camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月15日

小学生におすすめの通信教材3つを比較!人気のタブレット学習も

提供元: cozreマガジン

小学生になると、いくつもの教科を勉強することになり、なかなか学校の授業だけでは十分に勉強の質を担保できないためか、塾に通う子どもも増えている傾向があるそうです。

しかし、塾の費用の出費や塾への送迎は忙しいパパママにとっては大変ですよね。そこでおすすめしたいのが、小学生向け通信教材です。塾に負けず劣らずのものがたくさん展開されており、中学受験にも対応しています。

今回は小学生におすすめの通信教材を3選ご紹介します。通信学習で大丈夫かな?と思うかもしれませんが、今人気のタブレット型の教材やドラえもんなどの人気キャラクターと一緒に学ぶことができるのでお子様の興味に合わせて選んでみてくださいね。

小学生向け通信教材の選び方

子どもの学力に応じたものを選ぼう

タブレットでの学習,小学生,おすすめ,教材 通信教材と一口に言っても、その特色は様々です。まず最初に考えたいことは、学校の授業と同じペースで進んでいくか、それとも少し先を学ぶかということです。子どもの学力や性格によって、どちらが子どもに合っているのか考えてみましょう。

そして、さらに重視したいのは、添削があるかどうかということです。通信教育における添削とは、学習したプリントを送付し、添削指導をもらうことです。

送付する手間はかかってしまいますが、先生に丸をもらい、適切な指導をされた方がやる気につながるという子どももいます。特に小学校高学年になりますと、パパやママに添削されることを嫌がりますので、このような通信添削がある通信教育がおすすめです。

それでは、いくつかの小学生向け通信教材をご紹介していきます。

【1】Z会小学生コース|株式会社Z会

学習する教科を自由に選べる

Z会小学生コース,小学生,おすすめ,教材 テレビコマーシャルでもおなじみのZ会は、東大と京大の合格者数No.1という実績の通信教材です。そのZ会の小学生向け通信教材は、小学生コースから大学受験を見越したカリキュラムが組まれています。

低学年は親子で取り組む学習がメインとなっていて、3年生から6年生コースは1教科から学びたい教科を選ぶことができます。3年生からは中学受験コースもありますので、中学受験を考えている子どもには特におすすめの通信教材です。

Z会小学生コースは、毎月教科ごとに添削テストが1枚あります。添削は担任制なので、毎回の進捗度や、子どもの間違いのクセなども把握してくれる点もおすすめです!

【2】ドラゼミ|株式会社小学館

ドラえもんと一緒に基礎を徹底勉強!

ドラゼミ,小学生,おすすめ,教材 小学館の小学生向け通信教材「ドラゼミ」も人気が高い通信教育です。ドラゼミの特徴は、基礎を徹底的に行うことです。3年生から6年生には理科と社会のテキスト、5年生から6年生には英語のテキストが付いてきますが、基本的には算数と国語の学習となります。

「読み書き計算を徹底的に」というのがドラゼミの基本的な考え。このように聞くと、応用問題や作文に弱いというイメージを持たれるかもしれませんが、ドラゼミで特に定評があるのが作文の添削指導です。

他社では別料金になることもありますが、ドラゼミの作文添削は通常カリキュラムに組み込まれているので、追加料金がかかりません。文章力を付けたい子どもにおすすめです!

【3】進研ゼミ|株式会社ベネッセコーポレーション

4人に1人が受講という信頼の教材!

進研ゼミ,小学生,おすすめ,教材 ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ小学講座」も、子どもにはおなじみの通信教材です。なんと小学生の4人に1人が受講しているというほどの人気です。教材には子どものやる気を引き出す工夫が施されていて、さすがベネッセという感想を得ます。

テキストは学校の教科書に準拠していて、1学年につき最大540個のタイプが用意されています。教科書に準拠しているので、負担なく学習を進められるのも人気の理由です。

特に人気なのが、子ども向けの情報誌などの付録です。保護者向けの情報誌や電子教材、DVDなどもありますので、ただの学習としてだけではなく、読み物としても楽しむことができますよ!

まとめ

いかがでしょうか?先生の顔が見えない通信教材に不安を覚えていらっしゃるパパママもいらっしゃるかもしれませんが、通信講座だからこそ、添削も丁寧にしてくれたり、毎月必ず宿題が届いたり、教材以外にも「学ぶことを楽しませてくれる」工夫をしてくれたりと、通信講座ならではの良い面もたくさんあるものです。

いろいろな通信講座を試してみて、子どもに合った教材を選んでみてくださいね。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に