camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月22日

妊娠10週の母体に起きる症状、赤ちゃんの状態、気を付けること

提供元: cozreマガジン

妊娠10週、ちょうど3ヶ月の頃はお腹も少しふっくらし始めたり胸が大きくなり始めたりと、ママの身体に変化が出てくる頃です。

同時に、つわりがピークを迎える頃なので、辛い思いをしているママもいるでしょう。

今回は、妊娠10週のママと赤ちゃんの状態や、出てくる症状、準備しておきたいこと、パパにお願いしたいことなどを紹介したいと思います。

赤ちゃんは器官ができあがり、人間らしい姿になってくる頃です。つわりが辛いのと同時に、ママになったことを実感できる時期でもあるので大切に過ごしたいですね!

妊娠10週ってどんな状態?

妊娠10週っていつのこと?

妊婦おなか,妊娠,10週,症状 妊娠週数は、妊娠前の最後の生理が始まった日を「0週0日」とし、そこから数えるので妊娠10週はちょうど妊娠3ヶ月の3週目にあたります。

この頃は妊娠初期にあたり、ちょうどつわりがピークという方も多い頃でしょう。これを越えるとつわりが落ち着くケースが多いです。あと少し、無理せず乗り切ってくださいね。

子宮内では、お腹の赤ちゃんが「胎児」となり全ての器官が形作られ、人間らしい形になっていくとても大切な時期です。

妊娠10週の母体の状態

子宮内の変化

エコー写真,妊娠,10週,症状 この時期の子宮の大きさは、女性の握りこぶしくらいのサイズまで大きくなっていて、下腹部のあたりを触ると少しぽっこりしてくるかもしれません。

非妊娠時の子宮の大きさはピンポン玉大くらいなので、だいぶ大きくなりました。また、赤ちゃんの命を支える大切な胎盤も完成に向かっていく頃です。

子宮が大きくなっていくことに伴い、子宮の筋肉や支えている靭帯が引っ張られるので下腹部にチクチクとした痛みを感じたり、足の付け根に違和感を覚えることがあります。

今まで着ていた服が少し窮屈に感じることも出てくるでしょう。その時は、お腹を締め付けるボトムは避けるようにしましょう。

また、赤ちゃんが生まれた後におっぱいをあげられるように準備が始まります。乳房や乳輪がだんだんと大きくなり色が濃くなってきて、最初はびっくりするかもしれません。

今までのブラジャーが苦しくなってきたら、マタニティブラジャーに変えるようにしましょう。

ホルモン分泌の変化・影響

女性母子手帳,妊娠,10週,症状 妊娠すると、妊娠前に比べホルモンの働きが目まぐるしく変化していきます。これにより、ママの身体にも様々な影響を与えます。

まず、妊娠すると急速に分泌されるのがヒト絨毛性ゴナドトロピン、通称hCGと呼ばれるホルモンです。このホルモンが尿中や血中に現れるのを検査することにより、妊娠を判別します。

妊娠を維持する働きと子宮筋の収縮を抑える働きをするhCGの分泌は、妊娠3ヶ月をピークにその後は減っていきます。

hCGがつわりを引き起こすホルモンと言われているので、たくさん分泌している間はつわりが辛い人もいるでしょう。

その他に、エストロゲン・プロゲステロンというホルモンも盛んに分泌されるようになります。この2つのホルモンは子宮や胸を大きくしたり、体温を上昇させる働きがあります。

エストロゲンは水分保持作用があるのでむくみを引き起こし、プロゲステロンによって胃や大腸の活動を低下させるので便秘・胃のむかつきを引き起こします。

また、この2つのホルモンが色素沈着の作用があるのでシミができやすくなったりもします。

【表れる症状(1)】つわり

つわりで吐き気を催す女性,妊娠,10週,症状 妊娠初期にまず悩まされるのが、つわりです。症状が重い人、軽い人、全くない人と個人差がありますが、必ず終わりが来ますので安心してください。

ホルモンの分泌の影響、胎盤形成にあたり身体が異物と認識してしまうため...など、つわりの原因とされる説はいくつかありますが、医学的にははっきりと判明していないようです。

つわりと一口に言っても、食欲が激減して何も食べられなくなる状態のつわりと、「食べづわり」と呼ばれる、空腹時に気持ち悪くなり何か口にしていないといられない状態のものがあります。

食欲が無く何も口にしたくない場合は、無理せず食べられるものを選びましょう。他にも眠りづわり、においつわり、よだれつわりなど症状は人それぞれです。

この時期はすでにへその緒を通じて赤ちゃんに栄養を送っているので、あまりに何も飲食できない時や症状がひどい場合は迷わず医師に相談しましょう。

体験談


ちびちーママさんからの体験談:

つわりは病気じゃないしみんな頑張って過ごしてるのだからと我慢し過ぎて、何も飲んだり食べたり出来なくなりました。それによって、妊娠悪阻で入院となってしまいました。

つわりは本当に個人差があり、周りの人は何てことなく乗り越えられても自分がそうとは限りません。自分がしんどいときには無理をせず、病院に頼ることをおすすめします。


/souさんからの体験談:

毎日眠くて眠くて仕方なかったことを覚えています。当時は疲れが取れないから寝ても眠いのかな…、と思っていましたが、どうやらつわりの一種だということがあとでわかりました。
妊娠悪阻、つわりとは?時には入院も!その原因や症状について

【表れる症状(2)】腰痛・下腹部痛など身体の痛み

トコちゃんベルト,妊娠,10週,症状 子宮が大きくなることやホルモンの影響により、骨盤内の血液の流れが悪くなることや、支えている靭帯が緩み骨盤が不安定になるため腰痛を引き起こしやすくなります。

また、子宮が大きくなることに伴い筋肉や靭帯が引っ張られることで下腹部や足の付け根にチクチクとした痛みを感じる人も出てきます。

腰痛があまりにもつらい場合は、医師に相談して骨盤ベルトなどを使用し緩和させましょう。

体験談


petitshouさんからの体験談:

もともと腰痛もちだったので、妊娠してからはさらに腰痛が気になるようになりました。トイレも近くなるので、そのたびに座ったり立ったりするのも気になったり、ずっと台所で立っているのもしんどいと感じることがありました。
産後のケアに効果が期待できる!骨盤矯正ベルトとは? 妊娠中・産後にの骨盤ケアに!トコちゃんベルトIIの使い方

切迫流産について

女性薬寝る,妊娠,10週,症状 「流産」という言葉、妊娠してからは1番聞きたくない言葉ではありますが、誰にでも起こる危険性があるのでしっかりと理解しておくことが大切です。

流産とは、妊娠21週6日までに胎児が子宮外に流れ出てしまうことを言います。妊娠12週未満の流産を早期流産と呼びますが、染色体異常が原因となることがほとんどです。

そして、「切迫流産」とはどのような状態のことを言うのでしょう?「切迫流産」は、妊娠は継続できているが流産の危険性があるという状態です。妊娠4週〜12週に起こる事が多く、妊娠8週〜10週が特に危険な時期と言われています。

胎児の染色体異常以外にも、母体におけるホルモン異常や子宮内の炎症・異常、感染症、体の冷え、ストレスなど様々な原因が考えられます。

切迫流産の危険性がある時の症状は、少量の出血や下腹部痛があげられます。妊娠中の不正出血は珍しいことではありませんが初期の出血は特に心配ですので、異変があれば医師に相談しましょう。
妊娠中の流産の原因|流産がおこりやすい時期や症状

妊娠10週の赤ちゃんの状態

赤ちゃんの身体の形成

妊娠10週の頃の胎児,妊娠,10週,症状 今まで「胎芽」と呼ばれていた赤ちゃんは、妊娠8週目を過ぎるとようやく「胎児」と呼ばれるようになります。

妊娠10週の終わりころまでに身長は3〜5cm、体重は5〜12gに成長します。胎児になった赤ちゃんはすべての器官が形作られ、手足の爪や髪の毛のもとも出来上がります。

まだ超音波検査で判断することは難しいですが、女の子には膣、男の子には睾丸が形成されていきます。妊娠5〜7ヶ月頃になるとエコーでも確認できるかもしれません。

超音波検査で確認できること

妊娠10週の頃の超音波写真,妊娠,10週,症状 胎児となった赤ちゃんの超音波写真は、これまでの胎芽の時に比べ、だいぶ人間らしい形に見えるでしょう。二頭身となり、頭、手、足の形もわかるようになります。

元気な赤ちゃんは手足をバタバタ動かすところを見ることができるかもしれません。動いている時にタイミングよく当たると、とても感動しますよ。

妊娠12週頃までに心音がはっきりと聞こえるようになります。今まで、画面上で心臓が動いているのを確認していただけでしたが、ドップラー心音計を使って心音を聞くことができます。

出生前診断について

産婦人科での検査室,妊娠,10週,症状 妊娠する年齢があがるにつれて、赤ちゃんの染色体異常の発生率があがるといわれています。高年出産が話題になると同時に、「出生前診断」についても耳にする機会があるかもしれません。

出生前診断とは、広い意味では通常の妊婦健診で行う赤ちゃんをみるエコー検査などもそうですが、狭義では、染色体の異常がないか調べる検査となります。お母さんの年齢とともに確率が増え、比較的頻度の多い染色体異常としてはダウン症(21トリソミー)が知られています。

初期に行われる出生前診断には、
・血清マーカー
・羊水検査
・絨毛検査
・新型出生前検査
などがあります。

検査により始められる週数が違っていますが、検査を行うまえにカウンセリングを受けて、本当に検査を受けるかどうかを考える必要がありますので、10週くらいの時期くらいから考えてみるといいかもしれません。比較的早期から受けられる検査は絨毛検査と新型出生前検査になります。

【絨毛検査】
お腹に注射針をさして赤ちゃんの胎盤になる前の絨毛を採取し、その細胞の染色体を検査する方法です。精度は99.9%ととても高いですが、約1%の流産のリスクがあります。

検査が可能な時期は妊娠11~15週で、結果が出るまでに2週間かかります。胎盤モザイクという判断が難しい結果がでてしまうことも稀にあります。

似た検査に羊水検査がありますが、羊水検査よりもより高度な手技が必要になるので、実施できる医療機関は少なく、費用は約15~20万円ほどになるようです。

【新型出生前検査】
こちらは採血をして、お母さんの血液中の遺伝子から赤ちゃんの染色体や遺伝子を検査する方法です。陰性と出た場合の精度は高いですが、陽性と出た場合には診断を確定されるわけではないので、羊水検査などが必要になります。採血なので流産のリスクはありません。

ですが、こちらの検査は現在日本では臨床研究という位置づけにあるため、下記の条件のいずれかに当てはまらなければ受けることはできません。

・出産予定日に妊婦が35歳以上であること
・以前、染色体疾患(ダウン症、18トリソミー、13トリソミーのいずれか) に罹患した赤ちゃんを妊娠、分娩したことがある場合
・赤ちゃんが染色体疾患(ダウン症、18トリソミー、13トリソミーのいずれか)にかかっている可能性を他の検査で指摘された場合

また、この新型出生前検査を受けられる病院は限られていて、全国で60施設ほどです。近くの病院で検査ができるか問い合わせる必要があります。

検査が可能な時期は妊娠10~18週で、結果が出るまでに2週間かかります。費用は21万円~となります。

新型出生前検査によってわかる病気は現在の医療では根本的には治すことができない病気です。結果をどう受け止め、どう対応するか、ご両親を悩ませることもあり、任意の検査です。

検査のこと、病気のことをよく知ったうえで検査をすすめていく必要があります。検査を受けるかどうかまよっている段階でも遺伝相談外来などで相談することはできますので、医師に相談してください。

しておくべきこと・気を付けることは何がある?

妊娠初期に必要な栄養素は?

妊娠初期のサプリメント,妊娠,10週,症状 この時期は胎児の骨や筋肉が急成長し、身体が形作られていくので、カルシウムや鉄分を積極的に摂取するようにしましょう。

また、妊活をしていた方には聞き覚えがあるかもしれませんが「葉酸」もこの時期に積極的に摂取することをおすすめします。

葉酸は胎児の脳神経や神経管の発達に関係する栄養素です。ほうれん草やモロヘイヤ、レバー、いちごなどに多く含まれています。

必要な栄養素は、バランスの良い食事で摂取することが1番良いですが、補うという意味でサプリメントを活用するのも良いでしょう。
妊婦の葉酸の摂取量は?いつまで必要?不足によるリスクも解説

用意しておくと良いアイテム

妊娠線予防クリーム,妊娠,10週,症状 だんだんと妊婦らしい身体つきになり始め、今まで着けていた下着や洋服だと不便になってくることもあるでしょう。

つわりがある方は、少し落ち着いた頃からでもマタニティ用品を準備し始めるといいですよ。妊娠初期からあると良いアイテムをご紹介します。

【準備しておきたいアイテム】

・マタニティ用ブラジャー
これからどんどん胸が大きくなるので、それも考慮したサイズを選びましょう。初めは専門店でサイズを測ってもらうことをおすすめします。

授乳用として使えるものを購入しておけば、産後も長く使えますよ。

・マタニティショーツ
お腹が少しふっくらしてきて、普通のショーツだと締め付けが苦しくなるかもしれません。大きなショーツには抵抗があるかもしれませんが、お腹の冷えも防げるので良いですよ。

・マタニティ服
パンツやスカートもだんだん苦しくなってきます。専用のマタニティボトムをいくつか持っておくと大変重宝します。普通の洋服のワンサイズ大きいもので対応しても良いかもしれません。

・妊娠線防止クリーム
妊娠線とは、お腹が大きくなることで皮膚が伸び、それについていけず表皮の下にある真皮が裂けてしまうことで現れます。

この妊娠線、できる人できない人がいますが一度できてしまうとなかなかきれいに消えないのです。

なので、お腹が大きくなり始める妊娠初期から早めのケアをしていくことが大切です。保湿にもなるので乾燥してかゆみが出る時にも良いですよ。
妊婦さんにおすすめな授乳用ブラジャー10選|選び方も解説! 産前ショーツは何枚必要?選び方と人気のおすすめ10選 妊娠線予防クリームの塗り方とおすすめ10選

してはいけないことは?

タバコと灰皿,妊娠,10週,症状 赤ちゃんがやっと胎児になったこの頃は、赤ちゃんの身体の形成や成長にとってとても大切な時期です。また、流産の危険が最も高い時期でもあるので十分に気をつけましょう。

【喫煙について】
妊娠をしたらしてはいけないこと、それは喫煙です。どんなにそれまで好きであっても、お腹の赤ちゃんそして母体のためにもやめましょう。

妊娠中の喫煙は、流産・早産を引き起こしやすいですし、赤ちゃんの発達にも影響が出ます。また、無事生まれたとしても、乳幼児突然死症候群のリスクが高まります。

また、ママ自身の喫煙でなくても家族の誰かが喫煙していると副流煙の影響も大きいです。禁煙は辛いことかもしれませんが、家族にとっても自分の身体のためにも良いことなので、ご家族にも頑張ってもらいたいところです。

【カフェイン・アルコールの摂取】
カフェインやアルコールが好きな方は、気になりますよね。カフェインやアルコールは、胎盤を通じて胎児に移行していきます。

多量の摂取でなければ大きな影響はないようですが、やはり控える方が安心でしょう。ノンカフェイン、ノンアルコールドリンクも豊富なので、しばらくはそちらで楽しむと良いですよ。

【妊娠初期の旅行】
冒頭にも書きましたが、まだまだ不安定なこの時期、旅行を楽しむことはできるのでしょうか?

早産・流産の危険がなく、体調も良ければ問題ないかもしれませんが、こればかりは自己責任になります。

飛行機のような狭い空間での長時間移動など、想像以上に身体に負担がかかります。特に、妊娠中は血栓ができやすくエコノミー症候群にもなりやすいです。

また、海外や慣れない場所でもし何かあった場合、医療のシステムが異なっていたりすることもあるので心配でもあります。

旅行に限らず、妊娠中の無理な行動はなるべく控えた方が無難です。帰省などで、どうしても長距離の移動が必要な場合は一度医師に相談してみましょう。
おいしいカフェインレスコーヒー5選|妊婦必見! 妊娠中の旅行はいつからいつまでがOK!?どこがおすすめ?

パパはなにをしてあげたらいい?

つわりで辛い時のパパにしてほしいこと

妊娠初期のママとパパ,妊娠,10週,症状 妊娠初期のつわり、症状は人それぞれです。匂いに敏感であったり、何も食べられなかったり、とても眠かったり...。

よくドラマであるような、”思わずトイレに駆け込み嘔吐する”だけがつわりではないのです。まずは、ママがどんな症状なのか理解してあげましょう。

そして、匂いに敏感であれば匂いのきついものは近付けないなど気をつけましょう。飲み会帰りのタバコ臭さやお酒臭さも結構きついので気を遣ってあげると良いですよ。

また、しんどくて横になってばかりいるように見えるママを責めてしまうのは禁物です!

パパもお仕事の疲れもあるので気持ちは分からなくないですが、お腹に2人の大切な命を抱え様々な変化と戦っているので理解してあげると、ママも安心します。

簡単な食事の用意や家事など、様子を見てできることからお手伝いをしてあげても良いかもしれません。

体験談


/souさんからの体験談:

妊娠が分かってから、週末の休みの際は必ず一緒に買い物に行ってもらい、一気に食材、日用品を買い込んでもらいました。つわりがひどいときは、掃除、洗濯などもしてくれました。私はご飯を作るだけ。後片付けもすべてしてくれました。

この時期だけ…と思い、存分に甘えさせてもらいました。無理なく生活できたので、今思い返すと本当に助かりました。始めは悪いなと思っていましたが、甘えられるときに甘えさせてもらいよかったです。


shizuka03さんからの体験談:

つわりで偏ったものしか食べられない状態が続いていたので、主人が仕事から帰宅する時に食べたいものを連絡すると、嫌な顔をせずに買ってきてくれて非常に助かりました。

また、10週頃に「いつもありがとう。妊娠してから動けなくなることが多いけど不満は一切ないよ。今、子どもを育ててくれているから感謝しているよ、俺にはできないことだしね。一緒に頑張ろう。」というメールを送ってくれ、嬉しすぎて泣いてしまいました。


monoiさんからの体験談:

出勤前に洗濯物を干したり掃除機をかけていってくれました。仕事が終われば食材を買って帰ってご飯の支度、お皿洗い、洗濯物を畳むなど、まるで主夫のように家事をしていました。

私が唯一口にできたのがパイナップルとヨーグルトとオレンジジュースとパンだけだったので、それらを必ず冷蔵庫に買い置きしてくれたのは心強かったです。
男性保育士RyUのイクメン講座!子育てパパになるための心構え!

タバコを吸っているパパにできること

禁煙マーク,妊娠,10週,症状 赤ちゃんの成長にとって、タバコの煙は悪影響です。また、つわり中のママにとってもタバコのにおいは辛いものです。

いきなり禁煙が難しければ、まずは離れた場所で吸うなどママと赤ちゃんにタバコの影響が出ないように気をつけることが大切です。

ですが、離れた場所で吸っても煙は体に付いてきてしまうとも言います。換気扇の下で吸っても意味がないそうです。

1番良いのは、やはり禁煙することです。禁煙外来は保険内診療なので、通いやすいですよ。

タバコをやめるのはとても辛抱がいることですが、パパの身体にとっても良いので、頑張っているママと赤ちゃんと一緒にチャレンジしてみることをおすすめします。
妊娠中の喫煙の影響とリスク 母体と胎児への影響は?

まとめ

妊娠10週のママ、赤ちゃんの様子や生活についてお伝えしました。

つわりが辛い時期でもありますが、お腹がふっくらし始めたり赤ちゃんの心音が聞こえたりすると、ママになった喜びでいっぱいになり幸せになりますよ。

辛い時は、パパや家族の手助けも借りながら出産まで過ごしていきましょう。赤ちゃんと出会えた時の喜びや感動は何にも変えられないほどです!

貴重な妊婦生活を楽しみましょうね。
(文書作成:あきゆきんこ)
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に