camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月09日

パニックになる前に! 急な病気やケガにも落ち着いて対処する方法6つ

提供元: パピマミ

パニックになる前に! 急な病気やケガにも落ち着いて対処する方法6つ こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

突然の発熱やケガは、病院が開いている昼間の時間帯でもハラハラドキドキしてしまうのに、それが夜中に起きてしまったらパニックになって当たり前かもしれません。

病気にもケガにも休みはありません。24時間、いつでも突然やってきます。

いざというときに慌てず対応できるように、いくつかのヒントをリストアップしてご紹介します。

●突然の病気やケガへの対処法6つ

●(1)緊急性の判断目安“呼吸の有無”“意識の有無”“出血量”

確かに医者は必要だけど、朝まで待てそうなときもあれば「今すぐ!」のときもあります。

その目安となるのが、“呼吸の有無”“意識の有無”“出血量”です。

息をしていない、意識がない、呼びかけに反応しない、大量の出血がある、出血が止まらないといった症状の場合には、迷うことなく119へ電話をして救急車を呼びましょう。

これ以外にも、高熱や嘔吐が続く、痙攣を繰り返す なども目安となります。

●(2)時間と症状をメモ

(1)の緊急には当てはまらず、朝まで様子を見てみようと思える落ち着いた状態だったとしても、容体についてのメモ を残しておくことが後になって役立つことがあります。

「何時にどんな症状があったのか?」「その症状がどれくらい続いたのか?」「どのくらいの頻度なのか?」といったことは、医師の診察で必ず聞かれます。

またこれは、朝までの長い時間、患者の容体の変化を見極めるためにも有効です。

●(3)対応可能な病院検索

救急車を呼ぶほどではなさそうだと判断した場合でも、緊急で連れていくことのできる病院を探しておくと安心です。

また、朝を迎えても翌日が休日であれば、受け入れてくれる病院が限られます。

常に24時間体制の救急病院もあります。また、地域ごとに夜間や休日には当番病院が決まっています。

これらは地方自治体発行の広報誌 にリストアップされているほか、ホームページなどでも検索できます。

●(4)保険証などの準備

いつ、救急車を呼んだり緊急で病院へと連れていったりすることになっても困らないように、保険証と診察券、財布、鍵、タオルなどを用意しておきましょう。

また、可能ならば外出できる服装かつ診察を受けやすい服装に着替えておくといいでしょう。

これらは必須ではありませんが、用意してあるとスムーズに受付してもらえます。

また、こういった事務的な作業をすることで、自分の気持ちを落ち着ける効果 も期待できます。

●(5)主治医や病院に問い合わせる

病気やケガの症状はさまざまです。自分ではどうにも判断ができないときには、専門家に相談する のが一番です。

夜中の場合でも、懇意にしている主治医や知人の医師がいるなら思い切って電話してみましょう。

また、大きな病院などが設置している相談窓口や消防庁の救急相談センターへ電話してみるのも一案です。

県や市などでは、24時間体制の窓口を設けているところがほとんどです。119番に通報する前に電話相談を受けられます。

このときにも、先に用意しておいたメモが役に立ちます。

●(6)『#7119』へコール

消防庁でも、限られた救急車と救急救命士を有効に活用するため、119で救急車を呼ぶ前に相談できる窓口を設置しています。

全国区では『#7119』 が知られています。「救急車を呼んだほうがいいのか分からない」「病院へ行くべき?」 といったときに相談に乗ってくれます。

電話の向こうでは医療チームが24時間体制で待機していて安心。いざとなったら駆け込める病院の案内もしてくれます。

専門家に電話で相談することによって得られる安心感は、突発的な病気やケガに慌てる心を鎮めてくれるでしょう。

●まとめとして

病気やケガをするのが、自分なのか家族なのか、大人なのか子どもなのかでも対応が違ってきます。

自分の場合には、その後意識を失ったり急激な変化を起こしたりする可能性を考えて、同居する大人を起こしたり、友人などに電話連絡をしたりしておくべきでしょう。

また、子どもの場合は大人よりも急変を起こしやすいので、目を離せません。

突発的な病気やケガは、いくら肝の据わった人であっても慌ててしまうものです。

でも、あらかじめ“緊急時のTo Doリスト” を作ってあれば、少しは平静を保てるはず。

ご紹介した内容に加えて、家族や友人などの緊急連絡先を書き添えて手帳や家のどこかにリストを作っておけば安心です。

【参考リンク】
・救急相談センター | 東京消防庁(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm)

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)
 
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に