camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月31日

【忘れられない!】保育士さんに救われた&思い出に残るエピソード4選   

提供元: BRAVA(ブラーバ)

imasia_2513140_M
一日子どもを預かってくれるだけでありがたい存在の保育士さん。ママにとっては、成長をともに見守って喜んでくれる第2のお母さんと言っても過言ではないかもしれません。
そんな保育士さんとの忘れられないほっこりした出来事って、必ずあると思うんです。
今回はそんな「思い出に残る保育士さんとの出来事」をお送りします。

大好きな保育士さんのおかげで、子どもも私(!?)も泣かずに登園


imasia_15357104_M

1歳で入園した長男。1カ月経っても2カ月経っても毎朝号泣、私からベッタリ離れようとせず、保育士さんに渡そうとすると暴れる始末。でも、そんな息子を、保育士さん(若いのにしっかりしていて、息子も私も大好き)は毎朝笑顔で迎えてくれて、根気よく声をかけてくださいました。「心配ないですよ、時間がかかっても必ず慣れますよ」という優しい言葉に思わず私も泣いてしまったことも。
半年ほど経ったころ、泣かずに自分から教室に入ってくれた時は、思わず保育士さんの手を握って「やったね!!すごいすごい!」と喜んでしまいました。そのとき「成長しましたね~」と私の手をぎゅっと握り返してくれた保育士さんの手の温かさを今も忘れません!〔Sさん、子ども5歳、3歳〕

卒園児童の運動会を見に来てくれる


abaa7302a26b858ec25bed6d7908d99b_m

長男が年中・年長、長女が年長のときに担任だった保育士さん。普段から菩薩のような笑顔で、私は送り迎えのたびに癒されまくりでした。そしてその先生は、卒園した子たちの運動会やクラスの子どもの習い事の発表会など、ほぼ必ず見に来てくれるんです。運動会なんか一日がかりなのに、最初から終わりまで見ていてくれて、「○○ちゃん、足速かったね~!」と声をかけてくれる。

本当に子どもが大好きで、成長を一緒に喜んでくれているんだな、といつも感動していました。
子どもも、もちろん私もその先生が大好きで、卒園した今も「ちょっとだけ会って話したいな~」と、たまー土曜日に園庭を覗きに行ったりしています。土曜当番で会えたらラッキー!(笑)〔Tさん、子ども12歳、7歳〕

お迎えの数分間の会話が心を軽くしてくれた


imasia_15550564_M

年中くらいまで、怒るとモノを投げたり友達を叩いてしまうことがある子だったので、かなり心配でした。

お迎えのたびに「今日は少し怒って叩いてしまったけど、謝ることができたし、相手の子にもあとで理由を伝えられて、お互い納得したから大丈夫ですよ」と、常に「こうだったけど、大丈夫ですよ」という姿勢で話してくれた担任の保育士さん。

もちろん「あーまたやったか…」と落ち込みもしましたが、お迎え時に先生とほんの数分会話をするだけで、とても心が軽くなりましたね。
「今までいろいろな子を見てきた中で同じような子はたくさんいます。でもみんな言葉も達者になるし、ちゃんと情緒も成長する。必ず落ち着いていきますよ。どうか不安になりすぎないでください」という一言は、いつ思い出しても心が温かくなります。子どもといえば、今では私に冷静に突っ込む少年になりました(笑)〔Hさん、子ども10歳〕

私のことも叱ってくれた


pixta_8918595_M

歩けるようになったのが2歳になってから、言葉もなかなか出なかった次男。ついついほかの子と比べてしまってイライラしたり、保育士さんとの面談のたびに「まだこんなこともできない、あんなこともできない、子育てがぜんぜん楽しくない」とウジウジ悩みや後ろ向きなことばかり言っていました。
でもある日、いつもニコニコ温和な保育士さんが、珍しくビシッと一言厳しく言ってくれたんです。
「確かに、ママがほかの子と比べてしまう気持ちはよくわかります。でも、○くん(息子)は確実に成長していますよ。お友達にいい刺激をたくさん受けて、できることだってどんどん増えています。できないことじゃなくて、できたことに目を向けてあげてください! ママが成長を喜んであげなきゃ! 私たちも一生懸命お手伝いしますから」と。
その時は恥ずかしながら泣いてしまったのですが、その一言で、ゆっくりながらも少しずつ成長している息子をおおらかな気持ちで見守れるようになりました。今も少しのんびり君ですが、毎日元気に楽しく学校に通っています。
この先生の一言が、私の育児の座右の銘となっています。〔Mさん、子ども13歳、9歳〕

 

ママと保育士さんの「信頼関係」は、‟預ける″うえでも‟預かる″うえでもとても大切。
でも、それだけではないんですね。保育士さんの一生懸命な姿や温かい言葉に、ママのちょっと疲れてしまった心はかなり癒されていると思うんです。毎日預かってくれる、それだけではない思い出ができたり、卒園後もまた会いたくなるような関係が築けるってとても素敵なことだと思います!
みなさんの「思い出に残る保育士さんとの出来事」もぜひ聞かせてください!
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に