camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月07日

未就学児を持つ専業主婦【働きたい人】が87%!「子育てと仕事」うまくバランスとることって本当にできる? 

提供元: BRAVA(ブラーバ)

94a2d88c7e074a155e69b9a4584db126_m

働く? 働かない? 選択は2択ではないはず


働くママをメインユーザーとしているのがBRAVAです。今働いていても、これから働こうと思っている方も、「子どもがいる私が働くとき、どんなカタチがいいんだろう?」という疑問や悩は、きっと誰もがもっているのだと思うんです。

ワーキグマザー歴もまもなく17年になる私ですが、忙しくなると「ああ、子どももこと最近放っているなあ」「家がはちゃめちゃだ!」となり、「こんなに忙しいのは、家族にとってもよくないだろうし、働き方として何か間違っているのではないか?」と悩みます。

でも、暇だと、私の場合フリーランスですからもろに家計に影響します。「こんなにヒマだと、お金がやばい!」「仕事が入らないと不安だ」と悩み、「もっと働かなきゃ」と思うわけです。一生懸命働くとどんどんと忙しくなり「こんな忙しいと!」と上記へ戻る……っていう繰り返しを、延々と繰り返してきました。

学ばないなあと思うのですが、なかなか学べないものです。なぜなら、家族が生きていくためにはお金が必要だから。

きっと、パートのママは「正社員になればもっと収入が増えて、子ども達にいい教育を受けさせてあげられるのに……」と悩み、フルタイムのママは「パート勤務になれば、もっと子どもと向き合えるのに……」と悩むことがあるのではないでしょうか。

例えば、習い事をさせようと思ったけれど月謝の面で諦めたり、残業が続いたときに子どものメンタルが不安定になったりしたときに、「私の働き方、間違っているのかな?」と……。

恋愛シーンでは、「仕事と私、どっちが大事なの?」とよく言ったりしますが、ワーキングマザーは「仕事と家庭(子ども)、どっちが大事なの?」と常に迫られているわけですよね。子どもが産まれてからずっと。

そんなん、選べねーよ! と昭和の父よろしくちゃぶ台をひっくり返せればいいのですが、ちゃぶ台をひっくり返したからといって問題が解決されるわけではない……ってところがますます悩ましいです。

さて、静岡新聞より10月5日に「未就学児持つ主婦87%「働きたい」 静岡県が調査」というニュースが報じられました。10月4日までに、未就学児を持つ保護者(静岡県内)1129人を対象にした保育ニーズ調査の結果をまとめました。

その結果

  • 現在働いていない人……73%

  • そのうち今後働きたい人……87%



  • 子供を預けたい施設


幼稚園……60%

保育園……25%

認定こども園……10%

となっていました。

家族構成は、夫婦と子どもだけの核家族が83%。働くとしたら、どこかに預け、夫婦で協力していかないと家庭生活が成り立たない人たちといえるでしょう。

子どもがいる核家族が楽しく生きる方法が不足中!?


6a3e53d95efcc2127b75de1dbc469686_m

でも、この記事には、経済的な理由だけでなく、「専業主婦のままでいることが後ろめたい」ということなどを理由に挙げた人も多いそう。自分の時間がまったくとれないことや、手伝ってくれる人がいないために、子どもと自分だけで過ごす時間にストレスを抱えている人も少なくないとのことでした。

働きはじめれば、もちろん専業主婦でいることの後ろめたさもなくなるし、子どもを保育園などに預けることもできます。仕事の時間が新しくできることでリフレッシュにもなるでしょうし、保育園などに預かってもらうことで育児からも解放されます。

でも、新しい悩みも産まれるわけです。「ダンナが家事をやってくれない」とか「子どもが病気のとき、仕事はどうする?」とか。

悩みはつきないわけですが、こんなときに私がいつも思うことがあります。

両親と子どもだけで暮らし、経済的な責任も子育ての責任も何だったら介護までも同時に背負わなければならないという時代は、人間史上始めてなのではないかと思うんです。つまり、今は過渡期なんです。きっと。

「過渡期だからしゃーない」

過渡期ですから、不安定で大変なのがあたりまえ・・・そんなノリです。

だから、家事を手抜きして、仕事も多少不出来でも眼をつむって、時にはちょっとハメも外して……過渡期を生きる!(笑)。

どんな人生を送っても、100%理想どおりにはいかないものですが、自分らしい楽しさや幸せを得ていくことはきっとできるはず。

「核家族+共働き」という責任感マックスな感じを、「今っぽいじゃん」と無理矢理楽しんでみるとイイコトあるかも!?
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に