camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月23日

愛くるしい赤ちゃんの“もうこはん”。特別なケアって必要なの?

提供元: ヘルスケア大学

私の赤ちゃん、青アザがあるんだけど…

赤ちゃんのお尻や腰に青アザのようなものが…。それは“もうこはん(蒙古斑)”と言います。では、特別なケアなどは必要ないのでしょうか。こちらでみていきましょう。

“蒙古斑”に特別なケアは必要なし

“蒙古斑”には特別なケアは必要ありません。たいていの子供が3〜5歳の間に自然と消えてゆくものだからです。黄色人種にとって蒙古斑はよくある症状で、病気ではないので心配しなくても大丈夫。日本では出生時に約9割の赤ちゃんに見られるものです。

蒙古斑の原因は、メラニンを生成する真皮メラノサイト(蒙古斑細胞)と考えられています。

メラノサイトが色素生成するために表皮へと移動する途中で、手前の真皮に溜まって現れるのです。このメラノサイトは腰部分で活発に働くため、蒙古斑も腰やお尻に現れることが多いのです。

蒙古斑が大きい場合はどうすれば?

赤ちゃんの肌に触れるものは慎重に!

赤ちゃんの肌に触れるものは、大人と同じと考えるのは避けた方がよいです。それはお布団も一緒。1日の大半をお布団で過ごす赤ちゃんにとって、その環境は非常に重要です。では、こちらでお布団の選び方についてみてみましょう。

代謝機能や汗腺が未発達で、熱が体にこもりやすく、体温が上がりやすい反面、基礎代謝量が低いため体温が下がりやすいのも特徴。大人よりもやや薄めの布団で、快適な温度を保ってあげましょう。

素材にもこだわる必要がありますよね。赤ちゃんにストレスを与えず、気持ちよく寝てもらうためにも、どんな素材が赤ちゃんにとってよいものなのかをチェックしてみましょう!

赤ちゃんに最適なお布団は…?

大人だけじゃない!赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌もスキンケアは必要。大人の肌とは少し違うので、当然スキンケアで重視するポイントも違ってきます。私たちがもっとも重視するのはフェイシャルケアですが、赤ちゃんでは、おむつ蒸れや刺激にさらされているおしりやまたのケアも重要です。

私たちは足りない成分をさまざまなスキンケアアイテムで補うことがメインですが、赤ちゃんではあれこれ塗るというよりも、まずは清潔を保つことが急務となります。

汗っかきで新陳代謝も活発な赤ちゃんの、汚れやすい肌を清潔に保つこと!これこそが赤ちゃんのスキンケアの核となります。また、時期で変わる赤ちゃんのスキンケアについては、こちらでご紹介します。

生後3か月までのスキンケアって?

ぷりぷりの赤ちゃん肌を大切に

赤ちゃんの肌はキメが細かくふっくらしていて、とてもデリケートです。可愛い赤ちゃんとぷりぷりの肌を大切にしましょうね。

その他、赤ちゃんのスキンケアについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひヘルスケア大学の記事をチェックしてみてください。

「ヘルスケア大学」をチェック!

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に