camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月04日

世界で一番パパが好き!? 結婚相手に“お父さんのような人”を選ぶ女性たち

提供元: スキンケア大学

結婚相手

「スキンケア大学」読者のみなさん、はじめまして。株式会社ウエディングパークの菊地です。
「ウエディングパーク」は、結婚式・結婚準備に関するクチコミ情報サイトで、日々たくさんのカップルから直接、もしくはアンケートなどを通してお話伺っています。
そこで、恋愛や結婚の「ホントのところ」を紹介いたします。

さて、もうすぐ父の日ですね。以前ウエディングパークが実施した、父の日に関するアンケートによると、8割の女性がお父さんにプレゼントを贈る予定があるそうです。プレゼントの内容は、お酒や洋服、趣味に使えるものなどが多いよう。みなさん、今年はどんなものを贈られるのでしょうか?

今日はそんな父と娘をめぐる「恋愛・結婚のホントのところ」のお話です。

女性たちの結婚相手選びの条件には、父親の存在が少なからず影響している

ウエディングパークが20代30代女性向けに実施したアンケートによると、『「結婚するならお父さんのような人がいい」と思った事がありますか(単一回答)』という質問に51.5%の女性が「はい」と回答しました。

アンケート1

さらに、『お父さんと現在のパートナー(彼氏/夫)は似ているところがあると思いますか(単一回答)』という質問でも55.4%が「はい」と回答しています。

 

画像2

結婚するなら“お父さんのような人がいい”と答えた女性に、その理由を聞いてみると…

○有言実行するので、とても頼りがいがある。仕事の愚痴を聞いたことがなく、大黒柱として立派に仕事をしている。

父と母がとても仲良しで、母がずっと幸せそうだから。

仕事のことを家庭に持ち込まず、いつでも優しい。かっこよくはないけど、自慢の父!

ぶっきらぼうな優しさがいい。自分のことをよく分かってくれている。

など、幼いころから見てきた家庭での父親の姿や父娘の関係から、影響を強く受けていることがわかります。「男はみんなマザコン」なんて言いますが、逆に女もファザコンなのかもしれません。

すでにパートナーのいる読者の皆さんはいかがでしょうか?心あたりはありますか?

娘がどんなに小さくても、父親はいつか娘が嫁ぐ日のことを想像している

先日、3歳の娘さんがいらっしゃる知人男性が、「最近結婚式に参列すると、うちの娘もいつかお嫁に行っちゃうんだな〜と思って泣けてくるんだよね」と言うので「まだ3歳なのに…!」と驚きました。

他の方はどうなのだろうと思い、私の友人・知人男性数名にも聞いてみたところ、同じように娘さんが嫁ぐ日のことを想像したことのあるお父さんたちが多数。
「娘は恋人というか…奥さんいるから愛人かな」なんていう声もあるほど。

20年大事に思い続けた恋人が、自分以外の人と結婚する日を想像したら…確かにそれは泣けるかもしれません。

20代・30代の女性たちからウエディングパークに寄せられた、結婚にまつわるお父さんと娘のエピソードにも泣けるお話が多数。

シングルで、「好みの男性タイプがよくわからなくなってきた」とか、「付き合ってもなかなか長続きしない」という方は、ご自身のお父さんの好きなところを想像してみると、価値観が近く、相性のよい男性像が見つかるかもしれません。

20代・30代女性から寄せられた、結婚にまつわるお父さんとのエピソード

普段は厳格な父が挙式のときに、泣きながら旦那に『娘を頼む』と言っているのをみたときに、この人が父親でよかったなぁと幸せに感じた。

父は私には、早く結婚しろとは全く言わなかったけれど、結婚が決まってから、実は早く結婚しないのかと心配していたと聞かされ、びっくりしました。何も言わずにいてくれた気遣いに、感激です。

旦那さん以外の恋人が結婚の挨拶をしに実家に行った時、お父さんはみんな反対しました。旦那さんの時だけ反対しませんでした。今となっては、親としてやっぱり見る目があるんだなぁと感謝しています。

20代の頃は、『結婚なんてしなくていい。ずっと家にいればいい。』と言っていた父が30代を過ぎると、『彼氏いるのか?』と母に心配していたと教えてもらったとき。結婚を誰より喜んでくれたのは父でした。

父はあまり結婚しろなどとせかしたりしなかったので、わたしの結婚に興味がないのかと思っていたのに、結婚を報告したときに目を潤ませて泣いたこと。自分まで感動してしまった。

『早く出て行ってくれて構わん。』と言っている父ですが、なんだかんだで私がふと電話した時に、『今日はなんか元気ないな、振られたのか、いつでも帰ってこい。』と冗談ながらにも言ってくれたこと。なんだかんだ言いながらも1番心配してくれているお父さん。ありがとう。

他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に