camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月30日

絶対に許さないっ!妊娠中に旦那を浮気させない方法

提供元: スキンケア大学

uwaki

妊娠が分かったとき、女性は子どもが生まれる前にも関わらず「母親」としての自覚が芽生えるとされています。2人の間に新しい命が生まれる喜びがあるにもかかわらず、妊娠中によからぬことをしてしまう男性がちらほら。

ブラウン大学心理学研究員のハルツ博士によると、妊娠中に浮気をしてしまう男性が多いのには理由があるといいます。女性としては、「なぜ浮気をしてしまうの?」と憤慨してしまうかもしれないのですが、原因はどこにあるのでしょうか?

妊娠中に浮気をしてしまう原因とは

妊娠発覚から産後にかけて浮気をしてしまう男性にはどのような心理が働くのでしょうか。まず、考えられるのは「妊娠中はセックスできないから」ではないでしょうか。あまり知られていないのですが、実は妊娠中にセックスができないということはありません。お腹を圧迫させなかったり、時間を短くすれば問題ないとされています。

上記の理由を抑えて、男性が浮気をしてしまう最も多かった原因は「気持ちのすれ違い」だそうです。女性は妊娠すると生まれてくるであろう子ども中心の生活となります。結果、それまで相手をしていた男性への気持ちがだんだん薄らいでいってしまうのです。

加えて妊娠中に浮気をしてしまう男性は、実はそれ以前から浮気をしたいという気持ちがあったのかもしれないのです。妊娠中で身体に負担がかかるのでセックスはできない、自分のことも気にかけてくれないという理由をつけては浮気にはしってしまうのかもしれません。男性はセックスを通して感情や気持ちをコントロールするものとされています。女性には理解しがたいのですが、男性からすると「妊娠」によってその重要な部分がなくなってしまうことはある種、ストレスとなってしまうのです。

妊娠中の浮気を未然に防ぐには

気持ちに応えてもらえないからといって浮気をするということ自体は断じて許せません。浮気によって関係性が崩れてしまうのはもちろん、生まれてくる子どもにも悪影響を与えかねません。気持ちのすれ違いをなくすにはどうすればよいのでしょうか。

・妊娠を「ふたりごと化」する

妊娠が発覚したあと、女性の身体は大きく変化します。お腹の変化はもちろん、体調の変化も次第に激しくなってきます。男性側からすると身体的変化はなく、妊娠を身体的に共感することは難しいとされています。しかし、妊娠による生活の変化を過ごすのは男性も同じです。最近では妊婦体験ができる施設もあり、アメリカでは妊娠体験できるアイテムが販売されています。「女性は大変そうだな」と他人事にせず、妊婦さんの気持ちが分かれば理解度が増して気持ちのすれ違いを防ぐことができるかもしれません。

・妻であると同時に相手にとって魅力的な女性でいること

妊娠中の女性は生まれてくるであろう子どものことを思うようになってしまうのは先ほど紹介した通りです。妊娠中の浮気の原因として挙げた「気持ちのすれ違い」によって起こってしまうのは孤独感や愛情への飢餓です。これらを埋めてあげることができればいいのです。片方が一方的な要望や要求をするのではなく、あくまで自分と相手の間に適切な境界線が引かれていることが重要です。子どもが生まれてくるとしても、男性にとってはたった一人の妻であり大切な存在であることは間違いありません。身体的負担があるにしても、できる範囲でいいので女性として相手に接してあげるのです。それは身体的負担が重くなければセックスでもいいかもしれません。しかし、相手が求めているのはそのような刺激や興奮ではなく、やすらぎかもしれません。そのような時には2人きりになってゆっくり食事をとりながら未来の話をすることがいいのかもしれません。

妊娠してからの2人の関係性は山登りのようなもの

浮気で起こる感情の上昇スピードと下降スピードは比例するというと言われています。一夜限りや偶然で急激に盛り上がった恋は、日常の場に戻ると長続きしなくなるというケースを例えると分かりやすいかもしれません。一瞬にして頂点まで駆け上がってしまう分、一瞬にして駆け下りてしまう傾向にあるのです。

そんな関係に相手を引き込むのではなく、山登りのように一歩一歩登って行くような関係性を目指すのです。ゆっくり一歩ずつ、途中の風景を楽しみながら山を登って行く楽しみを覚えるようなステップを踏むことが出来れば適切な境界線が引かれ、妊娠中の自分のために今まで以上に献身的になってくれるのかもしれません。

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に