camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月08日

妊娠すると血圧が上がるって本当なの? 産婦人科医に聞いてみた

提供元: マイナビニュース

妊娠すると、体にさまざまな変化が現れてきます。血圧の変化もその一つですが、妊娠すると血圧は上がってしまうものなのでしょうか。今回はEn女医会の産婦人科専門医・間瀬有里先生にお聞きしました。

ーーズバリ、妊娠すると血圧は上がるのですか?

いえ、妊娠するとむしろ下がることのほうが多いです。妊娠初期には、つわりで吐き気を催すことも多く、自然と水分不足になってしまいます。それが血圧の低下につながります。

妊娠中期から後期にかけては、骨盤のなかの血管が子宮の重みで圧迫されることで、やはり血圧が下がりがちになります。

○妊娠して血圧があがったら、それは病気

ーーでは、妊娠した後に血圧の上昇がみられたら、それは病気でしょうか?

かつては他の妊娠中の症状とあわせて妊娠中毒症と呼ばれていましたが、妊娠して血圧が上がるのは、妊娠高血圧症候群の可能性が高いです。

通常の妊娠で血圧が上がることはないはずなので、血圧の上昇がみられたら、病気ということになります。

ーー妊娠高血圧症候群になりやすいのはどんな人?

非常に若い段階での妊娠や、高齢での妊娠の場合、肥満がみられる場合、もともと高血圧症の場合や、甲状腺の機能障害、糖尿病などを持っている場合などは、妊娠高血圧症候群になりやすいです。

また、どちらかというと初めての妊娠の場合のほうが多く発症すると言われています。

ーーどんな症状が現れるのですか?

疲れやすくなったり、めまいがしたりします。妊娠の後期になってきて徐々に血圧が上がってくると、尿にタンパクが出ることもあります。さらに症状が悪化するとけいれんや胎盤早期剥離、脳出血の危険もあります。

ーー高血圧の症状がみられたら、まずどんな処置をするのですか?

まずは安静にして、食事療法で塩分のコントロールをします。外食をひかえ、野菜や魚中心のバランスのよい和食をおすすめしています。それでも改善がみられなかった場合は、降圧剤の治療をします。

薬による治療をしても症状が悪化していくようなら、最悪の場合は妊娠をあきらめて治療に専念しなければならない場合もなくはないです。高血圧というのは見過ごせない重大な病気なんですね。

○妊婦検診の意味

ーーということは、妊娠した場合、定期的に血圧をチェックする必要がありますね

その通りです。妊娠してからの定期健診は、母体の健康を見守るためにあるんです。妊娠すると普段出てこなかったものが現れてくることが多いので、それを主治医に見つけてもらい、健康な妊娠を続けるための方策を探すと良いですね。

ーー赤ちゃんが大きくなっているかどうかだけをチェックものではないのですね

そうです。母親、子ども、両方のために、必ず妊婦健診は定期的に受けるようにしてくださいね。

ーーありがとうございました!

■プロフィール
間瀬有里
2003年 日本医科大学卒業。150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加するEn女医会に所属している(En女医会とは、会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用し、医療分野での啓発活動を積極的に行っている団体)。
産婦人科専門医、指導医。医学博士。大学病院助教を経て、現在、東京ミッドタウンクリニック勤務。長年の大学病院勤務経験を生かし、現在は健診業務から一般外来診療まで幅広く対応している。二児の母としても、日々奮闘中。
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に