camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月19日

赤ちゃんのときから準備が必要!?チェックしておきたい子供の日焼け対策!!

提供元: ヘルスケア大学

子供の日焼け対策って必要?

子供の肌は特に肌が薄く、バリア機能も不十分。実はスキンケアに関心の高い成人女性よりも、細胞分裂も成長も盛んな幼少期に正しく日焼け対策を行っていくことがもっとも重要なのです。

幼い頃に浴びた紫外線量は、成人後の皮膚がんや白内症発症のリスクを決定づける一大要因!幼い頃からどれだけ日焼け対策をしていくかはママ次第。そこで、ここでは子供の日焼け対策についてお話します。

日焼け止めは塗り直しでしっかり対策

子供用の日焼け止めでは、SPFは10〜20程度、PAは+1つのものが肌への負担が小さくおすすめ。SPFは紫外線B波を、PAはA波を防ぐ目安のことです。

日焼け止めの中には「紫外線吸収剤」を含むものがありますが、化学原料が強い刺激となる場合もあるため避けた方がベター。厚く塗りたいところですが、負担が大きいので2時間を目安に塗りなおすひと手間も大切です。

子供の日焼け止めの選び方!

サングラスで目からの紫外線もカット

肌以上に紫外線によってダメージを受けているのが目です。大人が紫外線カットレンズの入ったサングラスをつけるのと同じように、赤ちゃん用・子供用のサングラスも市販されています。

ウチの子は帽子ですら嫌がって外してしまうからサングラスなんてもってのほか、というママも多いと思いますが、海水浴や一日屋外で過ごすときだけでも、利用して、目から入る紫外線をカットしてあげましょう。

子供の日焼け対策アイテムとは

季節で変わる紫外線対策を!

5月から紫外線は増えるので、うっかり日焼けしちゃった!なんてことがないように、春先から日焼け対策は万全にしておきましょう。紫外線は季節によっても変わるのでその季節に合わせた対策を行っていくのがベストです。

紫外線が少ない時期で注意しなくてはいけないのが、春の日焼け。冬のうちは紫外線量が比較的少ないので、肌の紫外線に対する抵抗力が低下しています。そこに春になって増えてきた紫外線を浴びると、ダメージは夏以上のものになるとすらいわれているんです。

季節ごとのUVケアはコチラ!

万全な対策で日焼け知らず!

いかがでしたか。子供の肌を守るのはママの大切な役目。きちんとケアすれば、日焼け知らずな子に!自分も子供もしっかり日焼け対策していきましょう!

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に