camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年10月10日

流産も考慮して! 周囲へ“妊娠報告”するときのベストなタイミング

提供元: パピマミ

流産も考慮して! 周囲へ“妊娠報告”するときのベストなタイミング 【ママからのご相談】
先日、妊娠が分かったばかりの初産婦です。じつは夫や家族にどのように報告しようか決めかねていて、まだ妊娠のことを言えずにいます。

せっかくなら最高に喜んでもらえる報告の仕方を考えているのですが……。

また、私はパートで働いているので職場にも報告しなければなりません。こちらもどのタイミングで報告すべきなのか分かりません。

やはり早いうちに余裕をもって報告しておいた方がいいのでしょうか。

●A. ご家族には早めに、職場は状況に応じてタイミングを見極めましょう

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

まずは妊娠おめでとうございます。妊娠の喜びはすぐにでも周囲に伝えたいものですが、時と場合によっては予想外の反応を取られることもあります。そのため、妊娠報告というのは少し慎重に行う必要があります。

今回は、妊娠報告のベストなタイミングについて、先輩ママに伺ってきました!

●旦那様への妊娠報告

『「ねえねえ! 妊娠したみたい!」と、妊娠検査薬を見せて言いました。「まさか、何かの間違いじゃ」と言われたので、病院に連れていきエコーを見せてやっと信じてくれました』(20代/女児のママ)

『妊娠検査薬をキレイにラッピングしてサプライズで渡したのに、反応が薄くてショックを受けました 。産まれてからはすごくかわいがってくれてますが、妊娠中はとても不安でしたね』(30代/男児のママ)

『不妊治療を5年した末の妊娠でした。わたしたちの場合は散々治療したのに結局自然妊娠。先生に体温表を見せると妊娠してるんじゃ? と言われ「まさか!?」と検査してみると、すでに6週目でその日に赤ちゃんも確認できました。

5年一緒に赤ちゃんを待ってくれていた主人へは「ありがとう」と文字入れをした小さなケーキを作って、もらったエコー写真と共に渡しました 。2人で泣きながらケーキを食べてよろこびました』(30代/男児ママ)

●両家両親、友人への妊娠報告

『自分の母親には夫と同時に、妊娠検査薬で陽性反応が出た時点でメールで伝えました 。夫の両親には念のため赤ちゃんの心拍が確認できてから。仲の良い友人は心拍が確認できしだい、直接会って伝えたりLINEで報告したりしました』(30代/男児のママ)

『結婚する前に妊娠が発覚したので、両親に報告するタイミングは本当に気を使いました。赤ちゃんの心拍が確認できてからまず母に伝え 、軽く父に話してもらってから彼氏と共に正式に妊娠を報告。その後彼の両親にも報告しました。

友人にも一人ひとりタイミングを見て報告しましたが、妊活していてなかなか妊娠できない友人には報告すべきか本当に悩みました。結局悩んでる間に人づてに妊娠したことを知ったらしく、あちらからおめでとう、とメッセージをもらいました』(30代/男児のママ)

●職場への妊娠報告

『つわりで妊娠に気付き、病院へ行くと胎嚢のみ確認できました。直属の上司に先に報告し、産休をいただく予定だったのでいち早く出産予定日を伝えました。

同僚には安定期に入って少しずつおなかがふくらみ始めたころに報告。さすがに気づいていた人の方が多かったので、もう少し早く報告していれば良かったかな? と思いました。

しかし、友人は仕事への影響を考慮して早めに同僚にも伝えたところ、残念ながら流産してしまった ので、周囲に伝えるタイミングは難しいですね。妊娠していると報告したところで考慮してもらえないこともあり、逆に自分がストレスに感じることもありますね』(20代/男児のママ)

『先輩で不妊治療をしている人がいたのでその人への報告をどうするか悩んだまま、退職の日まできてしまいました。退職するあいさつの際「気を使わず、言ってくれればよかったのに。おめでとう! 妊娠菌分けてね!」と手紙をもらい、号泣しました』(30代/女児のママ)

●妊娠報告のタイミングのとり方はママ次第

いかがでしたか?

旦那様は、妊娠初期の段階ではまだまだ実感が湧かないので、反応が薄いこともあるようです。

赤ちゃんが産まれて「パパ」と呼ばれれば誰でも父親としての自覚が芽生えますので、妊娠報告で反応が薄くとも心配することはありません。

ただ、あんまり凝ってステキな演出をしても、反応が薄いと余計気になってしまうかも。

友人や職場の人に報告する場合は、流産の可能性や不妊治療をしている人の立場を考え、慎み深い態度で接するように心がけましょう。

大切なのは、ママ自身が妊娠を喜び、幸せだと感じていること。そのことさえ忘れなければ、きっとママにとっても周囲にとっても良い妊娠報告になるはずです。

●ライター/ましゅまま(ママライター)
●モデル/前田彩(桃花ちゃん)  
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に