camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年05月29日

離乳食初期のさつまいも!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

提供元: cozreマガジン

離乳食が始まり、栄養価が高いさつまいもを赤ちゃんに食べさせてあげたいと思われるママも多いことと思います。

「さつまいもはいつから食べられるの?」「注意点はあるの?」そんなママの悩みにお答えすべく、離乳食初期のさつまいもの下ごしらえや便利な冷凍の方法についてまとめました。

また、おすすめレシピについてもご紹介いたします!

さつまいもはいつから食べる?

離乳食初期から食べさせよう

さつまいも,離乳食,初期,さつまいも さつまいもは離乳食初期から使える食材です。消化されやすく甘みがあるので赤ちゃんにも好まれやすい食材です。

加熱するとペースト状にしやすいため調理がしやすいところもママにはうれしいところです。

また、さつまいもは炭水化物が多く含まれているので主食にできるのもおすすめポイントです。もちろんお粥やパン粥に混ぜて主食にするのも良いですね。

ほかの野菜などのタンパク質と合わせることでおかずにもなります。主食にもおかずにも使える大変便利な食材と言えそうです。

さつまいもに含まれる栄養は?

食物繊維やビタミンCが豊富!

やきいも,離乳食,初期,さつまいも さつまいもは食物繊維とビタミンCが大変多く含まれています。

さつまいもはイモ類でデンプンを多く含んでいます。このため、加熱すると損なわれやすいビタミンCがデンプンの働きによって守られます。

さつまいもに含まれるビタミンCは風邪の予防に良いので免疫力アップに期待できます。

また、野菜の中でもカルシウムも多い食材ですし、ビタミンE、カリウムなどの栄養価も含まれています。

そして何より食物繊維がたっぷりなので便秘がちな赤ちゃんにもおすすめです。このように、さつまいもは栄養バランスが良いので離乳食にぜひ取り入れたい食材です。

食べ合わせの良い食材は「りんご」

りんご,離乳食,初期,さつまいも 甘いさつまいもは色々な食材とも相性抜群です。特にさつまいもとりんごの組み合わせは定番で甘くて赤ちゃんも食べやすいのが人気です。

りんごを組み合わせることで風味がさわやかになり赤ちゃんも食べやすいので、離乳食期全般におすすめです。

また、さつまいもとりんごはそれぞれ食物繊維がたっぷりなので、便通を良くしたり胃腸の調子を整えたりする効果が期待できます。

さらに、りんごもさつまいも同様にビタミンCがたくさん含まれています。栄養価が高いもの同士なので積極的に取り入れてみてくださいね。
離乳食初期のりんご!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

さつまいもを食べさせる際の注意点

裏ごしはしっかりしよう

さつまいものペースト,離乳食,初期,さつまいも 離乳食初期は「ゴックン期」とも呼ばれています。名前のとおり赤ちゃんはゴックンするだけの状態です。

さつまいもは大人はあまり気付きにくいですが繊維があり、この繊維が赤ちゃんの喉にひっかかりやすいです。

またパサつきもあるため赤ちゃんが上手に飲み込めないこともあります。そのため、しっかり裏ごしをして白湯に薄めるなどゴックンしやすくしてあげてくださいね。

アレルギーの心配は少ない

さつまいもはアレルギーの心配は少ない食材です。しかし、全くないというわけではありません。

極まれにデンプンやタンパク質が原因で口腔アレルギー症候群といって、口の中や周りが赤く腫れあがったり、全身にじんましんが出たりすることもあります。

さつまいもに限らず、初めて食べさせるときは様子を見ながら少しずつ与えるようにしてくださいね。
子どもでも動画でスッキリわかる!食物アレルギーを学ぼう

さつまいもの選び方

甘くておいしいさつまいもの選び方のポイント

さつまいも,離乳食,初期,さつまいも さつまいもはでこぼこしているイメージがありますが、表面がつるっとしていて色が均一でツヤがあるものがおすすめです。

切り口に茶色の蜜が出ているものは糖度が高くとても甘いです。ねっとりとした蜜が出ているものを見つけたらぜひ購入したいものです。

さらに持った時にずっしり重く感じたものがよいでしょう。反対に、細いものやひげ根がたくさん残ってるものは繊維質が多いので離乳食用には避けたいですね。

また、傷があったり変色したりしているものは傷んでいることが多いので、避けた方が良いでしょう。

さつまいもの調理法/下ごしらえ方法

加熱の仕方は?

加熱されたさつまいも,離乳食,初期,さつまいも さつまいもはアクが強い食材です。さらに空気に触れると変色をしてしまいます。

皮のすぐ下にアクの成分があるので、皮を厚めに切って剥いたら10分程度水にさらしましょう。特に皮が黒い部分はアクが強いので取り除くようにしてくださいね。

鍋・電子レンジ・炊飯器を使った3つの加熱方法をご紹介します。

【鍋の場合】
さつまいもが浸るぐらい水を入れて、煮崩れするぐらい茹でると潰しやすくなります。

【電子レンジ場合】
さつまいもをきれいに洗い、キッチンペーパーで包み、さらにラップで巻きます。電子レンジ200wで8分~15分ほど加熱します。

【炊飯器の場合】
さつまいもをアルミホイルに包み、お米と同時に炊くことで甘みが増します。

ママがやりやすい方法で試してみてくださいね。

冷凍できる?

製氷皿,離乳食,初期,さつまいも さつまいもは冷凍できます。さつまいもを茹でてからマッシュにします。

1回分ずつラップに包むか、離乳食用の小分けトレーや製氷皿にいれて冷凍保存してください。

また冷凍用保存袋にマッシュしたさつまいもを平らにして、筋を入れておくことで使いたい分だけポキっと折って使えるので便利ですよ。

ただ、赤ちゃんが食べるものなので1週間で使い切れるぐらいの量で冷凍してくださいね。

調理に便利な調理道具は?

さつまいもを調理するのに簡単な方法を3つ紹介します。

裏ごし器でつぶす・・・さつまいもがあたたかい内に裏ごし器で裏ごしします。より細かくなってなめらかになりますよ。

フォークでつぶす・・・やわらかく茹でたさつまいもはフォークの背を使えば簡単につぶすことが出来ますよ。

麺棒でつぶす・・・さつまいもをビニール袋にいれて麺棒で平らに伸ばします。洗いものも少なくてうれしいですね。
ミキサーやブレンダーは離乳食初期から大活躍!おすすめ商品とレシピ

離乳食初期におすすめのさつまいもレシピをご紹介します!

【1】離乳食初期☆さつまいもペースト♡

材料

離乳食初期☆さつまいもペースト♡,離乳食,初期,さつまいも ・さつまいも 3cm程度

作り方

1、さつまいもの皮をむいて水につけてアクを抜きます。

2、シリコンケースに水を少し入れて電子レンジで3分加熱します。蒸したり茹でたりしても良いですよ!

3、やわらかい部分を中心に裏ごしします。湯冷ましなどで硬さを調節したら完成です。

製氷皿などに小分けして冷凍しておくと便利ですよ。また、剥いたさつまいもの皮は大人用にきんぴらにすると無駄にならずに良いですね。

【2】離乳食初期 さつまいもかゆ

材料

離乳食初期 さつまいもかゆ,離乳食,初期,さつまいも ・10倍粥 30g程度
・さつまいも 10g程度

作り方

1、10倍粥を作ります。

2、さつまいもの皮を剥いて水にさらしアクを抜きます。

3、茹でやすい大きさに切って、鍋で煮ます。

4、やわらかくなったら裏ごししてお粥と混ぜれば完成です。

ニンジンのペーストも一緒に加えて、さつまいもとニンジンのお粥というのも色がきれいですね。

赤ちゃんも同じお粥では飽きてしまうかもしれないですが、さつまいもの甘さが加わったら、おぉっ!とびっくりしてぱくぱく食べるかもしれませんね。

【3】ハーフバースデー離乳食

材料

ハーフバースデー離乳食,離乳食,初期,さつまいも ・10倍粥 小さじ3
・ニンジン 小さじ2
・ホウレンソウ 小さじ1程度
・トマト 小さじ1程度
・さつまいも 小さじ2
・キャベツ 小さじ1/2

作り方

1、トマトは皮を剥き種を取り除き、細かく切ってから酸味が抜けるまで煮ます。

2、ニンジン、ホウレンソウ、キャベツ、さつまいもをそれぞれ茹でて裏ごしします。

3、盛り付けです。チョウの体と触覚はキャベツで作ります。

4、羽はニンジンで作り、中の模様はお粥とさつまいもで作ります。

5、チョウの周りをホウレンソウなどで飾りつけしたら完成です。

色とりどりの野菜で見ためもかわいらしく、お粥とさつまいもも加わり栄養バランスも良いですね。これは真似したくなりますね!

【4】さつまいもとリンゴ (離乳食初期~)

材料

さつまいもとリンゴ (離乳食初期~),離乳食,初期,さつまいも ・さつまいも 大さじ1
・りんご 大さじ1

作り方

1、さつまいもを2,3cmの輪切りにして茹でてつぶします。

2、りんごはすりおろして電子レンジで1分ほど加熱します。

3、さつまいもとりんごを混ぜ合わせて完成です。

さつまいもの甘さにりんごの甘さも加わり、デザートのように食べることができますね。

残ったさつまいもとりんごには、はちみつや砂糖を加えて甘さをつけるとママパパも食べやすくなりそうです。

まとめ

離乳食初期に甘いさつまいもは大活躍しますよ。

初期の離乳食は量も少ないので、まとめて冷凍ストックするなどして毎日の離乳食の負担が少しでも和らぐと良いですね。

ママにとっても赤ちゃんにとっても楽しい離乳食にしましょう。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に