camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月24日

産後うつの引き金となるものは? - 産婦人科医に聞いてみた

提供元: マイナビニュース

●共働き家庭ほど要注意!?

10人に1人の割合で発症し、2人目以降の出産で初めて自覚するケースもあるという「産後うつ」。産後うつの引き金となるのは、どんな要因なのだろうか。また「産後うつかも」と思った時、見極める方法にはどのようなものがあるのか。日本周産期メンタルヘルス研究会評議員で、産婦人科医として「広尾レディース」(東京都渋谷区)の院長も務める宗田聡先生に聞いた。

○体の変化だけじゃない、うつ発症の引き金

まずなぜ産後うつは起こるのか。「明確な理由はわかっていないのです」と宗田先生。考えられるのはまず身体の変化。妊娠、出産により、ホルモンバランスが変わり、分娩(ぶんべん)による身体的なダメージも大きい。

その上で外部的な影響、例えば産科的因子(未熟児の出産、帝王切開、子の先天性の病気の発覚)や環境因子(核家族化、親の高齢化、離職による収入減)などがあると、本人の気質や、性格とも複雑に絡み合って発症の引き金となるそうだ。

また社会全体で産休の制度が整い、出産ギリギリまで仕事をする女性も増えている。「これまで段取りよく仕事をしてきた人にとって、育児はそのパターンが一転する。予定通り物事が進まない。片づけても片づけても終わりが見えない。自由時間の消失。睡眠不足。これらのストレスが誘因となってうつを発症してしまう」と宗田先生は分析する。

出産前にこころの病気を患ったことがある女性は、産後に再発しやすいという面もあるという。女性の社会進出が進み、出産が高齢化してきたことで、出産までの間に仕事やプライベートでストレスにさらされる時間が長くなったとも言える。厚生労働省の調査によると、うつ病を含む「気分障害」を持つ患者は年々増加しており、患者数も女性のほうが男性より1.6倍も多いことがわかっている。

○産後うつは患者の行き場がない

産後うつについて、イギリスやアメリカでは早くから研究が進んでいたそうだが、日本でその実態は把握されてこなかった。2016年に入り、東京都が本格的に調査をしたところ、自殺で亡くなった妊産婦数が過去10年間で63人にのぼることが判明。その数は妊娠、出産時のトラブルによる死亡の約2倍にあたるという事実が公表された。母体や胎児に対する管理は徹底され、分娩(ぶんべん)が安全なものになってきたのに対し、妊産婦のこころのケアが後回しにされてきた実態が浮かび上がる。

「これまで産科は産後1カ月健診で母体に問題がないと、それ以降はお母さんを継続して診察するということはなかった。精神科は精神科でより重症な患者さんと比べて、産後のうつは軽いものと見がちだった。産後うつを発症しても、患者さんの行き場がなかった」。確かに産後は、乳飲み子を抱えてまで自分の不調で病院に行く母親は少ない。ましてや気分の浮き沈みに関わるようなことは、どこで診てもらうか迷うし、我慢してしまいがちだ。

「お母さんの自殺もショッキングだが、子どもへの虐待、ネグレクトも心配。産後うつのお母さんはやる気がなくなってしまうので、子どもが泣いても反応しない。それを繰り返していると母子の愛着形成がうまくできなくなる」と宗田先生は警鐘を鳴らす。一生懸命泣いても親から無視される状態が続くと、子どもが精神的に問題を抱えてしまうこともある。お母さんもまた、子どもがかわいくないのではなく、病気だからできないわけで、「自分が育てなければこの子はもっといい子に育つのに」と考える。親子で負のスパイラルが続いていく場合もあるという。

次ページでは、そんな「産後うつ」を発症していないか、自分でチェックする方法を紹介する。

●産後うつのセルフチェック方法は?
○産後うつだと感じたら

産後の自分の状態が少しでもおかしいと感じたら、声をあげることが必要だ。同居の家族が気づいてくれるのが一番いいが、核家族で自分以外の大人は帰りの遅い夫しかいないという状況ではそれも難しいだろう。そうした場合、EPDS(エジンバラ産後うつ病自己調査票)という自己チェックシートがあるので、それを活用するのもひとつの方法だという。質問に答えていくだけで、自分が今、メンタルに問題を抱えているのかどうかを判断できる。

産後うつはほとんどの場合、出産後1年以内に起こるため、産院での1カ月健診や、地域の保健所がチェックシートを活用する試みも始まっている。産後のうつは誰にでも起こり得るのだと知ることが、最悪の事態を避けることにもつながる。ぜひ、胸にとどめておいてほしい。

エジンバラ産後うつ病自己調査表

1.笑うことができたし、物事の面白い面も分かった
・いつもと同様にできた(0)
・あまりできなかった(1)
・明らかにできなかった(2)
・全くできなかった(3)

2.物事を楽しみにして待った
・いつもと同様にできた(0)
・あまりできなかった(1)
・明らかにできなかった(2)
・全くできなかった(3)

3.物事がうまくいかない時、自分を不必要に責めた
・はい、たいていそうだった(3)
・はい、時々そうだった(2)
・いいえ、あまり度々ではなかった(1)
・いいえ、全くなかった(0)

4.はっきりした理由もないのに不安になったり、心配したりした
・いいえ、そうではなかった(0)
・ほとんどそうではなかった(1)
・はい、時々あった(2)
・はい、しょっちゅうあった(3)

5.はっきりした理由もないのに恐怖に襲われた
・はい、しょっちゅうあった(3)
・はい、時々あった(2)
・いいえ、めったになかった(1)
・いいえ、全くなかった(0)

6.することがたくさんあって大変だった
・はい、たいてい処理できなかった(3)
・はい、いつものようにはうまく対処しなかった(2)
・いいえ、たいていうまく処理した(1)
・いいえ、普段どおりに対処した(0)

7.不幸せなので、眠りにくかった
・はい、ほとんどいつもそうだった(3)
・はい、時々そうだった(2)
・いいえ、あまりたびたびではなかった(1)
・いいえ、全くなかった(0)

8.悲しくなったり,惨めになった
・はい、たいていそうだった(3)
・はい、かなりしばしばそうだった(2)
・いいえ、あまりたびたびではなかった(1)
・いいえ、全くそうではなかった(0)

9.不幸せなので泣けてきた
・はい、たいていそうだった(3)
・はい、かなりしばしばそうだった(2)
・ほんの時々あった(1)
・いいえ、全くそうではなかった(0)

10.自分自身を傷つけるという考えが浮かんできた
・はい、かなりしばしばそうだった(3)
・時々そうだった(2)
・めったになかった(1)
・全くなかった(0)

該当する回答のカッコ内の数字を合計して9点以上(日本の場合)であると、産後うつの疑いがあると判断できる(出典『産後うつ病ガイドブック - EPDSを活用するために』: J.cox,J.Holden/著 岡野禎治、宗田聡/訳 南山堂)。

○宗田聡(そうだ さとし)先生プロフィール

筑波大学産婦人科講師を経て、アメリカ留学。留学時にMGH(マサチューセッツ州総合病院)のWomen’s Health部門の検討会に参加したことを機に、帰国後、女性のこころと身体を総合的にサポートする医療をこころざす。2012年より女性の健康をトータルにケアするクリニック、「広尾レディース」院長。著書に『産後ママの心と体をケアする本』『産後うつ病ガイドブック』『31歳からの子宮の教科書』等。
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に