camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月20日

友情にヒビが!? 独身の女友達に結婚・妊娠を報告した結果エピソード7選

提供元: パピマミ

友情にヒビが!? 独身の女友達に結婚・妊娠を報告した結果エピソード7選 女性はコミュニケーションにおいても、人付き合いにおいても、“共感”を大切にする人が多いもの。

そのため、女性同士の関係というのは、同じような環境にいるうちは良いものの、置かれた環境や状況が変わった瞬間に音を立てて崩れていくことがあります。

たとえば、女子会。独身の女性だけで集まっているうちは大いに盛り上がるのですが、そこに結婚した人が加わればどうでしょう? それまでの空気が変わるのではないでしょうか。

なんとなくよそよそしくなったり、皮肉が飛び出して場の雰囲気が悪くなったり……そんなことも少なくないでしょう。

特に、女性にとって結婚や妊娠はとてもデリケートな問題。過敏に反応してしまう人がいることは否めません。

そうした事情もあり、独身の女友達に結婚や妊娠の報告をしたとき、友情にヒビが入ってしまったという人も。

そこで今回は、独身の女友達に結婚や妊娠の報告をした結果、友情にヒビが入ってしまったという人のエピソードについて、コメントをご紹介します。

●独身の女友達に結婚または妊娠を報告した結果、どうなりましたか?

●喜んでくれたけど疎遠になった

『大学時代からの親友に、「結婚するんだ」って話したときにはすごく喜んでくれたけど、なぜだかその後、疎遠になりました。社会人になってからも月に2、3回は会っていたのに、誘っても「用事がある」とか「忙しいだろうから今度にしよう」とか言われたりして、だんだんフェードアウト。結婚式も参加してくれませんでした。ショックでしたね〜』(32歳女性/友達:32歳独身・年下の彼氏あり)

『私はできちゃった婚だったんで、結婚と妊娠の報告が一緒になっちゃったんですが、友達はみんな喜んでくれました。でも、特に仲が良かった子がいつも幹事をしていた女子会に呼ばれなくなって、だんだん疎遠になっていきました』(27歳女性/友達:28歳・彼氏なし)

『妊娠を伝えたとき、みんな喜んでくれたし、お祝いもしてくれましたよ! ただ、やっぱりだんだん話が合わなくなってきて。どちらからともなく、自然に疎遠になっちゃいましたね』(26歳女性/友達:年齢・彼氏の有無共にさまざま)

●縁が切れた

『学生時代の仲間の中でも特に仲が良い子がいて、その子とは社会人になってからも頻繁に連絡を取り合ったり、たまに集まったりしてたんです。でも、メールで結婚の報告をしたらスルーされて……。その後に全然関係ないメールを送ったり「会おうよ」ってメールを送ったりもしたんですが、スルー。完全に縁が切れました』(29歳女性/友達:29歳・彼氏なし)

『もともとたまにしか連絡を取っていなかった友達ではあるんですが、「結婚したよ」ってLINEしたときは既読スルー。おかしいなって思ったけど、以来、全然連絡が来なくなりました。私からもしませんよ。なんか嫌な感じだし』(30歳女性/友達:30歳・年上の彼氏あり)

●嫌味を言われた

『デキ婚だったんで、「順番が逆になっちゃったけど〜」って笑いながら結婚・妊娠を伝えたら、「そんな計画性のない男で大丈夫なの?」って嫌味を言われました。第一声がそれって、ひどくないですか? それ以来、その友達とは会ってません』(25歳女性/友達:29歳・年上の彼氏あり)

『彼氏がなかなか結婚してくれないって状況が同じだった友達に、「結婚が決まったよ〜」と電話で連絡したところ、「えー! 年収低いのに大丈夫? やっていけるの? 苦労するよ? 一生働かなきゃじゃん」と言われました。そのときは笑って「大丈夫だよ〜」と返しましたが、後になってなんだかモヤモヤ。今は腹立たしいです』(33歳女性/友達:35歳・同い年の彼氏あり)

----------

さて、いかがだったでしょうか?

個人的には、疎遠になったり縁が切れたりすることは仕方ないにしても、嫌味を言うのだけはどうかなと思いますね……。

「祝福してほしい」「喜んでほしい」というのはエゴなのかもしれませんが、やはり大人の対応としては、社交辞令でもまずは「おめでとう」の一言があってもいいのではないかと思います。

「女の友情は薄っぺらい」とはよく聞きますが、環境や状況に応じた友達を作っていけるのも女性の才能のひとつ。

ヒビが入ってしまった友情にモヤモヤしているよりも、新しい友達を作ればいいや、くらいの気持ちの強さが女性には必要なのかもしれません。

●文/パピマミ編集部
●モデル/ゆみ、SAYA
 
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に