camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月09日

妊娠できなくなることも…?そのままにしちゃいけない「トリコモナス膣炎」

提供元: ヘルスケア大学

「トリコモナス膣炎」ってどんな病気?

トリコモナス膣炎は、カンジダやクラミジアほどの知名度はありませんが、これらと同じ性感染症です。治療せずに放置していると不妊症の原因となる可能性もあるため、早期治療が重要です。

カビによるものや細菌性のものではなく、膣トリコモナス原虫(Trichomonas vaginalis)という0.1mmくらいの寄生虫により感染することで起こる膣炎です。

「トリコモナス膣炎」のつらい症状

トリコモナスに感染すると、膣の粘膜を中心に炎症が見られ、雑菌が増加します。そのため雑菌を排出する役目をもつ、おりものに異常が見られるようになります。悪臭が強く、黄色いおりものが増え、泡状のものも出てきます。

また、妊娠中に感染してしまった場合、自浄作用がうまく働かないことで子宮に細菌などが入り込み、胎盤の炎症やお腹の張り、痛みを感じるようになります。ひどい場合は早産につながる恐ろしい病気なので、特に注意が必要です。

「尿道炎」や「膀胱炎」の原因にも

エッチだけじゃない!?「トリコモナス膣炎」感染の原因

トリコモナスの原因は性交渉による感染が多いですが、性交渉の事実がない患者でも感染が見られます。これはトリコモナスの特徴として、寄生している宿主から離れても水さえあれば一定期間生存できるという特性があるためです。

ということは、下着、タオル、便器やお風呂場、公共プールや温泉などからでも感染してしまうということ。エッチした覚えがなくても、性病にかかってしまう可能性は十分にあるのです。

「トリコモナス膣炎」の検査法は?

とにかくからだに「原虫」を残さないこと

トリコモナス膣炎を治療する場合、トリコモナス原虫を体内に残さないことが大切です。増殖しやすく、感染力も強い原虫がわずかでも残っていると、また増殖するため、再発の恐れがあります。

トリコモナスの治療は膣の炎症も治療する必要があるため、女性は膣に直接挿入する膣剤も用います。主な内服薬は男女ともに同じで、トリコモナスの増殖抑制と排出を行います。

とにかく、デリケートゾーンにかゆみを感じたりおりものに異常が見られたら、早めに医師に相談することが大切になります。早期の対処によって、症状の悪化も防ぐことができるでしょう。

知っててほしい感染の予防法

彼と一緒にしっかりとした対処を

感染してしまったら、パートナーのためにもエッチはNG。だからこそ、異常を感じたらすぐに検査をし、対処しましょう。また、彼も感染している可能性があれば、一緒に検査することをおすすめします。

その他、「ヘルスケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「ヘルスケア大学」をチェック!

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に