camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月20日

パパ必見! 妻が「うれしい」と感じた育児中の夫の言動

提供元: マイナビニュース

子どもができた喜びの反面、何かと大変で、心配や不安になることも多い育児。夫にちょっとしたことを手伝ってもらったり、優しい言葉をかけてもらったりするだけでもうれしく感じるのではないだろうか。そこで今回は、マイナビニュース会員のうち子どもを持つ女性127人に「育児中、夫の言動でうれしかったことは? 」と質問してみた。

Q.育児中、夫の言動でうれしいと感じたことはありますか。

はい(78.7%)
いいえ(21.3%)

Q.「はい」と答えた方にお聞きします。育児中、夫の言動でうれしかったことを具体的に教えてください。

・「『いつもありがとう。こんなにかわいい子をうんでくれてありがとう』という言葉」(26歳女性/海運・鉄道・空輸・陸運/営業関連)
・「『ママは本当に大変だね』と、いつも協力してくれました」(46歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「『できることがあったら言って』と気遣ってくれた」(50歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「『ありがとね! 』と言ってケーキをくれた」(36歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「何も言わなくても、オムツを替えてくれたり、私がこれからしようとしていたことをしてくれたりした時です」(33歳女性30歳女性/ホテル・旅館/事務・企画・経営関連)
・「夜中の授乳に一緒に起きてくれたり、積極的にお世話してくれたりした」(28歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「『できることだけしてくれたらいい』って、ほとんどの家事をしてくれたこと」(30歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「仕事が忙しいにも関わらず、休日など子どもに密に関わってくれ、朝会社に行くとき、子どもが泣いて追いかけるくらいなついていたことがよかったです」(54歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「育休中に『毎日子どもと2人きりで話し相手もいなくてつらい』と愚痴ったら、会社から毎日電話をかけてくれた」(32歳女性/ソフトウェア・情報処理/その他・専業主婦等)
・「ねぎらいの意を込めてブレスレットをくれたこと」(30歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「やさしくしてくれてお金を稼いできてくれる」(28歳女性/農林・水産/営業関連)
・「常に体の配慮をしてくれるところ。電車で席をみつけてくれたり重い物を持ってくれたりしました」(35歳女性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
・「『子守をするから1人で外出しておいで』と言ってくれた」(55歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■総評
育児中の女性にとってうれしいのは、夫からの感謝やねぎらいの言葉だということが分かった。「いつもありがとう」「お疲れさま」といったさりげない一言でも、育児の疲れが吹き飛んでしまうくらいうれしく感じるもの。「毎日大変だね」といったねぎらいも喜ばれるようだが、女性は、夫が「自分の大変な状況を理解してくれている」と分かるだけでもうれしく感じるのかもしれない。他にも「家族がいてくれるだけで幸せ」といった愛情表現や、「たまにはゆっくりしよう」「とにかく体を一番に考えてくれ」といった気遣いの言葉も女性に喜ばれるようだった。

行動面においては「家事・育児の協力」という回答が多かった。おむつ替えや入浴の手伝い、食器洗いや風呂掃除など、家事・育児に積極的な夫に対し妻から感謝の言葉が寄せられた。なかには「自分が夜起きるから寝ていていいよ」と言い、夜泣きの面倒まで見てくれる優しい男性もいるようだ。慣れない育児で手一杯のときは、こうしたサポートが本当にありがたく感じることだろう。他にも、家族のために仕事を早く切り上げ帰ってきてくれたことや、子どもをかわいがってくれたこと、話を聞いてくれたことなどが挙がっていた。

育児中は、夫のちょっとした気遣いや愛情表現がとても大きな力になるもの。日本の男性は感謝の気持ちや愛情を表すのが苦手だと言われるが、恥ずかしがらず、日頃の感謝を言葉と行動で伝えるように努力したいものである。

調査時期: 2016年2月23日~2016年4月3日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性127名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に