camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年06月30日

離乳食初期のミルク粥はいつから?作り方、レシピ、冷凍保存方法など

提供元: cozreマガジン

離乳食を始めたら、一番最初にあげるのが「お粥」です。ひとさじから始めた離乳食も、順調に進めばだんだんレシピにバリエーションが欲しくなることでしょう。

そんな時、レシピに少しだけ変化をつけることができるのが「ミルク粥」。これは粉ミルクを使ったお粥のことで、初期から食べられ、作り方も簡単、栄養満点、美味しいといいこと尽くめ。

こちらの記事では、ミルク粥をいつから食べさせてよいか、食べさせる際の注意点、ミルク粥の選び方、冷凍保存のコツ、時期別のアレンジレシピや下ごしらえ方法などについてご紹介します。

ミルク粥はいつから食べる?

初期から食べさせても大丈夫!

離乳食のお粥,離乳食,初期,ミルク粥 ミルク粥は、一般的な授乳用の粉ミルクを使用しますので、お湯で作った普通のお粥と同様に離乳食初期から与えることができます。

ミルクといっても普段私たちが飲んでいる牛乳や豆乳は使用しません。これらの食材は0歳の赤ちゃんにとってまだ早いからです。

粉ミルクであれば、新生児の赤ちゃんでも飲めるように作られていますので、離乳食を始める段階の赤ちゃんが飲んでもなにも問題ありません。

むしろ母乳の代わりになるように栄養もしっかり考えられて作られているものなので、普通のお粥より栄養価が高いともいえます。

いつものお粥に飽きてきた?と感じたら、ミルク粥をあげてみましょう。赤ちゃんにとっても良いアクセントになるはずですよ。メーカーによって粉ミルクの味や飲みごたえが違いますので、ママが味見してみるのもいいですね。
【離乳食初期】おかゆのレシピと保存方法

ミルク粥に含まれる栄養は?

赤ちゃんの成長に大事なタンパク質が豊富!

力強い赤ちゃん,離乳食,初期,ミルク粥 母乳に代わる栄養を補うために、粉ミルクには様々な栄養素がバランスよく配合されています。特に現在の粉ミルクは、昔に比べてかなり栄養価の高いものになっています。

・タンパク質:体を作る為に必要な栄養素で血や骨の形成に役立ちます。また、抗体を作り出したり免疫力を高める働きもあります。

・カリウム:体内に取り込まれた余分な塩分を排出する働きがあります。

・ビタミンA:粘膜や皮膚を健康に保ち、抵抗力をあげる働きがあります。

・ビタミンC:コラーゲンの生成を助け、白血球の働きを強める役割があります。

・カルシウム:骨や歯の成長を促進する働きがあります。

・DHA:体内で生成することができず、記憶力や集中力を高める働きがあります。

これだけ多くの栄養素が含まれているので、ぜひ積極的に離乳食にも活用したいですね。
離乳食にたんぱく質を|おすすめ食材とレシピ

食べ合わせの良い食材は甘い野菜やフルーツ!

さつまいもとかぼちゃ,離乳食,初期,ミルク粥 粉ミルクを使った離乳食を作る時におすすめなのは、甘みのある野菜や果物を混ぜること。粉ミルク自体がほんのり甘いので、食材の甘さが引き立ち、赤ちゃんが食べやすくなります。

ミルク粥に、さつまいもやかぼちゃをペースト状にしたものと混ぜ合わせてあげると、赤ちゃんも喜んで食べてくれることでしょう。

同様に、粉ミルクを使ったパン粥にすりつぶしたバナナなどを入れてもいいですよ。やさしい甘みできっと食が進むはず。
離乳食初期のさつまいも!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法 離乳食初期のかぼちゃ|おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍方法

ミルク粥を食べさせる際の注意点

アレルギーに注意が必要

赤ちゃんとアレルギー,離乳食,初期,ミルク粥 粉ミルクは母乳の代わりに赤ちゃんの栄養を補うものして親しまれ、以前に比べより母乳に近い栄養素になるように作られてはいます。

しかし母乳と全く同じではないため、母乳育児で進めてきた赤ちゃんの場合、離乳食で使用することによってミルクアレルギーを発症する恐れがあります。

ですので、初めて粉ミルクを口にする場合は以下の点に注意しましょう。

●少量(ひとさじ程度)から試してみる
●かかりつけの小児科の診察が受けられる時間帯(平日の午前中など)に食べさせる

万が一、いつもと違う様子が見受けられたらアレルギーの症状かもしれません。その際にすぐ医師の診察が受けられれば安心ですね。

この2点はミルク粥に限らず、離乳食の基本です。新しい食材を食べさせる際に守るようにすると、何かあった時に慌てずに済みますよ。
離乳食初期のうどんはいつから?アレルギーに注意!簡単レシピ、冷凍法も

牛乳や豆乳は初期はNG

医師に相談する親子,離乳食,初期,ミルク粥 特に母乳育児をしているご家庭の場合、粉ミルクが常備されていないこともありますよね。そんな時に牛乳や豆乳で使おうかな?と考えるかもしれません。

しかし母乳や粉ミルクに比べて、牛乳などのタンパク質は分子が大きいので消化吸収が難しく、赤ちゃんは下痢や便秘を起こしやすくなります。

また1歳ごろまでの乳児は、牛乳でじんましんやおう吐などのアレルギー反応を起こす可能性があります。

しかも牛乳は、やっかいなことにアレルギー反応が出るのが遅いのです。飲んでから数時間~数日かかるので気づきにくく、特に注意が必要です。

豆乳は、もし与えるとしたら生後6ヶ月ごろから、2倍に薄め与えるようにします。与えた後は、便の様子やアレルギー反応が出ないかなどを注意深く観察する必要があります。

いずれにせよ、牛乳や豆乳は離乳食初期にはあげない方が安全ですし、中期以降も、かかりつけの小児科に相談してからあげることをおすすめします。
【子育て絵日記4コママンガ】つるちゃんの里帰り|(104)牛乳じいさん

ミルク粥の選び方

赤ちゃんの好みに合わせる

粉ミルク,離乳食,初期,ミルク粥 ミルク粥に使える粉ミルクは現在はたくさんの種類が販売され、メーカーによって多少味に違いがあるようです。

赤ちゃんの好みが出て、ミルクの味によってミルク粥を食べないこともあるかもしれません。その場合はミルクを変えてると、食べてくれることもあるでしょう。

また離乳食初期に与える10倍粥は、少し慣れてくると嫌がるような様子を見せる赤ちゃんも出てくるかと思います。

その場合は少しだけ水分を少なくしてみるのも一つの手です。お粥はとにかく柔らかい方がいいと思われがちですが、赤ちゃんによっては歯ごたえを求める子も。赤ちゃんの様子を見ながら、少し固めの食感に調整すると食べてくれる場合もありますよ。
おすすめの粉ミルクの選び方!新米ママに試してほしい粉ミルク3選

ミルク粥の冷凍保存方法/調理法/調理器具

ミルク粥は冷凍できる?

冷凍庫,離乳食,初期,ミルク粥 ミルク粥は1週間程度であれば冷凍保存してもよいと言われています。しかし電子レンジで解凍すると、粉ミルクに含まれる栄養成分が壊れてしまうことも…。

せっかくミルク粥を作るのですから、粉ミルクの栄養素もしっかり吸収して欲しいところ。また、作ったミルクを冷凍しておくことは衛生的にも少し気になります。

冷凍保存したい場合はお粥やパンのみを冷凍保存しておき、食べさせる時に必要な分だけミルクを調乳して混ぜるのが最適でしょう。

こうすれば粉ミルクの栄養を壊すことなく摂取できますのでおすすめです。お粥やカットしたパンを多めに作って冷凍保存しておくと、さっと作れて便利ですね。
離乳食をまとめて冷凍保存でお手軽準備!ポイントとやり方 まとめ

10倍粥を作る時の水との割合

製氷皿でミルク粥を小分けに,離乳食,初期,ミルク粥 離乳食を始めた頃は、毎日お粥をあげます。最初はひとさじから始めますが、一度に食べる量を少しずつ増していくので、忙しいママにとって作り置きはマスト。

お米とお水の割合を覚えておくとお粥が作りやすいですよ。お米とお水の基本割合は1:10ですが、炊いたご飯から作る場合は1:5になります。

たくさん作ってお冷凍しておけば、忙しい時や赤ちゃんがお腹がすいて泣いている時でも手早くあげることができ、とても便利ですよ。

冷凍していたものを使う場合、解凍した時に少し固くなっていることがあります。その場合は水を少し足してからレンジで温めたり、沸かしたお湯で伸ばしたりするといいですよ。
初めての離乳食10倍粥の作り方 簡単レシピ、冷凍解凍方法まで

調理に便利な調理道具は?

離乳食調理グッズ,離乳食,初期,ミルク粥 離乳食初期の頃は、作った10倍粥をさらにすりつぶし、赤ちゃんが食べやすいようにトロトロにする必要があります。その際の便利グッズをご紹介します。

●泡だて器・・・お鍋や炊飯器で作ったお粥を、泡だて器でかき混ぜるとお米の粒が少し細かくなり、その後の裏ごしが少し楽になります。

●裏ごし器・・・できたお粥を裏ごし器とスプーンで更に細かくすりつぶしていきます。スプーンはどんなスプーンでも大丈夫ですが、先割れスプーンで押すと潰しやすいですよ。

●ふたつき製氷皿・・・作ったお粥を入れて冷凍します。ふたなしの物より、ふたつきの方が衛生的なのでおすすめ。

一つの仕切りに小さじ1杯分ぐらいになるようにお粥を入れれば、赤ちゃんにあげる時にいちいち計らなくても済むのでとても便利。

●フリーザーパック・・・製氷したらこちらに入れ替えて保存すると場所を取りません。離乳食の冷凍保存期限は最長で1週間程度ですので、保存した日付を記入しておくいいですよ。

ご紹介したものは、100円均一などでも安く手に入ります。離乳食作りに使うのは一時的なものも含まれますので、お手頃に入手すると家計にも優しいですよ。
ママ必見!離乳食が簡単に作れるおすすめグッズ8選

離乳食初期からおすすめのミルク粥レシピ

【1】離乳食♥初期・中期*ミルク粥*

初めてのミルク粥にぴったりの基本レシピ

離乳食❤初期・中期*ミルク粥*,離乳食,初期,ミルク粥 最初にご紹介するのは、今までお湯で作ったお粥しか食べさせたことがないという方におすすめの、ミルク粥基本レシピです。

いつもとちょっとだけちがう風味のお粥に、赤ちゃんもきっと興味津々。ミルク育児の赤ちゃんは食べなれた味、母乳育児の赤ちゃんには新鮮な味!粉ミルクは苦手で飲めない赤ちゃんも、ミルク粥なら喜んで食べてくれた、という声もありますよ。

作り方は、離乳食初期の10倍粥(米1:水10)を作り、調乳したミルクを混ぜるだけ。10倍粥は電子レンジで粉ミルク・水と一緒に温める、もしくはお鍋で煮ればすぐに完成!

【2】離乳食初期★トマトミルク粥

美味しくて見た目もかわいい!

離乳食初期★トマトみるく粥 ,離乳食,初期,ミルク粥 離乳食初期はいろいろな食材をに慣れてもらう時期。新しい食材をあげる時に、お粥に混ぜてみようと考えるママも多いのではないでしょうか。

このレシピはお子さんに人気の野菜・トマトをお粥に入れてみたものです。ほんのり桜色になるので見た目も可愛らしいですよ。

トマトはへたを取って皮をむき、実を割って中の種を取り除きます。赤ちゃんには皮も種も飲み込みづらいのでしっかり処理しましょう。

細かく刻んで裏ごししてあげると初めての場合でも食べやすいです。10倍粥と調乳したミルクをしっかり混ぜ合わせれば完成。

初めのうちはフルーツトマトなど、酸味の少ないものを選んであげると赤ちゃんも食べやすいでしょう。取り除いた種や皮などは、大人用のスープなどに使ってもいいですね。

ストックする場合は普通の大きさのトマトで、その日だけ使いたい場合はプチトマトなどで、と作り分けることも可能です。
離乳食初期のミニトマト!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

【3】離乳食 初期〜中期 ミルクパン粥

食パンで簡単に作れるミルクパン粥

離乳食 初期〜中期 ミルクパン粥,離乳食,初期,ミルク粥 お米のミルク粥に慣れてきたら、次は「パン」でもミルク粥を作ってみましょう。普通のお粥に飽きてしまったという赤ちゃんでも、パンならパクパク食べたなんて声も。

パンが好きな赤ちゃんは多いので、離乳食にお困りのママさんはトライしてみては。食パンの耳を切り取り、残った白い部分を細かく切ります。

離乳食初期の頃は、特に食べやすいように細かくしてください。細かく切ったパンを調乳したミルクと一緒に小鍋に入れて、フツフツ沸かしながら混ぜたら完成です。

冷めたら冷凍することも可能なので、多めに作っておくと時間がない時でも助かりますね。一度にあげる量は、6枚切りの食パン半分ほどが目安です。

パンを細かくちぎるのが大変な時は、一度凍らせてすりおろすとかなり細かくなり、初期の頃の赤ちゃんにも食べやすいでしょう。

パンには小麦や卵などが含まれているものもあるので、あげる時はアレルギーに十分注意し、まずはひとさじからあげるようにしましょう。
離乳食初期の食パン!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

【4】離乳食❀初期 きなこミルクのパン粥

レンジで簡単!タンパク質豊富なきなこの優しいパン粥

離乳食❀初期 きなこミルクのパン粥,離乳食,初期,ミルク粥 ミルクパン粥にきなこを加えた優しいお味のレシピです。ミルクときなこのほんのりとした甘さが合わさって、赤ちゃんも喜んでくれること間違いなし!

食パンは耳を切り、細かく切るか凍らせてすりおろします。パンと調乳したミルクを混ぜ合わせ電子レンジで温めます。

もし水分が足りなさそうであれば湯ざましを加えて伸ばしてみてください。最後に、きな粉をひとさじ加え、粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜ合わせれば完成です。

きなこは「畑の肉」と呼ばれる大豆が原料。これからの成長に必要なタンパク質を手軽に摂取できます。きなこは混ぜるだけでお手軽に栄養を補えます。買い置きしておくと何かと便利ですよ。
離乳食初期のきなこ|おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

【5】離乳食☆初期・中期【便秘解消♡パン粥】

便秘解消にも!繊維たっぷりのミルクパン粥

離乳食☆初期・中期【便秘解消♡パン粥】,離乳食,初期,ミルク粥 おいしく赤ちゃんにも好きな子が多いミルクパン粥。実は野菜や果物とも相性が良いので、色々なものと混ぜ合わせることができますよ。

今回は便秘がちな赤ちゃんのために、便秘解消に役立つ上においしい!という、さつまいもやバナナで作るミルク粥をご紹介します。

食パンは耳を取り、細かく切るか冷凍してすりおろし、調乳したミルクで浸して柔らかくしておきます。

さつまいもを使う場合は皮をむき、電子レンジで温めて柔らかくし裏ごしします。バナナは筋をきれいに取り、よくつぶすかすりおろします。

ミルクに浸したパン、さつまいもまたはバナナ、きな粉を混ぜて完成!甘いさつまいもやバナナはお子さんも食べやすく、便秘解消や成長に欠かせない栄養も豊富です。

具材の柔らかさや量などを変えれば中期以降も食べさせることが。簡単なのに効率的に栄養を摂取できるのでこちらもおすすめです。
バナナの離乳食初期・中期・後期別レシピ ヨーグルト和えなど

まとめ

このように、離乳食初期から食べられて美味しいミルク粥。とっても便利なのでたびたび作る機会もあると思います。

分量なども覚えやすく作り方も簡単ですので、必要な時にさっと作れるようにしておくとお役立ちレシピになるでしょう。

粉ミルクを使うことによって赤ちゃんも味の変化を楽しんだり、お粥だけでは得られない栄養を摂取することができますよ。

またトマトやさつまいも、バナナ、きなこなど様々な食材との相性もよいので、いろんな味が楽しめる上に栄養もプラスしやすいところも嬉しいですね。

こちらの記事で作り方や冷凍保存方法、アレンジレシピをご参考に、無理なくお子さんの離乳食作りに取り入れて、楽しく離乳食を勧めてみてくださいね。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に