camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月20日

成長のキッカケに最適! 子どもに習い事をさせてよかったこと6つ

提供元: パピマミ

成長のキッカケに最適! 子どもに習い事をさせてよかったこと6つ こんにちは。ママライターのamuです。

私の娘は、ピアノ、通信教育、ダンス、英語教室、図工教室に通っています。「大変そう!」と驚かれることもしばしば。確かに親子共々、大変なこともありました。

でも、5年以上続けてみて思うのは、 本当に習わせてよかった ということです。友達にも、たくさんの習い事をさせているママがいるので、習い事をさせてよかったと思うことを聞いてみました。

●子どもに習い事をさせてよかったこと6つ

●(1)度胸がつく

初めて教室に行った日、発言した日、大勢の前で発表した日、緊張したと思いますが、年齢が低ければ低いほど緊張は小さいようです。

『緊張は必ず慣れてくるもので、場数を踏むうちに緊張を楽しめるようになるみたい』(30代ママ)

うちの娘は度胸がついたおかげか、教室で手を上げて発言することが、家で私と話すのと同じ感覚 だそうです。

私が小学生のころなんて、教科書を読むだけで手や声が震えて心臓がバクバクだったのに……と驚きます。

●(2)自信がつく

習い事の教室で一番じゃなくても、たとえビリだとしても、やっていることは確実に身について上達しています。

『バレエをしているので、体が柔らかい。娘はそれを当たり前のことと思っていたようだけど、体育でみんなからすごい! と褒められてすごく喜んでいた。引っ込み思案だったのに、自信がついてバレエに行くのをもっと楽しみにするようになった』(40代ママ)

「できる」ということに気づいた瞬間、子どもは貪欲になりますよね。習字を習っている子は「字がうまいね」、学習塾に行っている子は「頭いいね」と褒められる機会は絶対にあります。

また、教室の先生という親以外の大人に褒められること は、子どもにとって印象深く、うれしいことのようです。

●(3)打たれ強くなる

こちらは、親以外の大人に叱られることによって、いい意味で怒られ慣れてきます。

怒られること=嫌なこと・恥ずかしいことではなく、励ましや自分を思ってのことだと受け止められるようになります。精神的に強くなるのを感じます。

『上の子は叱られ慣れていないから、先生に軽く注意されるだけですごく傷ついてしまうし、反発心も生まれるみたい。でも下の子は、ミニバスで鍛えられているから、先生の言葉の内容だけがストンと心に落ちてくるみたい』(40代ママ)

『社会に出ると理不尽に怒られることはよくある。そこで心が折れて辞めてしまう人は多いと思うし、ある程度注意され慣れといたほうがいい』(40代ママ)

うちの娘のダンスの先生もとても厳しく、キツい言葉も使いますが、一人ひとりをきちんと見てくれているのがわかるし、普段はとても明るくて楽しい先生なのでみんなの憧れです。

そういう素敵な大人に出会えること は、大きな財産だと思います。

●(4)礼儀が身につく

あいさつ、目を見て話を聞く、人が話しているときは話さない、時間を守る、敬語を使うなどの基本的な礼儀が自然と身につきます。

『当たり前にみんながしている。ふざけているのがかっこ悪くて、一生懸命やるのがかっこいいということを、野球を通して学んでくれた』(30代ママ)

特にあいさつは、普段していないととっさに出ない し、言い慣れていないと意外と勇気がいることです。

習い事で必ずあいさつするおかげで、うちの娘も学校の先生から「いつも気持ちいいあいさつしてくれるね」と言われて喜んでいました。

●(5)協調性が身につく

一人準備が遅いだけで、全員が待つことになったり、道具を一人占めすると誰かが何もできなくなったり。

うちの娘も家ではのんびり屋ですが、集団の中で過ごすことで、ずいぶんまわりが見えるようになりました。

『空気が読めるようになったのはたしか。今しなきゃいけない言動、優先順位、人の気持ち、いろいろなことに敏感になったと思う』(30代ママ)

環境が人を育ててくれる ということを、よく感じます。

特に、学年が違う子がいる習い事は、お姉さんを目標にしたり、小さい子に教えたりするなかで、今自分が何をすべきか考えられるようになる気がします。

●(6)達成感

発表会で完璧に踊りきったとき、サッカーでゴールを決めたとき、漢字検定に合格したとき、絵画コンクールで入賞したとき……。

頑張ったぶん、普段なかなか感じられない快感とうれしさを味わえる のもいいところ。ダンスの発表会では、よく感極まって涙する姿も見られます。

小さいころから、そんな涙を流すことができる子どもたちが、眩しくうらやましくなります。

----------

たとえその道で一流になれずとも、習い事を通して得るものは大きくて、そして何より、親の私も何度も感動で胸が震える体験をさせてもらいました。

ママ友の中には、習い事代のためにパートをし、片道1時間かけて送り迎えしている人もいます。

私も、放課後は友達と伸び伸びと遊んだほうが幸せなのかもしれないし、娘には申し訳ないかな? と思うこともありつつ、楽しいよという声に励まされ、送り迎えを続けています。

ただ一つ! 何度か辞めたいと言われた習い事は、努力が水の泡とか根性でやり抜けとか思ったとしても、スパっと辞めさせてあげることも大事なのかな。私はそう思っています。

●ライター/amu(ママライター)
 
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に