camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年04月26日

3千円は多いカモ!? 子どもに与える「おこづかい」の正しい考え方

提供元: パピマミ

3千円は多いカモ!? 子どもに与える「おこづかい」の正しい考え方 こんにちは。ファイナンシャルプランナーのyossyです。

皆さんの家庭では、子どもにまつわるお金、どれくらいかかっていますか? 食費や衣服費、学費などは最低限必要な費用なので別としましょう。

子どもの要望に合わせておもちゃやお菓子、 ゲーム機・ゲームソフト等を買ってしまうと、積もり積もってかなりの出費になってしまいますよね……。

子どもが「ごねれば買ってもらえる」と学んでしまっているケースもあり、対応に手を焼いているという家庭 もあるのではないでしょうか。

そのような場合、思い切ってお小遣い制を導入して子どもに任せてみるのも手です。

●親が購入したくないものは、一定金額内で子どもに任せる

親が納得できる範囲で金額を決めてお小遣いを渡すようにすれば、不本意な出費を抑えることができます。

「これ買ってー!」と子どもに言われても、「それはお小遣いで買ってね」と言ってしまえば渡したお小遣い以上の出費をすることはありません。

小学生以降、子どもによっては幼稚園の年長以降であれば、ある程度自分の意思で「購入する・しない」を決めることもできる でしょう。

もちろん、大人だって衝動的に買い物をしてしまうことがあるのです。

子どもが自分で判断すれば、結果的に欲しいものが全て購入できないというケースのほうが多いかもしれません。

しかし、それも子どもが選択した結果です。

性格にもよりますが、ある程度自由な判断をする権利を持たされているので、単に「これは買いません!」と言うよりは子どもも納得しやすいでしょう。

●お小遣い帳のチェックなど、サポートはしっかりと

お小遣いを“あげっぱなし”でフォローなしというのはよくありませんね。

本当に何に使ったのかわからない状況になると、たとえば“子ども同士で金銭の貸し借りをしていた” といったトラブルが起こることもあり得ます。

やはり、毎月お小遣い帳をしっかりつけること、銀行口座を開設して毎月あまった分を預金すること、といった基本の流れをサポートしてあげましょう。

また、「なんで欲しいものが買えないんだろう」などと悩んでいたら、ぜひ相談に乗ってあげてくださいね。

節約になるうえ子どものマネー教育にもなるので、一石二鳥です。

●単純に金額だけでほかの家庭と比較するのはナンセンス

では、いくらくらいのお小遣いをあげるのがいいのでしょうか。

たとえば、ファイナンシャルプランナーの岩下桂子氏は、著書のなかで『年齢×400円』という指針を示しています。

6歳で2,400円という計算になるので、高すぎるようにも感じますね。

でも、これには理由があります。衣服代や上履き・文房具といった学用品などもお小遣いで買うという決まりになっているのです。

生活に関するものも自分で管理する必要があるのですね。

ということは、もしも子どもが小遣いのやりくりに失敗した場合、「お小遣いが貯まるまでキツイ上履きで過ごす」といった事態もないとは言い切れません……。

お小遣いで支払う範囲を聞くと「逆に足りないのでは?」と思う家庭もあるかもしれませんね。

もうひとつ例をあげてみましょう。

Aさん宅は1,000円のお小遣いを毎月あげていて、Bさん宅は100円だったとします。一見Aさん宅は子どもを甘やかしているように見えるかもしれません。

でも、おもちゃ・お菓子代も込みの1,000円だとしたら? そして、Bさん宅では子どもの望むままに別途5,000円以上毎月おもちゃを買い与えていたら?

印象は真逆になりますよね。

少し極端な例ですが、このように、金額だけではなく“どこまでをお小遣いで購入するか” まで同時に比較しないと、比べる意味がないのです。

●どこまでお小遣いで払うのかを明確に

大切なのは、「どこまでの範囲をお小遣いで払うのか」を明確にすること。

ここが不明瞭だと、「まぁいっか」を繰り返しているうちにだんだんとお小遣いの意義が薄れてしまいます。

迷うことがあれば、そのたびに家族会議を開くなどして“お小遣い”の定義を常にはっきりさせること を心掛けましょう。

----------

家計に優しく、子どものマネー教育にもなるお小遣い制度。

ほかの家庭がどうしているのかというのも気になるでしょうが、金額だけにとらわれる必要はありません。

「多すぎた!」「少なすぎた!」と失敗するのだって、親子ともにいい経験です。興味があれば、ぜひトライしてみてくださいね。

諦めずに試行錯誤していくことで、その家庭にとってベストな方法にたどり着けるはずです。

【参考文献】
・『かしこい子どもを育てるおこづかいトレーニング』岩下桂子・著

●ライター/yossy(フリーライター)
 
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に