camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月25日

小姑も結構ウザい!? 義実家への帰省でママが経験した地獄エピソード4つ

提供元: パピマミ

小姑も結構ウザい!? 義実家への帰省でママが経験した地獄エピソード4つ “義実家に帰省中! 実況&グチ”。帰省シーズンになると必ず、そんなタイトルのトピックがたくさんSNS上に現れるのをご存じですか?

今まさに義実家にいてツライ思いをしているという主婦たちが、思いのたけをぶちまける場になっています。

多くの主婦にとって義実家への帰省は悩みのタネ。皆さんいったいどのような経験をしているのでしょうか。

今回は街の奥さまたちに「義実家への帰省、ズバリどんな地獄?」とインタビューしてみました。

●(1)何もしない! 会話すらしない! “ヒマ地獄”

『盆暮れに4泊程度ずつしますが、とにかくヒマすぎて苦痛です。到着するなり夫は自分の部屋でゴロ寝。おしゃべりしようにも、義両親は無口なタイプで会話が一切つづかない。こちらがいくら話しかけたところで「へぇ、そうなの」だけです。

あまりにもヒマなのでなにか手伝おうとしても「まあ、ゆっくりしてて」と断られる。静まり返った家で何もせず、ただひたすらテレビを眺めているだけの帰省。地獄ですよ』(30代女性/結婚歴10年)

「ゆっくりしてて」と言わたって、心からくつろげるわけはありません 。気を遣いながらじっとしていなければならない……まるで修行中のお坊さんのよう。これは苦痛ですね。

●(2)ハウスダストでアレルギーになった!? “汚部屋地獄”

衛生観念のギャップに耐えられない、という声も多数ありました。

『義実家はいわゆる汚部屋。空気中には大量の猫の毛が飛び散ってるし、部屋のあちこちが猫の毛玉だらけ。布団に入ればカビ臭いし、謎の虫がたくさん飛んでいる始末です。先日3歳の娘をつれて仕方なく帰省したんですけど、一歩入ったとたん娘の様子に異変が!

目の周りが真っ赤にただれ、咳とクシャミが止まらなくなってしまったんです。そのうち喘息みたいになってきたので、慌てて小児科救急につれていきました。ハウスダストが原因でアナフィラキシーショックみたいになってしまっていた そうです』(20代女性/結婚歴3年)

すぐに治療に入れたので事なきを得たのでしょうが、もし異変に気づかず放置していたとしたら……ゾッとしますね。

●(3)余計なお世話! “小姑地獄”

最後に紹介するのはこちらの地獄。小姑という存在は、奥さまたちにとっては目の上のたんこぶになりがちのようです。

『夫の姉が本当に面倒くさいです。未婚でまだ実家に住んでるくせに、子育てに関してなぜか上から目線 なんですよね。以前イヤイヤ期の子どもに手を焼いていたら「頭ごなしに言い過ぎ。もっと子どもの言いぶんをよく聞いて、受容してあげないと。ほら、余裕ない顔してる!」って手鏡をグッと突きつけてきたんです。あのときはハラワタが煮えくり返りましたね』(30代女性/結婚歴12年)

『夫には年の離れた妹がいるんですけど、この子が毎回うちの子をオモチャにしてくる 。勝手に抱っこしようとして頭から落としそうになったり、チューブのワサビを鼻先に近づけて嗅がそうとしたり、メチャクチャです。

夫は「いや〜、アイツなりにかわいがってるってことだから、そんなに目くじら立てるなよ」って妹ちゃんの肩を持ってばかりだし。義両親がうるさいからシーズンには帰省するようにしてますが、いつもヒヤヒヤものです』(20代女性/結婚歴4年)

ご主人にとっては大切な姉や妹。できるだけ波風を立てず、うまく付き合っていきたいものですが……なかなかそうもいかないのですね。

----------

いかがでしたか? 今回のインタビューでは実にさまざまな地獄エピソードが聞かれました。

他人が聞いたら笑ってしまうような内容でも、当の本人にとっては深刻なものばかり。

しかしそれでも、帰省シーズンは毎年訪れます。今年も頑張れ、負けるな、奥さまたち!

●文/パピマミ編集部
 
他の記事を読む

家族の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に