camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月06日

最悪な二次災害を阻止! 夏の大掃除がもたらす目からウロコのメリット

提供元: パピマミ

最悪な二次災害を阻止! 夏の大掃除がもたらす目からウロコのメリット こんにちは、ママライターの木村華子です。

早いもので、2016年も後半戦に突入しました。昨年末に頑張った大掃除の成果がボチボチと薄れはじめ、毎日のお掃除で手が行き届きにくい場所には、目を背けたくなるような汚れが発生しているお宅も少なくはないはず……。

「あと半年我慢すれば、また大掃除するんだから!」と、その汚れから逃避している皆さんへ! そもそも大掃除は冬にしなければいけないという決まりなんてありません。

むしろ、暖かい季節こそ、気合の入った大掃除にベストなタイミングである と言っても過言ではないでしょう。

今回は、夏に行う大掃除のメリットについてご紹介します。

●夏に大掃除をした方々が実感したメリット

高圧洗浄機やスチームクリーナーでおなじみの『ケルヒャージャパン株式会社』は、2015年7月、全国の男女500人を対象に行った「ケルヒャー『夏の大掃除』アンケート調査」の結果を公開しました。

その内容によると、「これまで、夏の大掃除をしたことがある」という質問に「Yes」と答えたのはわずか3割未満(29%)。

圧倒的に少数派である“夏の大掃除派”ですが、彼らが感じたメリットには主婦として目を見張るものが多々ありました。

【夏の大掃除に感じたメリット(ケルヒャージャパンの調査結果より)】
・「水を使った掃除が快適」
・「洗濯物が乾きやすい」
・「年末に行う大掃除の負担を軽減させられる」
・「気温が高いので、油ヨゴレが落としやすい」
・「梅雨時期に発生したカビ汚れをオフできる」
・「ダニの繁殖を防ぐことができる」
・「汗をかくので健康的」
・「夏休みシーズンに行えば、子どもたちも参加できる」

このように、夏の大掃除にはメリットがたくさん! むしろ、冬に無理をする必要性があるのか!? というほど大掃除向きのシーズンであることが伺えます。

●夏のヨゴレは、二次災害を招きやすい……!

夏に大掃除を行う意義についてもう少し踏み込んで考えてみましょう。

夏に発生するヨゴレは、「見た目が美しくない」だけでは済まされないさまざまな二次災害をもたらします。

したがって、大掃除で防ぐことのできる夏のトラブルがいくつか存在するということ。

これまで「これだから、夏って嫌いなの!」と感じていた季節のデメリットは、大掃除をすることで解決するかもしれません。

●(1)ゴキブリの発生

暖かい季節に私たちを脅かすのは、モンスター“ゴキブリ”。彼らは「有機物なら何でも食べる」と言われています。

キッチンの床に落ちた食べ物のカケラはもちろん、寝室に抜け落ちた髪の毛や、ゴミ箱に収まらなかったティッシュペーパー、埃、などなど……。

掃除を怠っているうちに溜まるヨゴレは、まさにゴキブリのレストラン状態。夏のヨゴレは、自宅にゴキブリを招くためのご馳走 になってしまうのです。

地域によっては、そのゴキブリを餌にムカデが出現してしまう恐れも……。

お家の中に恐ろしい生態系が生まれてしまうきっかけには、掃除をサボった人間のズボラさがあると言えるでしょう。

●(2)カビの増殖

湿気の多い日本の夏。梅雨シーズンを迎えると、カビの発生に悩まされるお宅も少なくはないでしょう。

カビ発生でおなじみのお風呂はもちろん、洗濯機の中や家具の裏、壁紙、押入れの奥などなど、実にさまざまな場所に発生しうるトラブルです。

中には、日々のお掃除だけでは対処しきれない場所であることも珍しくありません。

カビは見た目の汚さに加え、夏に発生しがちなお部屋のイヤな匂い にもつながります。

●(3)エアコン代UP

夏の悩みと言えば、気温に比例するように増加していくエアコン代! 毎月の請求書を見ては、「早く秋にならないかな……」とため息をついてしまう方も少なくはないはずです。

エアコンにたまったヨゴレは、エアコンの効率を下げ、電気代アップ につながります。

「そんなこと知ってるよ!」という方は多いでしょうが、「知ってるけど、今年はまだ掃除してないな……」というお宅も多いのではないでしょうか?

その怠けが、この夏もお財布を猛攻撃してくることになるかもしれません。

●メリットしかない夏の大掃除で、去年よりもストレスフリーな夏休みを!

夏の大掃除はメリットだらけ! 毎年夏恒例の悩みの種となっていたトラブルも、大掃除をすることによって解決が望めるかもしれませんね。

さらに、夏は冬よりも、うんと日が長いシーズンです。年末の大掃除以上にたっぷりと時間をかけて、念入りな掃除ができることは間違いありません。

ピカピカなお家で、いつもよりもストレスのない快適な夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?

【参考リンク】
・ケルヒャー『夏の大掃除』アンケート調査 | ケルヒャー ジャパン株式会社(PDF)
(https://s3.kaercher-media.com/asset/7672/1438656645/news_oosouji_summer_20150803.pdf)

●ライター/木村華子(ママライター)
 
他の記事を読む

生活の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に