camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月25日

夏場に流行!大人が「手足口病」に感染した場合の症状や対策は?

提供元: ヘルスケア大学

免疫力、下がっていませんか?

手足口病は、感染症の一種です。ウイルスなどに感染しないためには、免疫力を鍛えておくことが大切です。自分の免疫力が整っているかどうか、まずは、簡単なセルフチェックをしてみましょう。

「体調崩しやすい度」をチェック!

子供だけの感染症ではないんです…

患者の90%が、5歳以下の乳幼児だという手足口病。大人が発病した場合、40度以上の高熱が出ることもあり、指先の発疹やかゆみで爪が割れてしまうこともあると言います。手・足・口の水疱をはじめとした症状も、子供より重症化する例が出ています。

手足口病には治療薬や予防薬が存在しないため明確な治療法は存在せず、基本的には症状を抑える対症療法を行い、自然治癒を待つことになります。大人の場合は発症して7〜10日で症状が落ち着き、治癒することが多いでしょう。

通常の体調とは異なる妊婦さんなど、手足口病への感染を心配する方もいるでしょう。詳しい症状や対策法については、以下のリンク先も参考にしてください。

大人の手足口病はどう治療するの?

手足口病はどこから感染するの?

手足口病の主な感染経路は、3つ。1つは、くしゃみや咳を媒介とする「飛沫感染」です。免疫力が低下して体調が弱くなっているときには、マスクを着用しておくとある程度の予防策になるでしょう。

皮膚、粘膜などの物理的な接触によって感染するもので、誰かがウイルスのついた手で触れた手すりを触り、その手で目などの粘膜をこするといった間接的な接触でも感染するため、完全に防ぐことは困難を極めます。

感染しても、安静にしていれば徐々に回復してくることが多いという手足口病ですが、衛生管理で防げることは注意しておきたいですね。残り1つの感染経路はどこなのでしょうか。

手足口病の感染経路はどこから?

日頃から体調&衛生管理で予防を

いかがでしたでしょうか?感染症は、日頃の体調管理とともに衛生管理にも気をつけて予防を心がけましょう。他にも、役立つ健康情報が満載のヘルスケア大学をのぞいてみませんか?

「ヘルスケア大学」をチェック!

他の記事を読む

子どもの病気の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に