camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月02日

手が震えて家事が困難! 先輩ママの壮絶な「キッチンドリンカー」体験談

提供元: パピマミ

手が震えて家事が困難! 先輩ママの壮絶な「キッチンドリンカー」体験談 近頃専業主婦の間で『キッチンドリンカー』が増加していることをご存じですか?

キッチンドリンカー(キッチンドランカー)は、もともと主婦が料理に使うお酒を味見していくうちにアルコール依存症に陥ってしまう現象を指しますが、 現在では料理中に限らず家事の息抜きとしてお酒を飲んでしまう人のことも含まれます。

“お酒がないとろくに家事ができない状態の人”と言い換えることもできます。

なぜ世の専業主婦たちはキッチンドリンカーになってしまうのか、実際に経験したママたちの体験談を集めてみました。

●ママたちが“キッチンドリンカー”になってしまった理由3つ

●(1)育児のストレス

『子どもと一緒にいるとひと時も気が休まらないので、保育園に行かせている間にひたすらお酒を飲んでいました。はじめは“気晴らし”程度でしたが、気づくとお酒なしでは手が震えて家事もできない状態に。とくにお酒の抜けている朝は、子どもを見送る手が震えて止まりませんでした 』(32歳女性/5歳女児のママ)

子育てのストレスが原因でお酒に手を出してしまったという人はとても多いようです。たしかに子育ては精神的に大きな負担がかかるので、どこかで息抜きをしなければ潰れてしまいます。

しかし、お酒に逃げてしまったことでアルコール依存症になり、一人の時間が怖くなって逆に気が休まらなかったというケースも少なくないようです。

自分を送り出してくれるママの手が不自然に震えているのを、子どもはどんな気持ちで見ていたのでしょうか。アルコール依存症の怖さが分かるエピソードですね。

●(2)夫婦間の軋轢

『昔はラブラブで優しかった夫が、子どもが産まれたとたんに冷たくなったように感じました。「もしかして浮気してるのかな?」「私は家事も育児も大変なのに、優しい言葉一つもないの?」などと疑心暗鬼になり、気づいたら昼間っからお酒をあおる毎日。アル中になった私を見かねて、夫は家を出て行きました…』(41歳女性/12歳男児のシングルマザー)

夫婦関係の冷え込みも、キッチンドリンカーの引き金となることが多いようです。幼い子どもを持つ専業主婦は、育児や家事のためにほとんど外出できないため、夫だけが話相手という人も少なくありません。

そんな孤独な環境にも関わらず夫婦関係がこじれてしまうと、ストレスを発散する機会を失ってしまい お酒に逃げ込んでしまうようです。

●(3)無趣味

『キッチンドリンカーになる人ってストレスを抱えている人に多いって聞くけど、私は全然そんなことなかった。普通に毎日楽しくお酒を飲んでたらいつの間にか……って感じ。断酒するまでにものすごい苦労したので、何かお酒以外の趣味でも作っておけばよかった と激しく後悔しました』(25歳女性/3歳女児・5歳男児のママ)

ストレスが原因というわけではなく、他に趣味がなかったからお酒を飲んでいたらいつの間にか、という人も少なくありません。

女性は男性に比べてアルコール依存症に至るまでの期間が短いと言われているので、毎日のように飲んでいるとすぐに依存症状が出てしまうようです。

軽い気持ちでお酒に手を出してしまっているママは、十分に気をつける必要があります。

●キッチンドリンカーを克服する方法

キッチンドリンカーはアルコール依存症ですので、ちょっとやそっとの努力じゃ克服できません。

「休肝日を作ろう」「週に○回までペースを減らそう」といった方法は妥協しやすいのでオススメできません。アルコール依存症は非常に禁断症状が強く、自力で克服することはほぼ不可能に近いと考えた方がいいでしょう 。

また、アルコール依存症患者と共依存の関係になってしまう『イネイブラー』 の問題もあるため、家族に頼りすぎるのも危険です。

アルコール依存症は専門家のもとで治療するのが確実な方法です。まずはお医者さんに相談しましょう。

また、断酒に向けて治療している間に、自分がキッチンドリンカーに陥った原因を改善していくことも大切です。

育児ストレス、夫婦間の軋轢、無趣味など、それぞれの原因別に対策していきましょう。キッチンドリンカー克服には、心身ともにリハビリが必要なのです。

----------

いかがでしたか?

キッチンドリンカーは主婦なら誰でもかかる可能性があり、決して他人事ではありません。もし軽い気持ちでお酒を飲んでいる人がいるなら、今日からやめましょう。どうしてもお酒を飲みたいときは、家族の前で一緒に飲むようにしましょう。

すでにお酒がないと家事ができないレベルになっている人は、すみやかに専門家に指示を仰ぐようにしましょう。

キッチンドリンカーは家庭崩壊を招く原因になりかねません。しっかりと自分で飲酒量をコントロールするようにしたいですね。

●文章/パピマミ編集部
 
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に