camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月18日

「生理中は妊娠しないから避妊しなくてOK!」これってホントなの!?

提供元: ヘルスケア大学

よく「生理中は妊娠しないから、避妊しなくても大丈夫」ということを耳にすることがあります。しかし、実際のところどうなのでしょうか。

生理中は妊娠しやすい?しにくい?

生理中、妊娠しやすいのか、妊娠しにくいのかを知るためには、まず生理周期について知っておく必要があります。

女性の身体は、生理開始日を境に一定の周期で「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」というサイクルを繰り返しています。妊娠は、このサイクルのうち排卵期に起きる排卵によって卵子が卵管に取り込まれる必要があります。そして排卵後、約1日(24時間)以内であれば、卵子が射精された精子と出会うことで受精し、受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。

この排卵期には個人差があり、一般的に生理開始日から12〜15日目にあたるといわれてます。

生理中は避妊しなくてもよいのか

この生理周期と妊娠のメカニズムからすれば、妊娠する確率が高いのは排卵期であり、基本的に生理中は排卵することはないため、妊娠しにくいと考えられます。しかし、排卵日は正確に判断することはできませんし、生理がたまたま長引いて、生理中に排卵する可能性もないわけではないのです。また、何らかの理由で排卵周期がずれる可能性もあり、そもそも生理不順の場合は排卵時期がはっきり予想できません。

こういったことから、生理中には妊娠しないとは必ずしも言い切れないため、生理中に避妊をしなくてよいというのは間違いといえます。妊娠を望まない場合は、生理中も通常と同じように、しっかり避妊する必要があります。

生理中は避妊と関係なく性行為は避けたほうがよい

妊娠するかどうかに関わらず、生理中は性行為を避けるようにしましょう。なぜなら、生理中は、膣内がデリケートな状態にあるため、感染症になりやすいからです。また、血液が逆流する危険性もあります。場合によっては、子宮内膜症を誘発する恐れもあるのです。

このように生理中の性行為は、あまり良いとはいえません。自分の身体を労わるためにも、なるべく避けるようにしましょう。

他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に