camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月04日

妊娠37週|出産間近!お腹の張りや痛みは前駆陣痛?胎児の体重は?

提供元: cozreマガジン

妊娠37週は正産期と呼ばれる時期に入り、いつ出産になってもおかしくない時期。健診の割合も増え、予定分娩の場合は、出産の日にちが決まっているかもしれませんね。お腹の赤ちゃんも身長・体重ともに十分な大きさに育ち、外に出る準備が整ってくる頃です。

37週中に出産に至る場合もあるため、毎日の生活の中でちょっとしたことが気になりますよね。腹痛やお腹の張りは陣痛?出血したら?外出はしていい?などなど。

この記事では、妊娠37週のママや赤ちゃんの状態、しておくべきことや気を付けること、パパがしてあげられることについて取り上げますので、ぜひ参考になさって下さいね。

妊娠37週ってどんな状態?

いつ出産してもおかしくない時期

37週のお腹,妊娠,37週,出産 全妊娠期間は40週で10ヶ月間にもおよびますが、37週はその最後の10ヶ月の2週目に相当します。妊娠前期・中期・後期でいうと後期にあたり、妊娠期間の終盤になります。

お腹の中で37週まで育った赤ちゃんは体の各器官が十分に成長し、それ以降に産まれても問題なく生きていける可能性が高くなります。

そのため、37週0日から41週6日までを「正産期」と呼び、この時期に出産を迎えるのが最も望ましいとされます。この時期のお産を「正期産」といいます。

ちなみに22週0日~36週6日のうちに産まれることを「早産」、42週0日以降に産まれることを「過期産」といいます。

早産、過期産ともに正期産での出産よりは様々な問題が起きやすいですが、適切な治療や処置を受けることで無事に出産を迎えられるケースが多いです。
妊娠後期の過ごし方|赤ちゃんの大きさ、胎動は?後期つわり、むくみ等の症状は? 出産予定日の計算方法、正期産、過期産、早産について。予定日を過ぎたら?

妊娠37週の母体の状態

お腹の張りや鈍痛は前駆陣痛の可能性が

37週のお腹,妊娠,37週,出産 赤ちゃんの成長に伴い、子宮はどんどん大きくなり子宮の頂上=「子宮底」はみぞおちの辺りまで上がってきます。

しかし37週くらいになると、お腹の赤ちゃんは出産に備えて子宮口へと下がり、骨盤に頭がはまっていきます。このため、骨盤が内側から圧迫されるような感覚や恥骨の痛みが強くなる場合も。

その他には、おりものが増えたり手足がますますむくみやすくなったり、睡眠が浅くなったりと、つわりのような症状が起きる場合もあります。

またお腹の張りや腹痛が頻繁に起きます。痛みの強さや間隔が不規則なうちは「前駆陣痛」と呼ばれ、本番の陣痛の練習のようなものです。

ただし痛みの感じ方には個人差があり、前駆陣痛と思っていたら破水して出産が始まった、という場合もあり得ます。心配な場合は病院に相談してみましょう。
前駆陣痛と本陣痛の違いとは|痛みの強さや間隔、見分け方は?

ホルモン分泌の変化・影響

エストロゲンとプロゲステロン,妊娠,37週,出産 ママの体にこれらの変化をもたらすのは、女性ホルモンの影響です。妊娠をサポートするホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

プロゲステロンの分泌量は妊娠8~9ヶ月をピークに徐々に減少しますが、エストロゲンは9~10ヶ月に向けてピークを迎えます。

この時期にエストロゲンの分泌量が増加することによって、様々な症状が現れるのです。次の項で詳しくご紹介します。

ホルモンの影響で表れる症状

足のむくみ,妊娠,37週,出産 37週頃には、骨盤周りや恥骨が痛む、おりものの量が増える、手足がさらにむくみやすくなる、睡眠が浅くなるなどの症状にみまわれることが多くなります。これは、エストロゲンが次のように機能するからです。

・骨盤周りの筋肉や産道を緩め、おりもので滑りを良くし、赤ちゃんを通りやすくするため
・血液中の水分を増やし、赤ちゃんへ血液を送りやすくするため
・睡眠を抑制し、出産後に赤ちゃんの様子を敏感に感じ取る練習のため
・胃や周りの筋肉を緩めるので、胃酸が戻るため(後期つわりと呼ぶ場合も)

37週以降の体の変化は、36週までの変化に比べると急に症状が進むことがあり、とまどうママも多いかもしれませんね。

間もなく訪れる出産に向けて、女性ホルモンが準備しているのです。我慢できないほどつらい場合は病院に相談しつつ、出産に備えてゆったり過ごしてくださいね。
妊娠中のむくみ…赤ちゃんへの影響は?

妊娠37週 母体の状態に関する体験談

初期から体重管理しておけば…

もんぷちさんからの体験談:
体重の増加が止まらなかったので、食事にはすごく気を付けました。 妊娠初期のころから食欲が増していたのですが、その頃からもっと体重管理に気を付けていれば良かったと後悔です。

むくみもひどかったので、塩分控えめでヘルシーな食事をするように心掛けていました。 寒天ゼリーやこんにゃくなどをおやつにして食べていましたが体重は増える一方なので、ウォーキング、家中の雑巾がけ、ヨガなど、こんなに動いて大丈夫か?というくらい運動にも励みました。

妊娠37週の赤ちゃんの状態

胎児・胎盤の状態

37週のエコー写真,妊娠,37週,出産 妊娠37週頃の赤ちゃんは、個人差もありますが体長は約45cmを超え、体重も2500~3000g程度に達していることがほとんど。いつ産まれても大丈夫な大きさに達しているでしょう。

体の各器官も完成し一番成長の遅い肺も成熟するので、肺呼吸できる準備も整います。消化器官も発達し、水分や老廃物の処理ができるようになり、腸内には胎便がたまっていきます。

足の爪が十分に伸びるなど細かいパーツも完成。体にも脂肪がついてふっくらしてくるので、エコーなどで見ると赤ちゃんらしい見た目になっているはず。

赤ちゃんの姿勢は、産道を通りやすいようにあごを胸に近づけ、腕や足を曲げおなかに引き寄せて丸くなります。

その姿勢のまま下におり骨盤内にはまってくるので、動きが少なくなります。胎動が以前より感じられなくなるので不安になるママもいるかもしれませんね。

もしあまりにも胎動が少ないなぁ…と心配になるようなら、一度病院に相談してみてください。胎動を感じやすい状態、感じにくい状態などを教われば安心できるかもしれません。

妊娠37週 赤ちゃんの状態に関する体験談

胎動を感じられて安心

Meimaru86さんからの体験談:
8ヶ月頃までは出産に対して後ろ向きで、痛そうだな、しんどそうだな、切られたくないな、とマイナス思考ばかりでしたが、臨月に入ると不安よりも楽しみな気持ちが勝り、毎日お腹に向かって話しかけていました。

臨月になると胎動が減ると聞いていたのですが、相変わらずボコボコしっかり動いてくれて、毎日安心でした。

しておくべきこと・気を付けることは何がある?

生活や体調は?電車に乗っての外出は?

散歩する妊婦さん,妊娠,37週,出産 妊娠37週は出産間近。身の回りの準備を整え、体が発する出産のサインに気を付けて過ごしましょう。具体的には以下のことに気を付けるといいですよ。

・お腹の張りのチェック
前駆陣痛が起こりやすい時期です。前駆陣痛は不規則にお腹が張りますが、張りが規則的に頻繁に起こるの場合は出産兆候が始まっていることも。

・外出する場合は遠出を控える
もし外出中に出産が始まり、病院に到着するまでに時間がかかるとママや赤ちゃんに危険が及ぶこともあります。一方、全く出歩かないでいると体力が低下してしまいます。お腹が大きくて動きづらい時期ですが、適度に歩く、家事をするくらいは続けていてOKです。

・病院までの交通機関の確認
家族の運転する車やタクシーを使う、徒歩や電車の場合は必ず誰かが付きそうなど、ママに負担がかからない方法を確認しておきましょう。

・第二子以降の場合の上の子の預け先
ママが出産入院し退院するまで、上の子は誰が面倒を見るのか、夜中に出産が始まった場合はどうするかなどをしっかり確認しましょう。親族が頼れない場合は自治体に相談を!
妊娠後期の腹痛、原因と症状別対処法は?自宅で安静?病院へ行く? 妊娠中の愛おしい姿を家族の思い出に。マタニティーアート&記念撮影を体験!

用意すると良い道具・アイテム

赤ちゃんグッズ,妊娠,37週,出産 いざ出産が始まれば、入院~赤ちゃん誕生~退院まであっという間!遅くともこの頃までには、入退院時に必要なグッズ、自宅で赤ちゃんが過ごす環境などを準備しておきましょう。

<入院時に必要なグッズ例>
・母子手帳
・診察券
・健康保険証
・病院が指定した書類
・パジャマ
・産褥ショーツ
・産褥用ブラ
・スリッパ
・靴下
・メガネ(出産時はコンタクトレンズNGの病院もあります)
・タオル
・洗面用具
・体型補正用のベルトやニッパー、さらし帯
・ティッシュ
・コップ

<退院時に必要なグッズ例>
・赤ちゃんの肌着、ウェアなど着せるもの
・おくるみやスリング
・(車移動の場合は)チャイルドシート

<退院後に自宅で必要なグッズ例>
・ベビーベッドやベビー布団など寝かせる場所
・バウンサーやハイローチェアなど昼間の居場所
・哺乳瓶や授乳クッション、搾乳機などの授乳グッズ
・赤ちゃんの肌着やウェア

上記に挙げたものでも、病院によっては用意してくれている場合もあります。入院までに確認しておきましょう。また上の子やペットがいる場合は、事故防止のためゲートなどで居場所を区切るなどの工夫が必要です。
出産前の入院準備品で必要な物はこれ!準備するべきもの まとめ

薬やレントゲンの影響

薬,妊娠,37週,出産 ママの体調不良により、薬を服用する機会もあるでしょう。大きいお腹でバランスを崩して転倒し、ケガをした、または骨盤の状態を見るためにレントゲンを撮る機会もあるかもしれません。

妊娠初期に比べて、妊娠37週頃の赤ちゃんは薬やレントゲンの影響が少ないと言われていますが、大人に比べればまだまだ未熟です。

薬を服用する場合はかかりつけの病院で処方されたものか、産婦人科以外の専門医を受診する時は妊娠していることを必ず伝えるなどしましょう。

骨盤に対して赤ちゃんが大きめの場合など、赤ちゃんが通れるかどうかを見るために、病院で骨盤のレントゲンを撮ることがあります。

この場合は、赤ちゃんに影響の少ない形でレントゲンを撮ることが多いです。また、レントゲンを避けて超音波検査などで検査をするケースも増えています。

ケガなどでかかりつけ病院以外でレントゲンを撮る場合は、事前に病院に相談し必ず妊娠中であることを伝えましょう。

酒や煙草はNG!

妊婦のNG,妊娠,37週,出産 酒や煙草は妊娠中を通じてNGです。これは妊娠37週であっても変わりません。妊娠37週になり赤ちゃんの各器官が完成すると言っても、成長し続けてます。

そして大人に比べると処理能力ははるかに小さく、影響を受けやすいのです。お酒に含まれるアルコールがもし赤ちゃんに届いた場合、胎児性アルコール症候群になる可能性があります。

これは、知能障害、てんかん、行動障害などのさまざまな症状をもたらすとも言われています。同じことは煙草に対しても言えます。

煙草の煙に含まれるニコチンが胎盤を通じて赤ちゃんに届くと、血流不全により胎盤の機能が低下します。

これが常位胎盤早期剥離や赤ちゃんの発育不全を招く場合も。常位胎盤早期剥離とは、通常分娩が終わった後に剥がれる胎盤が、赤ちゃんがお腹にいるうちに剥がれてしまうことです。

赤ちゃんは胎盤を通じて酸素や栄養を受け取っているのに、肺呼吸も哺乳もできない状態で胎盤が剥がれるということは命に関わります。ママにも大量出血などの大きなトラブルが起こりえます。

煙草の副流煙に含まれるニコチンは、吸っている本人のニコチン量の約3倍とも言われます。ママだけでなく、家族も吸わないようにしましょう。
妊娠中の喫煙の影響とリスク 母体と胎児への影響は?

カフェインの影響は?

コーヒー,妊娠,37週,出産 カフェインは酒や煙草に比べれば赤ちゃんへの影響は少ないと言われていますが、過剰摂取は赤ちゃんに悪影響を与えると言われています。

カフェインは中枢神経系を刺激し、興奮やめまい、心拍数を上げる、不眠症などをもたらすとされています。

またカフェインの摂取量が1000mg近くになると流産や死産が起こりやすくなるという研究結果もあります。コーヒー1杯のカフェインが約100mgですので、10杯近く飲むのは控えてください。

紅茶や緑茶などが好きなママは、カフェインの含有量に注意して飲みましょう。一般的には1日に1~2杯ほどなら影響が少ないと言われています。

今はノンカフェインでもカフェインの風味を損なわずに楽しめる飲み物が増えています。ストレスをためない程度に、上手に取り入れてみてはいかがでしょう。
妊娠中に注意すべき/おすすめの飲み物!理由や摂取量のめやす 妊婦の食事や飲み物の注意点は?カフェイン、魚、アルコール…疑問にお答え!

出血や腹痛を感じたら産婦人科へ!

妊婦の診察,妊娠,37週,出産 この時期になると妊婦健診も1週間に1回程度と、回数が多くなっていることでしょう。そのため、健診が増えてママや赤ちゃんの変化に気付きやすいものです。

ただし、病院にいる時に出産が始まるとは限りません。そのため、出産の始まり方を頭に入れておくといいですよ。出産の始まりには主に3パターンあります。

・おしるしから始まる
・陣痛から始まる
・破水から始まる

おしるしは出産が近くなると、子宮口をふさいでいた蓋状のものが剥がれ、子宮頸管の粘液と混ざって外に出たもので、多少の出血が混じることもあります。

陣痛から始まった場合は、規則的な腹痛とお腹の張りが起こりますので間隔を測ります。破水の場合は水の様にサラサラした液体が出ます。

いずれの場合も、病院に連絡して指示を仰ぎます。また激しい腹痛や少量とは言えないほどの出血が起きたら緊急を要することも。すぐに病院に連絡し、受診しましょう。
破水とは?その原因や症状。尿もれとの違いや対処法について

しておくべきこと・気を付けることに関する体験談

外出はなるべく遠出をしない

ユキンコ79さんからの体験談:
37週に入るといつ生まれてもおかしくない時期です。外出先で陣痛が来たり破水してしまうという可能性もあります。

そこで私が気を付けたのは、できる限り遠出をしないようにするようにすることです。ただし事情により出かけなくてはいけないということもあります。

そのようなときにはだれか信頼できる人と一緒に出掛けるということをおすすめします。万が一何かあったときにタクシー会社などにすぐ連絡できるように準備することも大切です。

散歩はゆっくり継続する

hikaru01さんからの体験談:
とにかくお腹が重いので、長時間立っていることがしんどかったです。また、散歩に行こうと歩くとお腹の張りが強く、ゆっくり歩いては止まり、また歩き出して止まりを繰り返していました。

その内に散歩自体が億劫になってしまったので外に行かなくなりましたが、いざ出産のときにその頃の運動不足?がたたり、子どもが降りてきにくくなっていたようです。

お腹が張ってもゆっくりと散歩をするのをやめていなかったらもっとすんなり出産ができたのかな?と今では思います。

パパはなにをしてあげたらいい?

いつでもママの気持ちに共感することが大切

胎動を感じる夫婦,妊娠,37週,出産 妊娠37週に入り、パパにとってもいよいよ我が子との対面が近づいています。この時期にパパがやっておくと良いのは、以下の様なことです。

・赤ちゃんが過ごす環境づくり
ベビーベッドやベビー布団などの寝具のセッティングやフロアマットを敷く、家具の移動などはパパが率先して行うといいですよ。

・家事をやる
家事はお腹の大きくなったママには負担の多い作業。特にお風呂掃除や布団干し、買い物の荷物持ちなどを代わってあげるとママも大助かり。

・手続きなどの再確認
出産に関わる費用の申請や出生届の方法、立ち会い出産はどうするか、などを確認しておきましょう。

・ママとたくさんコミュニケーションを取る
元気そうに見えても、出産を控えて不安なものです。体のあちこちが痛み、胎動などで眠れず、疲れがたまっているママもいます。ママの不安な気持ちや体の不快感などを理解しましょう。

足の爪切りやマッサージなども、動きづらいママにはとても嬉しいものですよ。赤ちゃんのいる生活を想像し話合うのもいいですね。

大切なのは、ママの話に共感すること。この時期に夫婦の時間を取れると産後のストレスも減らせるでしょう。

パパがしてくれたことに関する体験談

臨月に入ってからは毎日連絡をくれた

ki-fioさんからの体験談:
妊娠10ヶ月の頃は里帰り出産だったため、直接パパに何かしてもらうことはありませんでした。

しかし妊娠10ヵ月に入ってからは赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくないので、毎日連絡をくれて、私の気持ちが不安定にならないように励ましてくれました。

初めての出産で私も不安なことが多かったので、このちょっとした心遣いがとても嬉しかったです。 出産は夜中だったのですが、陣痛が来てから産まれるまでも寝ずに連絡を待ってくれていたのも嬉しかったです。

家事を手伝ってくれたことが嬉しかった

ユキンコ79さんからの体験談:
36週に入ったとたんにお腹が重くなり自由に動くことが辛くなりました。

そこでパパに家事を手伝ってもらったのが一番うれしく感じました。料理をする時はどうしても立ちっぱなしになったり、配膳をする時に動き回ったりしなくてはいけません。

パパにご飯をついでもらったり、簡単な炒め物をしてもらったりするだけでも全く違いました。また洗濯物を干したり取り込んだりするのも10ヶ月の妊婦にとっては重労働に感じました。自主的に手伝ってくれてとても助かりました。

まとめ

妊娠37週になると、赤ちゃんはいつ産まれてきても大丈夫な大きさに育ち、ママの体も出産の準備が整っている状態です。もうすぐ赤ちゃんに会えると思うと待ち遠しいですね。

適度な運動をしたり、パパと出産後の生活について話し合ったり環境を整えたりしながらゆったり過ごしましょう。

そして、いざという時にパパや家族がどう動くかを何度も確認を。出血や腹痛などの小さな変化に気が付いたらすぐに病院へ連絡しましょうね。無事に赤ちゃんを迎えられる日が楽しみですね!
(文書作成:さこまーま)
他の記事を読む

妊娠・出産の記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に