camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月27日

私の子、背が小さい?子供の「低身長」を引き起こす病気と対処法

提供元: ヘルスケア大学

もしかしてうちの子は低身長?判断基準と原因

低身長を診断するには、平均身長よりも著しく低い、1年間の身長の伸び率が著しく悪いといった2つの基準があります。どちらか一方でも当てはまる場合でも、低身長症となります。

低身長症には、生活環境やストレス、遺伝などが要因となる「病気が原因ではないケース」と、身体的になんらかの異常が見つかる「病気が原因のケース」があります。

低身長症の原因についてや診断基準については、こちらで詳しくみてみましょう。

くわしく!低身長症の基準と原因

低身長症の定義と対処方法

ひょっとしてうちの子は低身長症かも…と思ったら、早めに医療機関で相談してみたほうがよいでしょう。病院では病気が潜んでいないか検査してもらえますし、ホルモン療法などの治療も可能です。

ホルモン療法による効果が得やすいタイミングは、思春期が訪れるまで。思春期に入ると、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が活発になり、男子の場合は声変わりや発毛、女子の場合は胸が膨らむ、生理が始まるなどの体の変化が訪れます。

必要があれば早めに治療を開始するためにも、以下のリンク先で低身長症の定義と子供の身長を比べてみてください。

早めに病院で相談するワケは?

低身長症の原因となる病気と治療法

低身長が生活環境やストレスなどによって起こっているならまだしも、重大な病気が潜んでいるとしたら心配です。

病気が原因で起こる低身長は、成長を促すホルモンの分泌異常、骨や染色体の先天的な異常、内臓の病気によるものなどがあります。

低身長症の原因となる病気や治療方法については、こちらで詳しく紹介されています。

低身長症の陰に潜む病気とは?

いかがでしたでしょうか?身長なんてそのうち伸びるというレベルであればよいのですが、なかなか侮れないのが低身長症です。他の健康情報についても、合わせてヘルスケア大学でチェックしてみませんか?

ヘルスケア大学をチェック!

他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に