camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月26日

学力だけじゃない!? ゆとり教育で問題だったと思うことランキング

提供元: パピマミ

学力だけじゃない!? ゆとり教育で問題だったと思うことランキング 小中学校での教育内容が、いわゆる“ゆとり教育”として行われたのが2002〜2010年度。

この教育を受けた世代を広く“ゆとり世代”と呼びますが、いろいろな面で批判の対象とされることが多いのはみなさんもご存知の通りです。

学力だけにとどまらず、「ゆとりだから……」という言葉で人間性まで否定されかねないこの問題。

今回はパピマミ読者の皆さんに「ゆとり教育で問題だったと思うこと」 についてアンケートを実施しましたので、その結果を発表したいと思います。

同時に行った『ゆとり教育で評価できたところは?』というアンケートでは、「デメリットしかなかった」という回答が半数近くを占めたようですが、いったい何が問題と感じられているのでしょうか。

●ゆとり教育で問題だったと思うことは?

・1位:学力の低下……23%(23人)
・2位:競争意識の低下……19%(19人)
・3位:コミュニケーション能力の低下……16%(16人)
・4位:とくに問題はなかったと思う……13%(13人)
・5位:自主性の低下……11%(11人)
・同率6位:精神年齢の低下……10%(10人)
・同率6位:協調性の低下……10%(10人)

※有効回答者数:102人/集計期間:2016年6月20日〜2016年6月21日(パピマミ調べ)

●「学力の低下」がトップという結果に

『ゆとり教育中に行われた学習調査では、日本の順位が下がってましたよね。勉強なんてやったぶんだけ伸びるんだから、学習時間が減ればそういう結果になるのは当然のことでしょう』(40代パパ)

『思考力を鍛えるための学習を増やすといっても、それらしい成果があったとは思えませんね。大学受験なんかも結局は暗記勝負じゃないですか。遠回りしただけのように思えます』(30代ママ)

最も問題だったと感じられているのは、やはり学習面。

OECDが行っている生徒の学習到達度調査では、ゆとり教育中の日本の点数低下が顕著となり、教育の見直しに着手するきっかけともなりました。

知識を暗記する詰め込み型の教育から脱却するためのゆとり教育で、“総合的な学習”などの思考力を付けるための教育が推進されたものの、目に見える結果が出たとは言いづらい でしょう。

脱ゆとり教育を果たした現在の教科書は、当時より4割ほど分厚くなっていると言われています。

●次いで「競争意識の低下」がランクイン

『運動会の徒競走で、手をつないでゴールすることがあるなんて本当なんですかね? いくらみんな平等にって言ったって、さすがにそれはやりすぎだと思いますよ』(40代パパ)

『何でもかんでも優劣をつければいいってもんじゃないけど、競い合うことを良しとしない環境では、育たなくなるものもあるのかもしれませんね』(20代ママ)

実際にゆとり教育を受けた20代の人たちからも、競争意識の低下を招いたことに対する批判が聞かれました。

人と競い合うからこそ生まれる、「悔しい!」や「勝ちたい!」という強い気持ちは、ゆとり教育の中では育ちにくいと言えるかもしれません。

さらに、競争意識がないことから「覇気がない」と思われる ことも多いようですが、決して不真面目というわけではなく、自分のやるべきことを黙々とこなすことができる特徴を持ちます。

●コミュニケーション能力にまで影響

『話題が合わないっていうだけじゃなく、人と交流することを避けているような印象があります。四六時中スマホを見て、人と会話する楽しさを知らないんじゃないかと思いますね』(40代ママ)

『ゆとりってのは、勉強だけじゃなくて会話もできなくなっちゃったのかね。毎年新入社員が入ってくるけど、声は小さいし何言ってるのかわからない。会社の飲み会を断るやつなんて見たのは、最近になってからだよ』(50代パパ)

新入社員と上司が噛み合わない“ゆとりエピソード”を聞くことは、珍しいものではなくなりました。

プロセスを重視する教育を受けてきたことから、頑張ったことよりも結果が求められる仕事の場 では認められづらいこともあるようです。

この他、怒られ慣れていなかったり、積極性に乏しかったりすることで、対人関係が苦手だと感じさせてしまうこともあります。

仕事よりもプライベートを優先させ、会社の人間とは距離を保とう とするのもゆとり世代の特徴と言えます。

----------

いかがでしたか? 実際に、ゆとり世代と言われる人たちの上の世代からすると、信じられないような価値観を持った若者に遭遇することもあるかもしれません。

しかし、それは柔軟な思考によって生まれた新たな考え方というだけで、批判されることなのかは疑問でもあります。

お互いの違いを認め合い、それぞれの良さを高め合っていくような関係を築くことが最適と言えるのではないでしょうか。

【参考リンク】
・【アンケート結果(1位〜6位)】ゆとり教育で問題だったと思うことは?(http://papimami.jp/78928)

●文/パピマミ編集部
 
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に