのは、夜、それも寝ている間。やはり「寝る子は育つ」なのだ。しかしながら、「よく寝て」いても、身長を伸び悩ませる要因がある。日本人の身長を止めている正体。それは「ストレス」だという。

 ストレスは、命にかかわるような危険にさらされたとき、すぐに逃げられるように体を緊張状態にする防衛システムと考えている。具体的には、ストレスを受けると自律神経のうちの交感神経の働きによって体が緊張状態になるが、その際、コルチゾールというホルモンの分泌量が増す。このコルチゾールは、炭水化物やタンパク質、脂質の代謝をコントロールしている、生体にとって必要なホルモンだが、増えすぎると身長を伸ばす成長ホルモンの分泌を抑制してしまうという。

 昔に比べ、子どもたちが日常生活で受けるストレスが増えているという意見があるが、子どもの身長を伸ばそうとするなら、睡眠前にはストレスをかけないことが大切なようだ。睡眠の大切さを知っている親ほど、「寝る時間だから早く布団に入りなさい」と口うるさく言ってしまいそうだが、そういった強制は子どものストレスになる。日中によく運動すれば、ストレスのない早寝が可能になる。

 ちなみに、子どもの身体的特徴は親からの遺伝が大きく影響するため、子どもの身長が将来どのくらいになるのかは、ある程度、次の計算式で求めることができるという。

●男子の場合は、(父親の身長+母親の身長+13)÷2±9

●女子の場合は、(父親の身長+母親の身長−13)÷2±8

 男子の「±9」、女子の「±8」部分が、遺伝以外の要因とされている。生活習慣次第で、将来の身長の差が、男子では18cm、女子では16cmにもなる。

 著者のアンケートによると、低身長の人の多くが「あと5cm高くなりたい」と答えたという。生活習慣の改善で、男女ともに得られていたかもしれない範囲の数字だ。

 本書によると、一般的には、身長は思春期を迎えてから急激に伸びるものと思われがちだが、この時期の成長の度合いは生まれつき決まっているため、思春期に入る前の9歳までの生活習慣が将来の身長の鍵を握る。

 保護者の意識で子どもの将来の身長を伸ばせる可能性があるとしたら、取り組んでみる意義はありそうだ。

文=ルートつつみ
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に