camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年08月31日

見当チガイの制度? 私立小中学校の授業料援助に対する意識調査

提供元: パピマミ

見当チガイの制度? 私立小中学校の授業料援助に対する意識調査 “私立小中学校に通う子ども”と聞くと、裕福な家庭で育ち、教育熱心な親の元で受験を勝ち抜いた子どもというイメージがありますよね。

そんな家庭に対し、授業料の補助として年間最大14万円を支給する制度を作ろうと、文部科学省が検討を始めています。

対象となるのは年収590万円未満の世帯ということで収入制限があるようですが、お金のかかることが分かっている私立を自ら選んだ世帯を、わざわざ援助する必要があるのか賛否あるようです。

そこで、パピマミ読者のみなさまに「私立小中学校の授業料を国が補助することについてどう思いますか?」 というアンケートを実施しましたので、その結果を見てみたいと思います!

●私立小中学校の授業料を国が補助することについてどう思いますか?

・1位:公立の給食費無料化、大学生の奨学金など、他の援助が先決……39%(47人)
・2位:私立はお金がかかると分かって行かせているから補助する必要はない……29%(35人)
・3位:補助金があれば私立も進学先として検討したい……13%(16人)
・4位:14万円では足りない……8%(10人)
・5位:いじめなどで私立に行くしかない子どもの助けになる……6%(7人)
・6位:公立の授業料を無償にしているからそれで十分……3%(4人)
・7位:何の効果もない……2%(3人)

※有効回答者数:122人/集計期間:2016年8月29日〜2016年8月30日(パピマミ調べ)

●他の教育支援が先という意見が多数

『援助とは一番ほど遠いところにいる人たちでしょ! 他にやらなきゃいけないことがあるんじゃない?』(40代女性/主婦)

『うちの娘は奨学金を借りて大学に通っているんだけど、そういった負担を軽減させる方が先決だと思いますよ』(50代男性/自営業)

教育に対する支援は必要不可欠ではあるものの、どこにお金を使うのが正しいのかは判断がわかれるところ。

とはいえ、私立に通わせる余裕がある家庭を支援するのは後回し と感じる人が多いようで、批判の声が多く聞かれました。

公立小中学校の授業料は無償化されていますが、これ以外にも教材費や給食費などお金がかかる項目は多々あり、それらの無償化を望む声も多くあります。

また、大学への進学率が高まってきたことから奨学金への支援 も急務と言えるでしょう。

早ければ2017年度から実施されるということですが、反発が大きくなることが予想されます。

●私立に通わせる家庭にそもそも援助は不要という声も

『自分で金のかかるところを選んでるのに支援するって意味がわからない。単なるおこづかいでしょ。きついなら公立に行けばいい』(30代女性/パート)

『もし私立に子どもを通わせて「家計が苦しい」って言ってる人がいたら、それはただ考えが甘かったということだと思いますよ』(40代男性/営業)

平均で年間160万円ほど用意する必要があるとも言われる私立小中学校。

受験するだけでも数万円が必要になるなど、出費は間違いなく多い と言えるでしょう。

そんな学校を選んだ時点で、出費については分かっていたことであり、それに対し援助するのは納得がいかないということのようです。

公立という選択肢がありながらあえて私立を選択した家庭を援助するのは、確かに違和感がある部分ではあります。

●補助金があれば私立も検討するという人は1割

『家計的には公立に行ってくれるのがありがたいけど、環境のことを考えると私立がいいと思います。補助金があれば選択肢に入れたいですね』(30代男性/アパレル)

『いじめの問題で公立に通えない子もいると聞くし、私立へ行ける可能性を上げるものであれば良いと思います』(20代女性/大学生)

教育環境や生徒同士の問題など、私立のメリットが大きいのも事実。できれば私立に通わせたい と思う親は少なくないはずです。

また、授業料だけで言うと私立小学校の授業料は年間で平均43万円、私立中学校41万円と、14万円の援助が有効なようにも思えます。

しかし、私立ではこの他にも入学金や寄付金などさまざまな名目で出費を強いられるのです。

現時点で私立への進学が困難という世帯が、14万円の支援を受けたからといって安定した家計を築けるかは疑問といえるのではないでしょうか。

----------

いかがでしたか?

「何の効果もない」とした人はわずかにとどまりましたが、それでも何かしらの不満を感じる人が圧倒的に多いという結果になりました。

国民から集めた税金が使われることを考えると、安易に受け入れられることではないのかもしれません。

生徒を集められない私立の入学者数を増やすための制度ではないか という見方もあり、世間の理解を得られているとは言いがたい様子。

このままの案で実施されるのが正しいことなのか、疑問が残ると言わざるを得ないでしょう。

【参考リンク】
・【アンケート結果(1位〜7位)】私立小中学校の授業料を国が補助することについてどう思いますか?(http://papimami.jp/84397)

●文/パピマミ編集部  
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に