camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月19日

なんでこうなるの?「妊娠中」に発生しやすいからだの変化と対処法

提供元: ヘルスケア大学

ガサガサはどうして?妊娠中の「肌荒れ」

肌荒れの原因はさまざまありますが、妊娠によるホルモンバランスの乱れや、精神的に不安定、つわりで食事が偏ることが、おもな原因と考えられます。そして、ホルモンバランスの変化により便秘になるケースも多く、むくみや肌荒れの一因にもなります。

また、妊娠中は不眠になりやすい時期でもあり、それも肌荒れの原因になります。体が不安定な状態だからこそ、肌荒れになるのも仕方ないことなのです。

どうしたらいい?妊娠中の肌荒れケア

特にスキンケアを徹底する必要はありませんが、なるべく肌に刺激を与えないようにするのがポイント。そして、ストレスを溜めない、食生活に気をつける、睡眠をしっかりとる…など、心と体のケアも大切です。

また、「あまり気にしないこと」も大事。ひとつひとつを気にしてしまっては心と体がもたないほど、妊娠中は大変なんです。

いつ起こる?「妊娠中」の肌荒れ

こんなはずじゃ…。ワキや乳首の黒ずみも発生?

妊娠4週を過ぎるころから、乳房のハリや乳首が敏感になるなどの変化とともに、だんだんと乳首が黒ずんできます。

人によって違いますが、乳首が茶色っぽい色に変化していたり、ワキが黒ずんできたり、シミやソバカスが増えてきたりします。これは、妊娠中に起こる当然の変化なので心配はいりません。ただ、ショックを受けることもあるので、対処法をチェックしてみましょう!

ワキや乳首が黒ずんでしまった時の対処法

ケア方法としては、ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した乳液やクリームを使用する方法があります。また、より高い効果を望む場合は黒ずみ専用のクリームやジェル、ピーリング剤を使用する方法もあります。

妊婦さん専用のケア商品も多々あるので、心配せずにまずはチャレンジしてみましょう。また、この黒ずみは一時的な変化の場合もあるため、気にしすぎずコツコツケアをしましょう。

「黒ずみ」は赤ちゃんのため…?

からだがパンパンに…。「むくみ」はなんで起こるの?

血液中の水分が増えると、全身がむくみやすい状態に。また、大きくなった赤ちゃんの重みがかかることで、脚の血管が圧迫され、むくんでしまうこともあります。妊娠後期に脚がむくむことが多いのはこのせい。妊娠中は赤ちゃんの分も、酸素、栄養、老廃物を運搬するため、母体には負担がかかっているのです。

妊婦さんに特に多い「むくみ」の悩み。産婦人科の健診でも確認してくれるはずですが、自身でもむくみケアをしておく必要があります。一体どんな対処をすればいいのでしょう?

赤ちゃんとママのため。「むくみケア」で改善して

寝るときは足の下にクッションを置くなどして、少しだけ足を高くすると、水分がたまりにくくなり、脚がむくみにくくなります。

ふくらはぎをマッサージして、溜まった水分を流してあげるのも効果的。また、妊娠中は塩分を控えて水分はしっかりとるようにしましょう。朝起きて、むくみが消えているようなら心配ないですが、体重が急激に増えた場合には主治医に相談してください。

日頃の生活でむくみにくくなる?

赤ちゃんと一緒のハッピーなマタニティライフを

赤ちゃんがお腹にいる時期は、ママにとってさまざまなからだの変化が起こり、大変なイメージばかりが先走ってしまいがち。でも、お腹の赤ちゃんと一緒に過ごせる時間は今だけ。この貴重な時間を楽しく過ごせるようにしましょう!

その他、「ヘルスケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「ヘルスケア大学」をチェック!

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に