camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月02日

【相談窓口まとめ】望まない妊娠、乳幼児虐待を防ぐための支援がスタート

提供元: BRAVA(ブラーバ)

96334b10e47f50389f7c9c60dfe13196_m

産む、産まない、それとも産めない? 悩みの選択を迫られるのは女性


8月30日(火)の朝日新聞で、『あさ』というニュースが掲載されました。

このニュース記事によると、厚生労働省は2017年度から望まない妊娠をして悩んでいる妊婦に対しての支援事業を始めるとのこと。目的は、乳児の虐待死を防ぐため。

一体、どのような事業を行っていくかというと、産院をはじめとした医療機関や母子生活支援施設(貧困やDVなどで支援が必要な母子を受け入れる施設)などに児童福祉司や社会福祉士らを配置することで、未婚や貧困などで「産むか? どうしようか?」と悩んでいる妊婦をケアするというもの。

まずモデル事業として10の自治体で取り組んでいくとのこと。

また、記事によると、無理心中以外の虐待で亡くなった18歳未満の子どもは2003~2013年度で計582人。そのなかで、0歳児は、256人(44%)と半数近くなっています(厚労省調べ)。

その命を社会で守っていこうという取り組みです。

妊娠を継続して、出産した場合には、乳児院などの施設や生活保護の相談窓口に繋げたり、妊婦が「育てられない」と判断して希望した場合には児童相談所と連携して養子縁組に向けたりする支援も検討しているそうです。

妊娠・出産はいつだって不安なもの


e52e08805220b8807b39461c21a03f86_m

両親が揃っていても、妊娠したことが幸せでいっぱいであっても、特に始めての子の妊娠は不安でいっぱい。ホルモンバランスも普段とは異なるため、いつもなら悩まないことでもクヨクヨしてしまう……なんてコトもあるのが妊娠期です。

私が長男を妊娠出産したとき、結婚しておらず、仕事も途中で失い、いるのは頼りにならない借金まみれの彼氏だけ、という悲惨な状況でした。

あの人がいなかったら今の私は生きていなかったかも? と思うのは、区役所の福祉課担当の方でした。産もうと決めてはいたものの、「お金がない」「仕事をどうしたらいいのか分からない」「そもそも未婚で子どもを生んで、これから一人で育てていかなければならないということで不安で押しつぶされそう」という状態で、産む前に死んじゃったほうが楽かも? と思ったこともありました。

そういう気持ちを「不安だ」「恐い」と吐き出すだけでも、ずいぶんと心の持ちようは変わってきます

でも、こういう気持ちにさせられるのって、ほぼ女性だけなんですよね。ああ、ひどい話!

妊娠の理由には、風俗店などでの性行為やレイプなどによるものもあるでしょう。こんな時、相手の男性は、自分が行為をもった女性が妊娠したことすら知らない。もう、本当にひどい話です。

とはいえ、ひどいひどいと言っていても、妊娠はどんどん進んでいくし、つわりや胎動などで「ここで生きているぞ」とお腹のなかで主張するのが胎児です。

その主張と向かい合い、「中絶する?」「でも……」と葛藤するのは本当につらいこと。男からしてみたら、まだお腹も目立たないし、妊娠検査薬を見せられても、「それ、本当?」と実感が沸かないのではないかとも思います。

こういう相談所を作ると同時に、そんな妊娠させた男をガツーンと叱ったり、慰謝料を払うなどの社会的な制裁を加えたりするようなプチ刑務所的なところも作ってくれればいいのにと思ってしまいますよね。

さて、今でも「妊娠しちゃった。困ったな」と悩んでいる女性が相談できる場所はあります。

というわけで、まとめてみました!

※随時更新していきます。

<相談窓口>

〜クリニック〜

医療法人聖粒会 慈恵病院

24時間対応の電話相談、メール相談を行っています。

また、お母さんは匿名で、生まれたあかちゃんを預けることができる「こうのとりのゆりかご」もあります。

あんしん母と子の産婦人科連絡協議会

本部 医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック内

電話:048-522-5571(月~金 9時~17時)
メール:kibou@anshin-hahatoko.jp

〜自治体〜

妊娠相談ほっとライン(東京都福祉保険局)

電話番号

03-5339-1133

受付時間 月~土曜日 午前10時〜22時まで

※元日はお休み

メール相談フォーム 

 

川崎市 妊娠・出産SOS電話相談

044(819)4635 平日午後1時~4時

千葉県 妊娠に関する相談窓口

マタハラに関しては、千葉労働局雇用均等室(043-221-2307)へ

山梨県/妊娠中、出産後の相談を24時間365日お受けします

妊娠中〜出産後の体や心のこと、育児(3歳児程度まで)に関する悩みなどについて、24時間365日助産師が対応。お母さんだけでなく、家族の方も利用可能。

産前産後電話相談:055-269-8110(母110番)

妊娠SOSほっかいどう

にんしんSOS/大阪府

電話相談0725-51-7778

月〜金 10時〜16時(祝日はお休み)

メール相談フォーム

しずおか妊娠SOS

電話相談 055-941-5006(13時〜17時/水・土)

メール相談フォーム

〜NPO〜

月のこどもたち

電話相談 0120-783-449(365日24時間無料で相談可能)

〜その他 まとめサイトなど〜

全国の妊娠SOS相談窓口 〜ハッピーゆりかごプロジェクト〜

〜その他 助けになりそうなサイト〜

<性暴力被害窓口>

■性暴力救援ダイヤルNaNa(ナナ)

性暴力救援センター・東京(SARC東京)

03-5607-0799
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に