camilyを便利に使おう

3つの質問に答えて、
自分にあった記事リストにしよう

会員登録はいりません

  • 1
  • 2
  • 3

2016年09月20日

離乳食初期の小松菜レシピ|いつから?レンジ調理や冷凍保存は?

提供元: cozreマガジン

離乳食初期、ごっくん期から赤ちゃんにあげることができる野菜の中でも、小松菜は注目してもらいたい野菜です。

小松菜は葉っぱが柔らかいので茹で時間も短くてすみ、ブレンダーなどを使ってペースト状にもしやすいので、手間のかかる離乳食初期に使いやすい食材の一つなんです。

小松菜はほうれん草に比べて栄養が少ないと思われがちですが、野菜の中でも特にカルシウムが多く含まれていたりと、その栄養価はかなり高め。味もくせが少ないため、大根やにんじんといった他の野菜や、しらすやツナ、豆腐など、どんな食材にも合わせやすいんですよ。

そんな小松菜を離乳食初期での下ごしらえ、アク抜きなどの調理法や、冷凍保存、またアレルギーなどの注意点と併せておすすめレシピをご紹介していきます!

小松菜はいつから食べられる?

ペースト状にすれば初期(ごっくん期)からでも大丈夫

離乳食ペースト,離乳食,小松菜, 小松菜は葉物の野菜の中でも、離乳食初期から赤ちゃんにあげることができる食材です。葉も柔らかくペースト状にしやすいので、離乳食初期から大活躍する野菜です。

ただ小松菜の茎の部分は繊維が多く、すりつぶしにくいため、特に初期の頃は葉の部分だけを使うようにしましょう。また茹でてアクを抜いてからあげるようにしてくださいね。

小松菜に含まれる栄養は?

赤ちゃんの骨に良いカルシウムやβカロチンが豊富!

離乳食を食べる赤ちゃん,離乳食,小松菜, 小松菜に含まれる栄養素で特に注目なのがカルシウムです。丈夫な骨を作るのに欠かせないカルシウムですが、実は小松菜のカルシウムの含有量は野菜の中ではずば抜けているんです。

また同じく小松菜に含まれているβカロチンも、骨を丈夫にしたり体の成長を促したりする効果があり、育ち盛りの赤ちゃんには欠かせない栄養素です。

その他にも体の免疫力を高めるビタミンCや鉄分なども豊富で、ほうれん草に負けないくらいのたっぷりな栄養素を含んでいます。

小松菜を食べさせる際の注意点

茎の繊維に注意!

小松菜の茎,離乳食,小松菜, 小松菜は茎の部分も食べることができる野菜ですが、茎の部分は筋状の繊維が多くペーストにするのには向きません。

そのため、初期の頃は葉先の柔らかい部分のみ与え、茎の部分はしっかりと噛めるようになった後期頃から与えてあげると良いでしょう。

アレルギーは?

小松菜は食物アレルギーが出にくい食材と言われていますが、まったくアレルギーが出ないということもないようです。

小松菜に含まれてるアクの成分である「硝酸」がアレルギーを引き起こす原因と言われています。そのため、小松菜をしっかり茹でてアク抜きをしてあげると良いでしょう。

また初めて小松菜を与える場合は、午前中に与えてその後様子を見てみるのもいいですね。

小松菜の選び方

旬は冬。葉の色、茎や根をしっかり見比べるのがポイント

小松菜畑,離乳食,小松菜, 新鮮でおいしい小松菜は、葉っぱの色が濃い緑色で大きいものです。スーパーで小松菜を選ぶ時は、まず葉っぱの状態を観察してくださいね。

そして葉っぱの次に見てもらいたいのは茎と根です。茎は太くてしっかりしている方が新鮮なんですよ。また根っこが太く長いものは、たっぷりの栄養の中で育った小松菜の特徴です。

たくさん並んだ小松菜の中から上記の部分をしっかりと見比べて、おいしくて新鮮な小松菜をゲットしましょう。

また小松菜は冬野菜です。旬の頃の小松菜は葉っぱが柔らかく甘みも増すので、より赤ちゃんも食べやすくなりますよ。

小松菜の調理法/下ごしらえ方法

茹でてアク抜きを忘れずに!電子レンジでもOK!

茹でた小松菜,離乳食,小松菜, 小松菜は少しですがアクがあるので、お鍋にたっぷりのお湯を沸かして茹でた後、水にさらしておくのが基本です。

小松菜を水洗いした後、硬い茎の部分から熱湯に入れて柔らかく茹でます。茹で時間は1~2分で大丈夫。

茹であがった小松菜は茎の部分は大人が食べて、離乳食には葉っぱの部分だけを使って調理すればOKです。

また小松菜を水洗いした後、水気を切らずにそのまま耐熱皿でラップをかけ電子レンジで加熱しても茹でた時と同じように仕上がります。小松菜の量が少ない時などに使うと便利ですよ。

すりつぶして裏ごし。ブレンダーや冷凍してすりおろしも便利

離乳食セット,離乳食,小松菜, 小松菜を茹でた後、水気を切って葉っぱの部分を細かく刻んですりつぶします。特に離乳食を始めたばかりの頃は、赤ちゃんが飲みこみやすいようにしっかりと裏ごしをしてあげてくださいね。

またブレンダーをお持ちの方は簡単にペースト状に仕上がるのでおすすめですが、持っていない方も簡単にできる方法があります。

それは茹でた小松菜をそのままラップなどにくるんで冷凍して、使いたい時に取り出し小松菜をすりおろす方法です。この方法ですりおろした後、お湯やミルク、水溶き片栗粉などでのばせばペースト状になりますし、そのままお粥などにのせて使うこともできてとっても便利です。ぜひ試してみてくださいね。

味を嫌がったら、スープや食べ合わせを工夫してみよう

赤ちゃんが小松菜を嫌がったら、ペースト状にする時、だしや野菜スープを入れて少しまろやかな味にしてあげると赤ちゃんも食べやすくなります。

水溶き片栗粉もとろみがでるので良いですね。また食べ合わせを工夫してあげるのも方法です。

特に離乳初期で小松菜と食べ合わせがいいのは、ご飯や魚です。小松菜のペーストをお粥にのせたり、白身魚のペーストと合わせてみたりと、赤ちゃんが食べやすいように色々アレンジを考えてみましょう。

小松菜離乳食の保存方法

すぐに使わないなら冷凍がおすすめ

冷凍 離乳食,離乳食,小松菜, 小松菜は、生のままでもペースト状にしたものでも冷凍保存することができます。小松菜は傷みやすい野菜なので、買ってからすぐに使わない場合は、葉がしおれてこないうちに冷凍してしまうことをおすすめします。

もちろん下ごしらえをして、ペースト状にしたものを冷凍しておくこともできます。その時は製氷皿を利用して、一度キューブ状に凍らせてからジップロックなどに入れ替えておくと、冷凍庫の中の場所をとりません。

冷凍保存は1~2週間ほどは可能なので、多めに作っておいてストックをしておくと便利ですよ。

離乳食初期の小松菜レシピをご紹介!

【1】【離乳食 初期】小松菜ペースト

ごっくん期の基本メニューでアレンジ自在

小松菜ペースト,離乳食,小松菜, まずは、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんにぴったりのメニューからご紹介します。すりつぶした小松菜を昆布だしでのばしたものなので、お粥の次の段階メニューにぴったりですね。

赤ちゃんが食べにくそうなら片栗粉でとろみを付けてあげると良いでしょう。またお粥に混ぜたり、スープに使ったりと様々なアレンジもできるので、多めに作ってストックしておくのもおすすめです。

【2】離乳食 初期☆豆腐と小松菜のペースト

豆腐でたんぱく質も同時に取れる

小松菜と豆腐のペースト,離乳食,小松菜, 小松菜に豆腐を加えて一緒にペーストにしたメニューです。豆腐は柔らかく崩しやすいうえに、たんぱく質などの栄養もたっぷりなので離乳食に取り入れやすい食材です。

少しずつ噛めるようになってきたら、小松菜も粗みじんで豆腐も軽くつぶすだけで与えてあげても良いでしょう。また大人は白和えにアレンジして食べても良いですね。


【3】*離乳食初期*小松菜としらすのお粥

栄養バランスが抜群なメニュー

小松菜としらすのお粥,離乳食,小松菜, 離乳食にだいぶ慣れてきたら、色々な食材を赤ちゃんにあげたいですよね。こちらのレシピは、ミネラルとビタミンが豊富な小松菜と、たんぱく質のしらすで栄養バランスもばっちりです。

しらすはそのままだと塩分が強いので、必ず塩抜きをしてから調理するようにしましょう。どの食材も冷凍保存が可能なので、それぞれの食材を冷凍しておくと便利ですよ。

【4】ハーフバースデー♡ハートの離乳食♪初期

人参、かぼちゃなど彩りもきれいでかわいい離乳食に

ハートの離乳食,離乳食,小松菜, 毎日の離乳食、どうせなら見た目もかわいくして赤ちゃんに喜んでもらいたいですよね。裏ごしして下ごしらえが終わった食材をハート型の製氷カップなどに入れて冷凍すれば、かわいい離乳食が出来上がります。

小松菜の他にもお粥やにんじん、かぼちゃなど様々な食材を使えば彩りもきれいですね。また一つのカップに違う食材を層のように並べれば、ハート一つでたくさんの味を楽しめます。

層を作る場合、食材を一つずつ固めるときれいに仕上がりますよ。

まとめ

見た目も色鮮やかな緑色の小松菜は、おかゆや白身魚といった白い食材やオレンジ色のにんじん等と合わせれば、お皿の上が一気に華やかになって赤ちゃんの食欲をそそってくれるかもしれません。

冷凍保存もできるので、小松菜を冷凍庫に常備しておく野菜の一つにするのもおすすめです。ぜひ離乳食作りの参考にしてみてくださいね。
他の記事を読む

子育ての記事

    ©camily 働くママとパパの仕事と育児をもっと自由に