camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年07月19日

逆子だった為不安もあったが、帝王切開に【出産体験談:双子】

提供元: cozreマガジン

双子の出産は単胎(胎児が一人)の時と比べ、大変なことが多いようです。自然分娩を希望していたものの、逆子あったこともありリスクの低い帝王切開で出産することになった「さきゆか」さんの場合はどうでしょう。

今回は「さきゆか」さんから頂いた双子の出産体験談をまとめました。

妊娠から出産までの気になるあれこれ

出産した時の年齢は?

29歳

妊娠の経緯・方法は?

自然妊娠

双子を妊娠したと知った時の感想は?

ビックリしたのと嬉しかったのと両方です。

出産場所は?

総合病院

個人病院で出産したかったので個人病院を何個も探したのですが双子リスクがあるということで総合病院での出産になりました。また子どもが小さく生まれる可能性があるので小児科と連携できることも決め手になりました。

出産したときの妊娠週数は?

37週0日です。

出産方法は?

帝王出産

自然分娩希望でしたが、出産した総合病院は帝王出産のみだったため帝王出産になりました。

また一人が逆子だったので、帝王出産の方がリスクが少ないとの話でした。最後まで帝王出産に対する不安がありましたが、今はこの出産でよかったと思っています。

シロッカー手術・管理入院はした?

していません。

体重管理の方法は?(苦労した点・工夫した点)

出産までに増えたのは20kgです。とにかく妊娠後から食べていないと落ち着かなかったので食べていました。

動くとお腹が張るので運動することも出来なかったので、食べたくなったら豆腐や納豆などの大豆製品を食べるようにしていました。

分娩までの経緯はどうだった?

妊娠中・出産時のトラブルや、気を付けたことは?

妊娠中、特にトラブルなどはなかったのですが妊娠初期から仕事をしていたせいか、よくお腹が張っていたので出産直前まで張り止めを飲んでいました。

疲れたと思う前に出かけた後はすぐに横になって休むようにしていました。

陣痛がきてから入院までの経緯は?

帝王切開で予定出産のため前日に入院したので、陣痛は経験していません。そのため陣痛がどれ程の痛みなのかを知らずに出産することになりました。女性に生まれたので陣痛から出産というのが私の理想だったので少し残念な気がします。

病院までは両親と私で車で向かいました。主人が遠方の仕事で病院に付き添うことができなかったため、私の両親に付き添ってもらいました。

主人がいないのは、妊娠が分かってからわかっていたので特に不安はなかったような気がします。

出産前日に張り止めの服用をやめていたのですが、のまなくなった途端お腹の張りがひどくり夜は眠れなかったのを覚えています。

病室まで両親がいてくれて私が生まれた時の話をしてくれて私も明日には母親になるんだなぁっと感動したのを覚えています。

入院してから分娩までの時間はどれくらい?

1日半です。

入院から出産までの経緯は?

帝王出産なので部分麻酔で二人を出産しました。頭はぼーっとしてましたが和やかな雰囲気で先生や看護師さんたちと他愛もない話をしながら、私の好きな曲を流してくれて出産することができました。

二人の出産時間差は10分程度でした。鳴き声が聞こえた瞬間、何とも言えない気持ちになって気付いたら涙が出ていました。

二人ともとても小さくてお姉ちゃんが2090g、妹が1551gでした。とても小さかったけど鳴き声は本当に大きくてビックリしました。

産まれてすぐに抱っこする機会があったのでお猿さんのような娘たちを抱っこできたときは感動しました。小さいということもあり出産後すぐに子ども達は小児科のNICUに連れて行かれました。

旦那様の出産立会いは?

主人は仕事のため遠方にいっていたので立会いはしていません。その代わりと言ってはなんですが…
看護学生さんが5人ほど私の出産の立会いをされました。笑

主人は出産した翌日に駆け付けてくれました。先生や看護師さんの優しいサポートのおかげで手術室に入ると不安な気持ちはなくなりました。

主人から出産前に私と娘たちに宛てた手紙を書いてくれていたので、その手紙を持って出産に臨みました。手紙のおかげで不安な気持ちも無くなったと思っています。

出産後はどうだった?

出産後の入院生活は?

個室でした。子ども達が2500g未満だったので私は産婦人科病棟に子ども達はNICUで過ごしていました。毎日、子どもに会いに私がNICUに通う形をとっていました。

私が小さく産んでしまったと自己嫌悪になった時に助産師さんが優しく話を聞いてくれたのを覚えています。

出産するまで母乳マッサージなどを受けることができなかったので、出産後から母乳マッサージを受けました。最初は痛くてたまりませんでしたが、私と子ども達を繋げるものは母乳しかなかったので3時間置きにアラームをかけての繰り返しでした。

何度も助産師さんにマッサージをしてもらったおかげで退院する一週間で母乳がたくさん出るようになりました!

食事は総合病院ということもあり、そんなに美味しい食事ではありませんでした。入院費用は帝王切開なので個室代合わせて37万くらいだったと思います。

産まれたお子様は一卵性と二卵性どちら?

二卵性です。性格は全く正反対で、活発な子とマイペースな子の二人でおもしろいです。

初めて子ども達と対面した時の感想は?

とても小さい赤ちゃんだったんですが、泣き声は本当に二人とも大きくて、小さいながら、ママ!私はここにいるよ !と話してくれてるように感じました。

今までお腹の中にいたのに無事に生まれてきてくれてありがとうという感動で溢れていました。

出産報告の方法は?

メールやラインでお知らせしました。

まとめ

以上、「さきゆか」さんの双子出産体験談でした。出産を経験されている方のお話を参考にして、出産への不安を解消できるといいですね。
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に