camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月10日

低カロリーの秋の味覚!美容も健康もイイトコ取りの「菌活」レシピ♡

提供元: スキンケア大学

味覚の秋、食欲の秋。実りの季節にはおいしい誘惑がいっぱいです。「おなかいっぱい食べたいけれど、太るのはイヤ!」そんな方におすすめの秋の味覚といえば「きのこ」です。椎茸、エリンギ、えのき、舞茸……スーパーなどでは一年中見かけますが、味のよい天然ものが出回るのは、この季節です。
低カロリーで食物繊維が豊富なきのこを主役に、ヘルシーな調理のコツと、おすすめレシピをご紹介します。

たっぷり吸いこむ油にご用心!

低カロリーなきのこですが、油を使って調理をすると、きのこがスポンジのように油を吸い込んでしまいます。低カロリーだからと選んだ食材のはずが、たっぷり油を含めば一気にカロリーアップ!
それを避けるためには、油を使わずに弱火でじっくり焼き付ける、蒸し焼きにする、スープで煮込むなどの調理法がおすすめです。風味や香りづけとして油やバターを使う場合は、加熱後に少量使うのがよいでしょう。

低カロリーに加え、骨の健康のために必要なビタミンD、腸内環境を整えて免疫力を高める食物繊維のβグルカンなど、きのこには美容・健康にうれしい効果がふんだんに詰まっています。日々の食事に上手にとり入れて、おいしくヘルシーな「菌活」を楽しんでみましょう。

おすすめきのこレシピ1「焼ききのこと鶏ささみのサラダ」

材料
しめじ       1/2株
舞茸        1/2株
醤油        大さじ2杯
白ワイン     大さじ1杯
オリーブオイル 小さじ1杯
塩、胡椒      少々
ベビーリーフ    1袋
ミニトマト     5個
鶏ささみ       2本

作り方
1. きのこをほぐしてフライパンに入れて火にかけ、焼き色がついたら白ワイン・醤油をふりかけ、水分が蒸発したら塩・胡椒で味を調えオリーブオイルを回しかける。
2. 鶏ささみを茹で、粗熱がとれたらほぐす。
3. ベビーリーフ、1、2を合わせ、ミニトマトを飾る。

おすすめきのこレシピ2「椎茸とあさりの煮びたし」

材料
椎茸     6枚
あさり    200g
小松菜    100g
酒      大さじ2杯
醤油     大さじ1杯

作り方
1. 椎茸を薄くスライスする。小松菜は3cmの長さに切る。
2. 砂を出したあさりと酒を鍋に入れて蓋をし、あさりの口が開くまで加熱する。
3. 2に1の椎茸と小松菜を入れて、醤油を加えて一煮立ちさせて火を止める。

あわせて、『秋の味覚「秋刀魚+野菜」で、美味しくエイジングケア!』の記事もぜひご覧ください。

他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に